So-net無料ブログ作成
検索選択

ワタシとご対面 [散歩と旅と]

先日ご紹介させていただいた
「こどもの絵の展覧会」に行ってきました。

元町から山へ向かって坂道を登っていきます。
まだこのあたりは昔からの神戸らしい町並みで
木造家屋や小さな商店などのある細い道をてくてくと。
会場のCAP STUDIOがみえてきました。
別名「海外移住と文化の交流センター」という建物です。
坂道のぼったら.jpg
1928(昭和3)年に開設された神戸移住センター(開設当時は国立移民収容所)
といい、南米を中心とした海外に移住する日本人が
移住前にここで研修を受けていた場所でした。詳しくはこちら→ 
ここで研修を受けて神戸港からたくさんの人が船で海外に出て行ったのですね。
ここから出発.jpg
現在はその歴史を伝えるミュージアムのほかに、
多文化共生、芸術活動の拠点として一部の部屋をアーティストの方がアトリエとして使っています。
その部屋は、おそらく当時研修を受けていた人(家族)が宿泊していた場所だったのだと思います。
現代の私たちが使いやすいように(照明やバリアフリー)手を加えられていますが、建物自体も探検すると階段の手すりとか、部屋の作りとか、船の中のような作りになっています。
入口.jpg

さてそんな空間で開催された展覧会。
1階から3階までいろんな絵が飾られてありました。
そして私のは・・・・・

こんなのや
赤い小人さん.jpg

こんなのや、
毒きのこでしょうか.jpg

毛虫いました
出ました.jpg

「農家で働く人」。
農家で働く人.jpg
この歳になってこんな風に展示してもらえるなんて。
企画に感謝です。ありがとうございました。

隣に飾ってあったのは友人のYさん作。
絵でこらぼ.jpg
Sさん作。
おめでとう.jpg
YさんもSさんも大人になってからのお友達ですが
絵を通して幼児となっての再会うれしいですね!ほほっ。
友人とコラボ.jpg
昭和20年代のころの絵日記は「お父様が、お母様が、ぼっちゃんが」
という言葉使い。
2000年代のこどもたちの絵まで年代順にならんでいて
時代の流れを感じることもできました。

こどもの絵の展覧会「あんなあーこんなんかいたでえ」は
いよいよ明日9月5日(日)までです。
まだの方、ぜひぜひお越しください。


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 11

コメント 2

しんぺー

こんばんわ。
お久しぶりです。
Sさんよりお誘い頂いていたのですが
農業行事が立て続きにあり行けずに残念でした(:_;)

またお会いしたときにお話し聞かせてくださいね。

それにしても…雨降りません(^_^;)
by しんぺー (2010-09-06 19:35) 

ゆきねこ

しんぺーさま コメントありがとうございます。
本当に雨がしばらく降っていませんね。
9月だというのに、これから8月がはじまるくらいに暑い!
畑のお仕事日々お疲れ様です。ありがとうございます。

by ゆきねこ (2010-09-06 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。