So-net無料ブログ作成

花豆を炊きました [豆マメしく]

 花豆をいただきました。
  うさぎとひつじのクッキー型も。
 I先生ありがとうございました。 
 最近、お豆が身近になり、何をつくろうか考えるのが楽しいです。
うさぎとひつじも.jpg

 花豆は一粒ひとつぶが大きくて、ながめていてもほれぼれします。
 一晩水につけて、圧力釜で6分炊きました。
 急ぐこともないけれど、圧力鍋は短時間でふっくらしあがるので重宝しています。
 炊き上がった花豆は、一周り大きくなりました。
 一粒たべると、ほっこりむっちり。
 半分はこのまま食べることにして、残りにお砂糖を加え、しばらく炊きました。
 できた花豆の甘煮はみんなぴかぴか光っています。
つやつやふっくら.jpg

 花豆で思い出すのは、安房直子(あわ・なおこ)さんの「花豆の煮えるまで」という作品です。
 この作品は『花豆の煮えるまで』(偕成社)という中に収録されています。
 安房さんのおはなしの世界は、いつもちょっともの悲しくて、
 心の奥底に“何か”がこつんとやってきます。

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

アヨアン・イゴカー

美味しそうな豆ですね。
私は北海道で生まれました。家では豆類を作っていました。
小学校一年2学期までの思い出なので、遥か彼方で、よく思い出せませんが。
by アヨアン・イゴカー (2008-04-03 00:21) 

ゆきねこ

アヨアン・イゴガーさん いつもありがとうございます。
北海道はおいしいお豆たくさんつくっていますね。
先日のブログで紹介した楽天堂さんのお豆も北海道のものが多く、どれもおいしいです。
by ゆきねこ (2008-04-04 11:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0