So-net無料ブログ作成

おしらせ いろいろ

★ブックショートアワード http://bookshorts.jp/ 
 第4期優秀作品に選んでもらいました。ありがとうございました。誤字脱字ご勘弁(恥)
 「プラネタリウムの空」全文は→こちらから

※コメント入力時の認証コードは英数半角で入力下さい。 
 お手数おかけしますが宜しくお願いします。
前の10件 | -

ありがとう はこざき民芸さん@花巻 [おみやげ]

JR花巻駅前に昔からず~~とあるおみやげ屋「はこざき民芸」さん
20.jpg
花巻南温泉郷(大沢温泉など)行き送迎バス乗り場の前にあって、
昔ながらの鹿踊りや花巻方言のてぬぐいがそろっているし、
賢治柄の絵はがきやお土産お菓子なども、このお店でしか買えないものもあって、
時間があるときときどきお店の中うろうろさせていただいていました。

今日はめずらしくおやすみだなあ、とおもってちかづいていくと

張り紙が!!
22.jpg
ええ~~~っ。閉店のおしらせでした。
60年営業されていたのですね。

かつてお店の2階には、もういまでは作れない珍しい花巻人形のコレクション(非売品)がならんでいて、
見せていただいたこともありました。
・・・いつのころからか2階にあがれなくなってしまいましたが
1階の壁沿いにも、非売品の花巻人形やこけしコレクションがあって
このごろめっきり減った「民芸」を感じられる数少ないおみやげやさんのひとつでした。

あの花巻人形たちはどうなっただろうか、とそんな思いから、
これまでいつもあたりまえにあった駅前のお店がひとつなくなってしまって
とても残念で、さみしい気持ちになりますが、これも時代の流れでしょうか。
はこざき民芸さん これまで本当にありがとうございました!
21.jpg

はこざき民芸さんのツイッターに(リンクさせてくださいね)
明るい気持ちで閉店ということばをみつけ、ちょっとほっとしました。
https://twitter.com/hakozakimingei

若い経営者にバトンタッチしてここに新しいお店ができるということです。
ぜひ新しい形になっても、これまでのように旅人も市民の方も一緒に
花巻のいいところ、東北のきれいなものをみんなでたのしめるところになりますように。
私も新しいお店にでかけられるたのしみがふえた、と明るい気持ちでいます!


コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年5月のイーハトーヴ 熊野神社田植え祭りで上根子神楽 その2 [散歩と旅と]

ひとつ前の記事の続き・・・
14.jpg
さていよいよ熊野神社田植え祭りがはじまります。

上根子神楽の半被、カッコイイ。
20.jpg
写真を撮らせていただくと「頭は撮るな~」と言われましてこのような1枚に!?

ご神事がはじまるとあたりの空気が変わります。
22.jpg


23.jpg

24.jpg

笛や太鼓、鐘の音がひびきます。
32.jpg

権現舞がはじまります
25.jpg

権現さま 舞い踊ります
26.jpg
こちらの権現さまは耳がなくて、横長のお顔がかわいい(失礼だったらごめんなさい)
そして舞の途中で、ヒュ~ッ、ピュウ~~っというような声で鳴くのでした。
権現さまの声はじめ聞きました。
26-1.jpg
この上根子神楽をはじめ円万寺系神楽の権現さまには声があるのだそうです。
27.jpg
権現様の口に入っていく、扇、白い布、刀はまた最後に口からでてきました。
たべちゃったわけでなくて、清めてくれたような、人のそばに権現さまは一緒にいるんだよ、という

人と自然の交感・交歓・・・そんなメッセージのようにも思えました。
28.jpg

小学生の早乙女のみなさんがたんぼにでて苗を植えます。
29.jpg

五月早乙女(さつきさおとめ)
中学生のときにそんな歌をうたったことつい思い出してしまった。

30.jpg


坂の途中から田植えの様子を見ていると、神社のほうから鳥の声が聞こえてきました。
それがとっても権現さまの声と似ていたのですが・・・
・・・いや、あれはきっとそうなんだ。
31.jpg
5月の晴れの空の下で行われた田植え祭り、舞い踊る権現さま
本当にいい一日でした。どうもありがとうございました。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

2018年5月のイーハトーヴ 熊野神社田植え祭りで上根子神楽 その1 [散歩と旅と]

2018年5月13日 花巻は朝から晴れてます。
この日、午前中に熊野神社前の田んぼで行われる上根子神楽(かみねこかぐら)を見に出かけました。

熊野神社は花巻駅から大沢温泉などのある花巻南温泉郷へ向かう道の途中(JR花巻駅の西3キロあたり)
湯口地区の上根子とよばれる地域の氏神様です。
11.jpg
この地域で上根子神楽(かみねこかぐら)という郷土芸能が伝承されています。
今回、神社前の田んぼでその上根子神楽の権現舞をするので見に来ませんか?とおさそいいただき、でかけることができました。・・・北山さんありがとうございました。

ところで
熊野神社境内には花巻市指定史跡の熊堂古墳群があり、ぽこぽことちいさな山が点在しています。
本殿のすぐ横にも。手前にあるちいさな山がひとつの古墳です。

このような古墳が境内を中心に10基以上確認されているそうです。
7世紀から9世紀初めにかけて造られた誰かむかしむかしの人のお墓。
12.jpg
古くから「蝦夷塚(えぞづか)」「四十八塚」と呼ばれ、勾玉や刀剣類も多数出土しています。そのほとんどは現在、花巻市立博物館に展示されています。
このあたりは、昔から人が集まる場所だったというわけですね。
13.jpg
なんだか賢治の「狼森と笊森、盗森」を思い出してしまいますが、それはまたの機会に。

神社のちかくには豊沢川が流れていてひろびろとした場所です。
16.jpg

近くの田んぼでは田植えがはじまっていました。
17.jpg
田植え機がするすると田んぼの上をすべっていって、田植えが進んでいきます。
そのどれもに見とれていると、物珍しい顔をしている私が物珍しいと、
作業をしている方に笑われてしまいました。
18.jpg
でもね、田植えがおわった田んぼやっぱりきれいです。
19.jpg

さて、今回行われるのは
熊野神社に奉納するもち米を植える田んぼでの奉納舞です。
10.jpg
しめ縄がはられた田んぼは水が張られてぴかぴか。

田んぼの前には祭壇ができていました。
14.jpg
権現さまもデンとすわってはじまるのをまっています。

これから植えられる早苗もスタンバイ。
15.jpg

熊野神社の宮司様、総代、耕作長、耕作者、神楽衆のみなさん、子ども会のみなさん、人が集まってきました。
いよいよご神事が始まります。
21.jpg
★上根子神楽のFBはこちら→★

・・・つづく・・・


コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年5月のイーハトーヴ おいものせなかのモッコウバラ [散歩と旅と]

花巻でお店をはじめて20年以上になるフェアトレードのお店
「おいものせなか」さん
http://oimonosenaka.com/
10.jpg
5月はお店をおおっているモッコウバラがとてもきれいなんです。
お店の中でも花を咲かせていたりもするんです(笑)。

・・・ちなみにモッコウバラは漢字では木香茨、木香薔薇と書きます。
   ウィキペディアの解説はこちら→★
   私はこの花の黄色がすき♪
6.jpg
お店にお邪魔した時は満開まではもうすこし・・・このブログアップする頃には満開かな?

店主のぶんちゃんのおつれあいで画家の新田コージさんがこの3月にお亡くなりになり、
今回はコージさんへのお参りをさせていただきました。
11.jpg
私にとっては、ぶんちゃんは花巻で最初のおともだち。そしてコージさんはそのおつれあいさん。
お店に行くと、のそっとどこかかから(実は絵を描いているアトリエから)でてくる。
だけど、たま~に二人がけんか中にお店にいったときなどはでてこない。
そして冬には薪ストーブ係で、春にはキノコ取り名人だった、そんな楽しい思い出があります。

カフェのすみっこにある、おいもの事務所の小さなお部屋に祭壇があります。
いい香りのお線香がたかれ、花に囲まれたコージさんの遺影はとっても素敵。
その前でぶんちゃんとしばらくおしゃべりしました。
コージさんの最後の個展になった銀座の画廊の案内はがきと、絵ハガキをいただきました。
13.jpg
ぶんちゃんと会えて、なんかほっとしたような、さみしいような、
でもやっぱりこうしてお参りをさせていただいている私は、まだまだ不思議な感じでふわふわしていました。
私でさえそうなのだから、ぶんちゃんご本人は、しばらく落ち着かないこともいっぱいあるとおもいます。

だけどそんな中で、彼女がずっと書き続けているおいものブログの「癌と闘いたくない闘病記」は、
亡くなった当日のことまでちゃんと綴っていて、そして、つらいことばかりではなくて、クスッと笑ってしまうエピソードものっていて、ぶんちゃんはお店のブログにこんな記事を書いていいのかしら、といってたけれど
いいんです。
きっと共感できる人たくさんいるのは、と思います。

少なくとも私は、遠くに行ってしまった父や友人のことを振り返るいい機会をもらいました。
こちらから画面の左にあるマイカテゴリーの「がんと闘いたくない・・・」をクリックするとまとめて読めます。
http://oimono-senaka.blog.so-net.ne.jp/

そんなおいものせなかでは5月19日から27日まで「フェアトレード展示会」が開催中です。
でかけられないので、このブログで紹介させていただきますヨ。
(画像はおいものブログからお借りしました)
IMG_2232[1].jpg
私も展示会にはこれまで2回だけだけど行ったことがありますが、
お洋服やフェアトレードについてはもちろん
お客様同士の出会いもあって、情報量の多い展示会です。
新作のフェアトレードの洋服がみられるのはとても楽しく、
日々の「なに着よう」の参考にもなります。
詳しくはこちら
http://oimono-senaka.blog.so-net.ne.jp/2018-05-13
と、こちら(コロポックルさんリンクさせていただきました)
http://korpokkur314.blog.fc2.com/
12.jpg
この時期に花巻にいらっしゃる方、ぜひ足をお運びになってみてくださいー♪

コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年5月のイーハトーヴ 緑いっぱいの花巻 [散歩と旅と]

北上の展勝地のことを書いた矢先、おとつい~昨日、岩手をはじめ東北のあちらこちらで大雨。
北上川が増水しているニュースや警報、避難準備のおしらせを知って、ひやっとしました。
くれぐれもお気を付け下さい・・・としかいえずもどかしいですが。

・・・ひとつまえからの記事のつづきです。
北上から花巻へ移動しました。東北本線で10分くらいで移動できます。
沿線上の田んぼには水がはられていてきらきら。
東北のひろびろ~とした田んぼに空や雲や山がうつっています。
ウユニ塩湖にだって負けないぞ、と思ってしまう。
10.jpg
こちらは上根子神楽をみせていただいた田んぼ・・・後日ご報告します。

そしてこの季節の岩手は(きっと東北どこも)空気がね、いいんです。
さわやかで湿気が少なくて冷たくて。
それでついつい深呼吸するから、頭が活性化してくるぞ(でも、朝から結構ずっこけている)。


2月、雪まみれだった花巻駅も
18.jpg

5月はすっかり緑の駅
14.jpg

花巻駅の待合室(花巻駅マチアイ)前には
16.jpg

SL銀河ニュース。書いておられるのは「C58」さんという駅員さん?
ちょっと懐かしい?丸文字で、読み物としてもおもしろい。
今回10号目のようですが、次回訪問時には続き読めるかな?楽しみが増えました。
17.jpg
春から秋にかけて花巻~釜石を走るSL銀河の運行は、もうすっかり岩手に春をしらせる列車になりましたね。

2月にのろのろあるいたイーハトーブ館までの道も
24.jpg

5月は緑に囲まれ、てくてくと歩ける。
15.jpg
2月と3月の岩手もよかったらご覧ください(こういった定点観測が結構好き)
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-04-02


JAはなまきの産直「だあすこ」
10.jpg
店内の山菜コーナーはほぼ売り切れ状態でした。
きっと朝、ここにどっさりつんであったのだろうなあという気配でした
(人が多かったので写真撮るのやめました)。
これって関西だったら百貨店の風景。スーパーでは売っていない。
そしてどっさりということもなく、もう少し値段も高いのです。

店先には野菜や花の苗、これもまた春の風景ですね。
11.jpg
植えてもらうのをまってるんだ~。
たんぼも、苗も、街路樹も、みんな生き生きしている季節です。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年5月のイーハトーヴ 北上で乾杯 [岩手のおいしいもの]

前の記事のつづき・・・
北上にでかけるときには必ずお伺いする「森のみみずく」さん。
http://mimizuku-cafe.com/
最近では大谷翔平選手の高校時代のおともだちがお店でインタビューをして、
それがNHKで放映されて(すごいです)話題に。
https://ameblo.jp/mimizuku-cafe/entry-12376597422.html


森のみみずくさんには、いつもお昼や夜にでかけて、おいしいカレーとコーヒーをいただきながら
店主の幸子さんとマスターとおしゃべるするのが楽しみのひとつなのですが、
今回は、おふたりと「初」飲み会が実現しました。そういうわけで今回は北上泊。

ちなみに北上駅→こちら★ は、周りにはビジネスホテルがたくさんあるし、
新幹線と在来線(東北本線、北上線)が一緒にあるので移動や途中下車に便利なところ。
そして森のみみずくさんは駅から徒歩8分なので、近いのです。
118.jpg
(お店の看板写真は以前に撮ったもの・・・今回撮り忘れてしまったので~)

やった~初飲み会です。
いつも岩手へでかける際はたいてい一人だし、夜は大沢温泉に泊まることがほとんどなので
ひさびさの岩手「夜のまち」デス(脳内には吉田類さんの居酒屋放浪記のBGMが流れてくる・・・)。

お二人につれていっていただいたのは
森のみみずくからも近い「北の居酒屋」さん。すみませんこちらも看板の写真忘れた。
https://tabelog.com/iwate/A0302/A030202/3001668/
2.jpg
岩手・釜石の地酒「浜千鳥」をいただきながら
「ほや」のお刺身
3.jpg
ちょっと味にくせのある「ほや」ですが、私大好きなのです。
ほやをたべて、お酒や水をのむと「甘~く」感じるんですよ。不思議ですね。
新鮮なほやでないと味わえないお刺身。関西ではなかなか味わえません。

お店の名物メニューのひとつ「焼きとり」
6.jpg
香ばしく焼きあげられていました。たれもおいしかった。

「かきフライ」添えられていたソースは関西名物?ブルドックソース(笑)
5.jpg
かきは三陸の名物です。サクッとしておいしいフライでした。


そしてもうひとつのサクッは
「山菜のてんぷら」
 バッケ(ふきのとう)、コゴミ(クサソテツ)、タラの芽、コシアブラ、ウド
 塩だけでいただきます~どれもおいしかったけれど中でもコシアブラが美味
7.jpg
岩手では山菜はふつうのごちそう。でも関西では味わえない
~それもこの時期にしか味わえない~めったにない東北・岩手のごちそうです。

「ごぼうのから揚げ」 
4.jpg
ごぼうはあらかじめ煮てあり、やわらかく味がしっかりついています。
大沢温泉のやはぎでもときどきいただきますが、関西にはない一皿。

もしかして岩手の居酒屋さんには普通にあるメニューなのでしょうか???
・・・ケンミンショーにいつか登場するといいな!?

お店のおかみさんともお会いすることができました。
(甘辛の南蛮みそありがとうございました。ごはんのおともにいただいています)

おしゃべりもつきません。
ほぼ満席のお店はおおにぎわいで、幸子さんとマスターの声がときおりきこえないくらい。
それでも幸子さんの営業職時代のお話しは、かなりの気合と根性、そして今だったらパワハラ・セクハラじゃんといわんばかりの凄さも備えて、聴き入ってしまいました。

おいしいお料理とお酒とおしゃべり。はあ~しあわせ♪
ありがとうございました。
幸子さんとマスターにごちそうになってしまいました。
どれもとってもおいしかったです。ごちそうさまでした!!

またぜひ一杯いきましょうね。よろしくおねがいします。


当日の様子はみみずくブログにも載っています
→こちら
 https://ameblo.jp/mimizuku-cafe/entry-12375331339.html

コメント(2) 
共通テーマ:blog

2018年5月のイーハトーヴ 北上川散策 [散歩と旅と]

2018年5月2週目から3週目にかけて岩手県北上市~花巻市にでかけてきました。
季節は私が暮らしている関西とは1か月半から2ヵ月くらいゆっくりなかんじ。
気温は20度くらい。新緑の季節で鮮やかな緑があちこちに。けれど遠くの山にはまだ雪が残っていました(私が出かける前日までの2日間は、北上も花巻も寒くてストーブ炊いていたそうです)。
写真をとりそこなったけれど、電車の車窓から見えるフジの花(藤棚でなくて、山で木にぶら下がり花を咲かせる様子は滝のようです)や、ツツジの花が満開でした。
2.jpg
今回はじめて北上に泊まりました。
なぜに?というのは次の記事につづきます・・・
JR北上駅で降りて、桜で有名な展勝地(てんしょうち)→こちら★
の対岸をお散歩しました。
1.jpg
夕暮れがちかづくころの北上川。ゆったりゆったりながれています。
ボートの練習中なのはおそらく黒沢尻高校の生徒さんたちかな?
3.jpg
人も犬も結構お散歩していました。
川べりのお家の庭には春のお花が満開。
4.jpg

こんな明るいひざしをあびているチューリップと出会うと
宮沢賢治の『チュウリップの幻術』をおもいだします。
5.jpg
  ・・・湧きます、湧きます。ふう、チュウリップの光の酒。
     どうです。チュウリップの光の酒。ほめてください。

このほか花巻でも光の酒を孕んでいるような花や新緑とたくさん出会いました。
「おいものせなか」のモッコウバラ
6.jpg

円万寺観音堂のつつじ
2.jpg

雨上がりの葉っぱ
1.jpg

大沢温泉の入口で夜桜・・・八重桜が満開でした
1.jpg

大沢温泉 朝の山の緑
7.jpg
5月の岩手はきらきら。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

わたしはロボットではありません [本と雑貨とそれから雑記]

おともだちのみみずくルンルンさんがブログを閉じてしまわれました。
https://ameblo.jp/baba-a0358/page-2.html

みみずくルンルンさんの甘辛!?コラムをたのしみにしていたので残念・・・。
閉じた理由がブログ作成のログイン時に毎回「わたしはロボットではありません」という
認証がでてきて、ちゃんとやってもログインできなくなってしまったからだとか。

それでこれからはお店の方のブログ一本にされるとのことで、つまり移行とのことで
みみずくさんの声がこれからも「読める」のはうれしいのですが、
たしかに「わたしはロボットではありません」は、めんどくさかったことと思います。
大変でしたね。
私もこれまで認証が必要なHPのときに何度か出会っています。
でも相手の会社がセキュリティがんばっているんだとおもって、なんとかやりすごしてきましたが、
認証の写真がわかりにくくで1度ですんなりとはなかなかいきません。

しかしそれよりも気になっているのは
この「わたしはロボットではありません」という日本語です。
これって英語か何かどこかの言語を直訳してしまったんじゃないのかな~。
素直に「機械操作ではない認証をさせてください」でいいのになー。


そしてロボットが好きな一人としては、この言い方じゃあ
なんだかロボットが悪者みたいで、こりゃこりゃ!って思っているんです。

なにしろ今、世の中はAIが世界に拡がって行っていて
人間とロボットは力をあわせて仲良くやっていこうとしているのに
「わたしはロボットではありません」ではヘンでしょ!?

ヘッチャラくんみたいなかわいいロボットだって本の世界にいるしね

こんにちは.jpg
そして、これはむかしつくったボビンロボットくん(人形ですが~もう8年前!TOKOさんお元気でしょうか)
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2010-03-30


もうすこしセンスある日本語に置き換えられないものでしょうかね。
みなさんならどう言い換えますか??
みんなでしあわせ.jpg

コメント(4) 
共通テーマ:blog

ニコンの羊羹 [お菓子の誘惑]

とある方よりいただきまして(その節は、ありがとうございました)
「わたしもたべたことないから、どんなのか教えてくださいね」ということで、
いよいよいただきましたのでご報告など。

ニコンの一口羊羹 Hitokuchi-Yokan
1.jpg
カメラの会社とおんなじ和菓子店!?
いえいえ、その世界的に有名なカメラ会社のニコンさんですよー。
箱にロゴマークもあるんです。

でもニコンに羊羹工場があるわけではなくて
製造者は栃木県の和菓子のお店です。
もともとは従業員用の商品で、工場の売店で販売していたものが
ニコンファンの目にとまり、
現在は公式オンラインショップで扱っているそうです。
さらに
今回いただいたのはニコンミュージアムでしか入手できない仕様のもの。
(本当にレアなものをありがとうございます・・・)
2.jpg
スタイリッシュな箱の中に、
色合いも「ようかん」のフォントもどこか昭和レトロ。
それぞれにちゃんとニコンのロゴもついています。
この包み紙捨てられない~~
6センチ程度の文字通り一口羊羹です。
胡麻、ゆず、本煉、塩、小倉の5種類の味
あっさりしていておいしい羊羹です。
3.jpg
カメラと羊羹・・・思いがけない意外な組み合わせが楽しいですね。

ちなみにこれらの写真は、ニコンのカメラで撮りましたよ。

ごちそうさまでした。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

『いいおてんき』ができるまで [絵本]

兵庫県篠山市にある篠山市立図書館の
ささやま図書館友の会の会報40号(2018年3月発行)に
『いいおてんきができるまで』を掲載いただきました。
ありがとうございました。
2.jpg
『いいおてんき』は
こどものとも年中向き・2018年7月号でとりあげていただいた作品です。
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-07-03


会報にはタイトルの通り、この絵本ができるまでのことを書かせていただいたのですが、
モデルの一つだった篠山の畑のこと、
篠山での絵本や宮沢賢治を通して出会った方たち・・・
いろんな出会いから、大切なものたくさんいただいたなあとふりかえっていました。


絵本ができるまでずいぶん時間がかかりましたが、
途中でくじけても、人のつながりが書く力につなげてくれました。
だからこそ、これからは、もうくじけないぞ!
とあらためて誓ったのでした。

こんなことをブログに綴れることもまたありがたいですネ。
掲載ありがとうございました!



コメント(6) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -