So-net無料ブログ作成
検索選択

春の陽射しと焼きパンナコッタ [散歩と旅と]

金曜日、久々に京都へでかけました。

ずっと関西に暮らしていながら、京都は私にとって迷宮です。
名所旧跡には何度か出かけたけれど、
点と点がいつまでたっても結ばれず、いつも迷ってしまうのです。何故?

さて、今回は・・・JR京都駅からバスに飛び乗ったのはいいけれど
所要時間がつかめず、
いったいいつになったらたどりつくの?? 遅刻するよ~。

バスにゆられて45分。
「真如堂前」という停留所でおりました。
頂いてた地図通りに歩いていけば、
急に静かになって、細い坂道が続きます。
そうして角を曲がると
かわいい看板や、ミモザの花。猫ものんびり歩いていました。
春のあいさつ.jpg ミモザ大好き.jpg

目的地につきました。安楽寺です。
階段をのぼって.jpg

木戸の前にかわいい看板
木戸をぬけて.jpg
木戸をくぐって中に入ります。

この安楽寺の敷地にある「(もみじ)」というフリースペースで
スターフェリシモ仲間のつちながあやさんが
今月から毎月最終金曜日に
カフェレストランフィンタックをオープンされることになり、
今日はおよばれに!
あやさんとスタッフの方.jpg
奥にいるのがあやさん

「椛」は和の中にさりげなく洋が入っている
素敵なスペースでした。
窓の向こうには安楽寺のお庭がひろがっています。
窓の向こう.jpg 

安楽寺は法然上人、そして鈴虫姫、松虫姫の物語でも知られている場所で、
でも私には、京野菜のひょうたん型の鹿ケ谷かぼちゃの地元で
かぼちゃ供養で名前を聞いたことのあるお寺でした。
安楽寺.jpg
ひんやりと静かな空間にたたずんでいると、
ここしばらくざわざわしていた心が落ち着きました。

そうしてわくわくフィンタックのランチの時間です!
フェリシモしあわせの学校事務局のHさん、Nさん
フェリシモのHさん、
そして本当に偶然に先日電話ではなしたばかりのSさんとここでお会いできるとは。
うれしいなあ。
2階.jpg 2階のすみっこ.jpg

あやさんがテーブルに並べてくれていたメニューには
地産地消を意識して素材を選び
「まっすぐなおいしさ」を目指してお料理していますというメッセージ。
いただきますの時間.jpg
本日は春を感じるメニューです。


=いただきま~す=

ミントのタブレ(ベッカライ・ペルケオのドイツパン添え)
ミントのタブレ.jpg

フェンネルのスープ
フェンネルのスープ.jpg

お皿の上に拡がっているのは、
 新じゃがのニョッキ アスパラソース
 花びら茸のフルーツビネガー・ソテー
 ズッキーニのグリル キャラウェイシードの香り
 アイスプラントと菜の花のサラダ
 エディブルフラワー
花びらづくし.jpg

そしてデザートは
焼きパンナコッッタ グレープフルーツカート添え
おいしー.jpg
あやさんの焼きパンナコッタ、
以前、アトリエにお邪魔した時にいただいて
そのクリーミーで、ぽってりとした味が
大好きになったお菓子の一つです。
またここでいただくことができてうれしかった・・・。
グレープフルーツでできたカート(カスタードクリームのようなもの)の
酸味もあわさって、美味しくてぺロリとたべてしまった。

すみれの紅茶
(あっ、写真撮るの忘れた!)
春の香りが部屋いっぱいに広がりました。
しあわせのためいきが、ほお~っとでました。

あやさん、ごちそうさまでした。
静かでおいしいひとときをどうもありがとうございました。
カフェレストランフィンタックについてはこちらを→ 

***
帰り道は、哲学の道を抜けて、蹴上の駅まで歩いてみました。
猫がたくさん日向ぼっこしていました。
猫と一緒に、ベンチに腰掛けて日向ぼっこする人も。
あんまり気持ちよさそうで、カメラを向けるのためらわれ、ながめるだけ。

桜のつぼみがふくらんできていました。
これからね.jpg
春はちゃんときているんですね。

哲学の道沿いや、小道の側溝に流れる水の音が心地よかったです。
ここしばらく、津波や、原発で汚染された水道水のことなど
水にまつわる心落ち着かないニュースが周りを駆け巡っています。
けれどもここで流れる水は、静かな音と、
やわらかい午後の光の反射を運んできてくれる水でした。
水の流れに沿って歩いて行けば、南禅寺を抜けて、
疏水の門をくぐって、蹴上の駅につきました。
不思議の国の出口.jpg
これからはじまる桜の季節きっときれいでしょうね。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。