So-net無料ブログ作成
検索選択

白きくらげでデザート [お菓子の誘惑]

風邪完治まであと一息! カムバック声~季節外れの風邪はしつこいことを学びました。
季節の変わり目に油断すると本当にだめですね。みなさまはくれぐれもお気を付け下さいませ。

こんなとき思い出すのは、2月にご紹介した「やまなし」
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-02-21
記事の中で・・・

 8.極めつけは+白きくらげ
   一昨年、うさぽんさんにおしえてもらったレシピ
    http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-25
  
   梨のかわりに、
   白きくらげ+シロップで。あたためていただきます。薬膳です。

と書きましたが、このレシピをアップしていませんでした。
梨と白きくらげのデザートは肺を潤すって、うさぽんさんがいつか教えてくれたなあ。
嗚呼、食べたくなってきました。それで、思い出すことができました・・・トホホ。

白きくらげデザートのことを少し詳しくご紹介します。

白きくらげは文字通り、白いきくらげ。キノコの一種です。
中国食材を扱うお店に、乾燥した状態であります。
今回は、神戸そごうの富沢商店のもの。30gで300円くらい。
1.jpg

乾燥した状態ではこんな感じ
ね、ひらひらして、黒いきくらげより見た目もかわいいでしょ。
2.jpg
これを10gくらいを水につけて戻します。
ひらひらと半透明のものになります。

柔らかくなったら、それでも堅いところ=石づきをとり、
2~3回水をかえます。そのほうが出来あがりが生臭くならないように思います。
3.jpg

水を切って、圧力鍋へ。
水を、ひたひたより、少し多めに入れて、氷砂糖をカップ1/2~1いれます。
氷砂糖だとあっさりした甘さで、白きくらげと相性がいい感じです。
また氷砂糖はお砂糖の中でも一番体を冷やさないとか、そんな話も聞いたような。
なければ普通のお砂糖でいいですが、その場合は少し控えめがおすすめです。
火にかけて、圧力がかかったら約25分・・・しゅっしゅっ。
できあがりはトゥルントゥルン・・・コラーゲンさまっ、と言う様相になります。
このままタッパーに入れて4,5日もちます。
5.jpg

この白きくらげを崩し(フォークや泡だて来て簡単に崩れます)
小鍋かレンジで少しあたためてから器に盛り、やまなしシロップをかけていただきました。
4.jpg
もともとは、梨もいっしょに圧力鍋にかけて作るお料理ですが、そのアレンジです。
簡単コースだったら梨をすりおろして一緒に少し温めたものも良いかもしれませんね。
白きくらげだけでいただいても、優しい甘さと食感のデザートです。クコの実を添えても◎。
甘さ控えめでつくっておみそ汁やスープの具にもいいですよ。

今頃アップしていますが、もう食べつくしてしまったこのレシピ。。。今食べたいなあ~。
風邪に関わらず、のどを酷使した時、のどが痛い時、乾燥している季節にぜひどうぞ。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

コメント 2

まるたろう

風邪をひいた時によさそうですね。
いざという時に役立ちそうなので、覚えておきます。
by まるたろう (2015-05-30 18:16) 

ゆきねこ

まるたろうさま いつもありがとうございます
白きくらげ、下ごしらえがちょっとめんどうですが、
機会があれば(のどが痛い時など)試してみてください。
by ゆきねこ (2015-06-01 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント