So-net無料ブログ作成
検索選択

岩手よりお越しのおいしいものたち [岩手のおいしいもの]

さて、今回の岩手より連れて帰って来たものたち。
私にとっては、これで冬ごもりの準備はオーケーといいたくなるような感じなのですが、
いかがでしょうか。
8.jpg
お菓子が目立っておりますが・・・

 真ん中の一番下は、
 チーズケーキで有名な北上のロシア料理屋さん「トロイカ」のバナナパウンドケーキ
 ひとつおいて、その上にあるのは、くるみゆべしの切り落とし。
 ゆべしの切り落とし買うなんていよいよ上級者か!? 安いうまい、気軽なんですよね。
 その上と右は、
 海藻スープ、花削り昆布(4月の岩手ツアーでファンになった一品と再会)
 

盛岡へ行ったら必ず買って帰ろうと思っていたのは、こちら
5.jpg
盛岡ドミニカン・ロザリオの聖母修道院のニックナック
現在は岩手県手をつなぐ育成会が運営する障がい者施設「あすなろ園」が作っています。

大きいのと小さいのをゲット。箱のサイズはほかにももっと大きいものもあります。
7.jpg
この情報を知ったのは「てくり19号」 街のおやつ特集。
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-10-04
カワトクデパートで売っている赤い箱、以前から気になっていたのですが
   四角い箱が・・・屋根つきの赤いお家になるパッケージ
6.jpg
神戸にも似たお菓子あるからなあといつも買わないままでいたのです。
だけど今回「てくり」の記事を読んで、このお菓子の歴史や背景を知り(その詳細はぜひ「てくり」をー)
これは食べてみないと、と。
「てくり」の影響はさすがです! カワトクにコーナーができて積まれておりました。
60年の歴史のある日本で最初のベルギーワッフル。1枚いちまい丁寧に焼かれているんです。

これはミニがんづき
4.jpg
pecco(ぺっこ)という岩手の老舗のお菓子をそれぞれ小さくしたシリーズがあるのですが
http://www.iwatekensan.co.jp/pecco/
その中のひとつ。
いつも大きながんづきを作って食べている私としては
なるほど!小さいのもありなんだ。カワイイ♪
写真ではわかりにくいのですが、直径2センチくらいのちいさながんづきです。

前に紹介した http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-12-02
カネイリスタンダードストアは、袋も包み紙もおしゃれです。
(仙台手ぬぐいを買いました)
9.jpg

本は、宮沢賢治センターの例会でいただいたもの(ありがとうございました)と、
さわや書店で。
3.jpg
『花美術館』 Vol.39  蒼海出版
前半が啄木と賢治の特集で、
後半は現在活躍されている短歌、詩、絵画、工芸の作家のみなさんの発表の場
という構成です。
 特集 望郷と理想郷 啄木、賢治
  【目次】
   ・祈り 東日本大震災
   ・啄木、賢治の共通性 望月善次
   ・明治の青春 金田一秀穂
   ・生涯にわたる兄への敬愛と献身 宮澤明裕
   ・啄木、賢治の異質性 望月善次
   ・『一握の砂』と『注文の多い料理店』その装丁 原田光
   ・郷愁のモニュメント
 

 現代の短歌型文学ー故郷と幻想の間
 現代作家ー原風景への憧憬
 輝かしい命
 現代工芸―美の精粋
 美術館紹介

『国際啄木学会 盛岡市部会報』23号
  ・・・・賢治学会でお会いするあの方、この方のお名前があります。
     つい食べ物に関するタイトルに目が行ってしまうのですが
     森義真さんの「啄木とビスケット ~幻の番組覚書」
     しっかり拝読しました。
     「グレーテルのかまど」とこんなやりとりがあったのですね。
     覚書ということですが、形は違っても「ビスケット会」を現代の盛岡で
     蘇らせてください! 生誕記念菓子を私も食べてみたいです。

『いつもの味噌汁』 田中文子・編 杜陵高速印刷㈱出版部
  文字通り、岩手の各家庭でつくられてきたお味噌汁のレシピ集です。
  野菜・豆のページと 魚・海藻のページに分かれていますが
  浸み豆腐をつかったり、鮭の腹子汁(鮭の切り身といくら)や、どんこ汁などは東北ならでは。
  レシピの合間に登場する岩手にゆかりある方たちのエッセイにもそれぞれおいしそうな
  お味噌汁が登場しています。
  これから寒くなる季節に、ほかほか温かさも伝わってきそうな1冊。
  そうしてたまらなくお味噌汁が飲みたくなりますよ。

そうして・・・
ひゃ~5年ぶり!!
 5年前→http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2009-02-15
2.jpg
犬プリンカレンダーと再会できました。
さわや書店になかったのですが、クラムボンにあったのです。

なんと今回はミニカレンダーのふろくつき
1.jpg
さらに、この表紙は裏に書いてある線の通りに、切って折ると封筒になるというしかけつき。
(だけどもったいなくて作れませ~ん)
来年の干支・ひつじくんと戯れる犬プリンさんよ、我が家に来てくれてありがとう。
この素晴らしい再会に、来年はもっといいことある予感がシマス。

これにて岩手報告おしまい~ありがとうございました。

    


コメント(2) 

コメント 2

まるたろう

岩手にも、お美味しそうなお菓子がたくさんあるんですね。
行った際には、自分もいろいろ買って帰りたいものです。
by まるたろう (2014-12-05 06:43) 

ゆきねこ

まるたろうさま ありがとうございます
岩手には、関西にはないおいしいお菓子が
まだまだいっぱいあるんですよー
機会があったらこのブログでまたぼちぼち紹介できたらと
思っています。今後ともよろしくお願いします!

by ゆきねこ (2014-12-06 08:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント