So-net無料ブログ作成

早池峰山をたべてきました [岩手のおいしいもの]

2012年2月24日
大迫で早池峰山のふもとの空気をお腹いっぱい味わってきた夕方
花巻のソーベーズカフェ http://cafe.sobe.jp/ で、
「宮沢賢治の世界 ~早池峰山をたべる~」のメニューお披露目会がありました。
めにゅー.jpg
10月の「宮沢賢治をたべる会」 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2011-11-07
でたのしんだメニューをパワーアップさせて、
この春からお店の定番メニューとして登場します。
そのおいしい早池峰山を一足早くいただける機会でした。
10月の主催者であるフェリシモしあわせの学校 https://shiawase.felissimo.co.jp/login/ 
と、ソーベーカフェさん、そして私のコラボ企画です。

オーナーの畠山さゆりさんからは、
佐々木雄也シェフがまた一層レベルアップした早池峰山を披露しますよと
聞いていたのでわくわくとしてテーブルにつきました。
カフェの中は人で一杯。
秋田や仙台からお越しのお客様もいらっしゃいます。
わくわく.jpg

オープニングは
さゆりさんからのご挨拶と
バイオリニストの佐藤結歌さんのバイオリン演奏♪
さゆりさんとゆかさん.jpg
私はごあいさつがわりに
賢治さんが早池峰山をお菓子の塔にたとえて詠んだ
「山の晨明に関する童話風の構想」を読ませていただきました。

早池峰山のメニューはじまりはじまり。

前菜は
卵をつかわない藁のオムレツ
前菜.jpg
卵でないのにどうしてこんなにふわふわで
黄色くて、そしてもしゃっとしてるの!?
答えはここでは秘密です。

お皿の向こう側のもう一つの前菜は
小さな菜園 霧の柑橘ジュレ
器の中へ進むほどにさわやかな香りが拡がります。

スープ
大和さんの人参ポタージュ
豆乳のフワフワ雲 雑穀の生春巻
スープ.jpg
花巻といえば雑穀。
今回はスープにもちきびのお料理が忍んでいました。
色もふわふわ感も楽しくなるスープでした。

箸休め
黒甘酒と惣兵衛ぬか漬け
箸やすめ.jpg
黒米でつくった甘酒はとても濃厚で満足感がひしひしと。
ソーベーさん自慢のぬか漬けはサラダ感覚でたくさんいただけます
(あ、ぬか漬けは、食べるのに夢中で写真撮るの忘れてしまいました)。

メインディッシュ
古代米入り玄米寿司ロールの早池峰山
塩麹グリル野菜とセイタン添え
モデナソース&ときめきのバジルソース
メインディッシュ.jpg
じゃじゃ~んとお皿の上にあらわれた早池峰山
草木に覆われたその山をフォークとナイフで登っていくと
いろいろなグリル野菜たちが姿をあらわします。
フォアグラの姿をしているのは大豆のお肉・セイタン。
むしゃむしゃと味わい、その中心の玄米ロールにたどりつき
おたのしみ.jpg
地層になってあらわれたゴボウには旨味がぎゅっとつまっていました。
フェリシモさんからデビューしたハッピーソースの
「ときめきのバジルソース」 →★
を今回も使っていただきました。
ありがとうございます♪

デザート
ジェラート・コン・カフェ
デザート.jpg
ハヤチネウスユキソウのイメージで彩られたお皿の上には、
豆腐のアイスと、その下にはパリパリのムング豆チップス
上にはキャロブ豆からできたチョコレート「みたいな」チョコレート。
これはチョコレート好きの私も感激のチョコです。
ここにあたたかい「ミソプレッソ」をどどーっとかけます。
今カフェではやりのアフォガード風デザートです。
しふく.jpg
甘くてしょっぱくって、あたたかくて、冷たくて、クリーミーでパリパリして
あらゆる味と食感が混然一体となり、
コース料理のフィナーレを見事に飾ってくれました。

使う材料のほとんどが地元のものというのも感激し、
早池峰山とお料理でむきあったユーヤシェフに拍手。
ユーヤシェフに今回このような宿題をだした(!)さゆりさんに拍手。
きっとこれからもお料理は進化していくのだろうと思います。
ぜひこれからも、賢治さんの作品を読んで、対峙しつつ、
おいしい早池峰山をそびえさせてくださいね!

★ソーベーズカフェ花巻では2名以上から3日前予約で
 この賢治メニューをコース料理で味わう事が出来ます。
 花巻にお出かけの時はぜひお立ち寄りください。
 詳しくはこちらを↓
http://cafe.sobe.jp/free/kenji
※先着100名様にフェリシモさんからの特製エコバッグのプチプレゼントがついています♪

ソーベーズカフェのブログもご覧くださいね。
http://blog.sobe.jp/?eid=2273

最後にシェフとカフェのみなさん、なおこさんと一緒にパチリ。
かんしゃ.jpg
おいしい時間をありがとうございました。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

コメント 2

ゆきねこ

 賢治さんもきっと同席されて、みなさんと一緒に愉しまれたのではないでしょうか?
 写真とゆきねこさんの解説ですっかり美味しくいただいたような気持ちになりました。それにしてもお料理というか芸術作品?!のようです・・・「ミソプレッソ」ってユーヤシェフのオリジナル?どんなお味なんでしょ・・・興味津津
 賢治さんが残してくださったたくさんの宝物をこれからもみんなで大事にして、育てていくって素敵なこと!楽しみにしています。
                                   by すみれ♡
by ゆきねこ (2012-03-10 23:41) 

ゆきねこ

すみれさま ありがとうございます。
ミソプレッソはきっとゆうやシェフのオリジナルだと思います。
普段お料理に使う味噌がデザートにでてくるなんて
本当にびっくりしまいた。しかも豆乳アイスにとても合うのでした。

by ゆきねこ (2012-03-12 23:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント