So-net無料ブログ作成

本の旅人 と UR. [宮沢賢治]

最近、毎月たのしみにしていることのひとつは、
角川書店のPR誌「本の旅人」を読むことです。
http://www.kadokawa.co.jp/mag/tabibito/

書店の情報コーナーなどで、
運がよけば月末に見つけることができる1冊です。
昨年10月から月末になると毎月しげしげと書店通い。
今のところ毎月ゲットできてます。

なにがそんなにたのしみなのかといえば
梨木香歩さんの「きみにならびて野にたてば」という連載が掲載されているのです。
3.jpg
梨木さんの作品はこれまでに『西の魔女が死んだ』や
『家守奇憚』(←この作品特に大好き)など
その作品世界に埋没してしまったことが多々。

今回は、小説というよりも、ルポルタージュというのか、エッセイというのか
梨木さんが語りながら、現実世界にとても近いところで
宮沢賢治の友人・保阪嘉内を中心に作品が動いています。
嘉内のご子息・庸夫さんも登場します。
賢治ファンならおそらく埋没必至です。
読み進む度、来月が待ち遠しい~のです。

この作品にしばしば登場するのが
『UR. VOL.3』という書籍(「うる」と読みます)です。
おおよそは島尾敏雄を語る特集のような内容なのですが、
宮澤賢治の作品(「連れていかれだダァリヤ』『あまの川』)や、
高村光太郎や、入沢康夫さん、天沢退二郎さんの賢治作品論、
日本と韓国の民話やメルヘンのページもあります。

梨木さんの連載は、先月あたりからこの『UR.』と島尾敏雄がキーワードで
物語が動いていて、ますますおもしろくなってきました。

ところで『UR.』
梨木さんの作品で紹介されているのは
EXISTENZ Vol.3 と副題のある第3号。
1972年9月に東邦書房より発行されています。
ビジョン1号、ロゴス2号という前号があったようなのですが
それぞれどんなものなのか不明です。

なんと私の本棚にあったのでした(自慢だ♪)。
10年前、職場の先輩Kさんが
「賢治や島尾が載っているからきっと好きだと思うわ」と
古本市でみつけてくれたものでした。当時100円也。
いまさらながらですが、Kさんありがとうございました。
1.jpg
ページをめくると梨木さんの作品に登場するのと同じ目次や作品が載っていて
(当たり前といえばそうなのですが)、
それらをUR.自身のページをめくって読むたび、
また不思議な高揚感がみなぎります。
こういう体験も古本の楽しみ方のひとつですね。

2.jpg
↑ 背表紙の「焼け」具合に時間の流れを感じます

なにやら私の周りの嘉内さん、賢治さんファンの間でも、
この『UR.』をゲットしたという噂が(つくばとか、愛知の方角から!?)。
アマゾンなどで何冊か売れているようですなー???

「本の旅人」は、そろそろ3月号が出る頃です。
連載終了後は単行本化されるのだと思いますが、
とにかく読み終わるたびに、次号の展開がたのしみになる梨木作品です。

そしてこの梨木ワールドで浮遊して、楽しませていただいている間にも、
本当に行方不明の『アザリア創刊号』が出てくればいいのに、と
強く願う賢治ファンの一人なのでした。


「本の旅人」では
西原理恵子さんの連載「スナックさいばら おんなけものみち」
http://www.kadokawa.co.jp/sp/201301-08/
も毎号たのしみにしています♪


コメント(6) 
共通テーマ:blog

コメント 6

まるたろう

自分も、書店に行く事がよくありますので、注目してみようと思います。
by まるたろう (2013-03-29 08:45) 

signaless

わぁ!10年前にすでに手に入れていたとは。
いやはや、これは何かありますね、さすがゆきねこさん。
私はその約10倍でゲットしましたが…。

梨木さんの『きみにならびて野にたてば』、
今後の展開にドキドキわくわくですよね~。
林(仮名)という人物ははたして見つかるのか!?

いずれにせよ、『アザリア第1号』が出てきてくれることを願うばかりですね。
by signaless (2013-03-29 09:54) 

藤田あすみ

はじめまして!
神戸にオフィスのある
『デザインスタジオはやるよ本舗』の
藤田と申します(≡^∇^≡)

当事務所ではただいま、
あなたの「おいしい投稿」を募集中です☆

このブログは、
おいしい投稿満載につき、
このイベントにノミネートされました(≡^∇^≡)

あなたの書いた
「おいしそう!行ってみたい!」
っていうグルメなブログ記事で
賞金1万円と iPad mini が当たりま~す(≡^∇^≡)

くわしくはこちら↓↓↓
http://www.hayaraseya.com/award/a2013.htm

大賞めざしてぜひチャレンジしてください!!
by 藤田あすみ (2013-03-30 18:16) 

ゆきねこ

まるたろうさま ありがとうございます
ほかにも「しばわんこシリーズ」どれも和のこころをつたえる
しばわんこさんが大活躍ですので、機会がありましたら
ご覧いただけますとうれしいです。

by ゆきねこ (2013-03-31 09:23) 

ゆきねこ

signalessさま ありがとうございます
4月号もおかげさまでゲットできました。
今回もUR.のページが開きたくなる内容で
(特に私は奥付でした)、
ますます今後の展開が気になりますね。

by ゆきねこ (2013-03-31 09:28) 

ゆきねこ

藤田あすみさま ありがとうございました

by ゆきねこ (2013-03-31 09:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント