So-net無料ブログ作成
検索選択

小学6年生と賢治を叫ぶ 2015 Part3 [宮沢賢治]

宮沢賢治を紹介する授業 今年3校目
  今年2校目の報告はこちら
  →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-10-28

2015年12月15日
川西市立北陵小学校へお伺いしました。
北陵小学校へ伺うのは今年で4年目になります。
今回はどんな6年生とであえるかな。楽しみです。

プログラムは、
6年生全体で賢治さんと賢治さんの作品紹介の授業をして、
各クラスごとにがんづきでお茶っこです。

がんづき作りから~朝8時に家庭科室集合。6台作りました。
1.jpg

お天気も良く、朝日をあびるがんづき。
3.jpg

永井先生、林先生ありがとうございました。
ふかふかがんづきが出来上がりました。
4.jpg


授業がはじまります。
体育館で「宮澤賢治さんをご紹介します」。
写真ナシです~ごめんなさい。
8.jpg
時間割・・・「賢治さん」や「やまなし」 < 「がんづき」! ふふ。

6年生のみなさんは、もう先月のうちに「やまなし」も「イーハトーブの夢」も
終わっているという事だったので、教科書を使って、少々復習モードの
賢治の授業です。

昨年は寒波襲来で、寒さに負けそうだった体育館。
今年は暖冬。生徒のみなさんも私も昨年より薄着。
遠野弁ラジオ体操♪ も今回も好評でした。

ところでまた今回も
「イーハトーブの夢」を読んでそこにでてくる言葉についての質問がありました。

「ここにでている地図は岩手のようですが、
この地図に記されている「鬼語放送局」や「月光カステラ製造所」と、
賢治作品とを照合させたらいいのでしょうか」と。
そして質問するのは、今回もやはり読書の好きな生徒さん。

先生からおしえていただいたところ
この生徒さんは、岩手の地図を見て、ここはこんな地域なんだと調べながら
賢治作品と、教科書に出てくる「賢治風な」ことばを地図に照らし合わせながら、
どの作品なんだろう、わからないなあ、不思議だなあと感じていたそうです。

・・・そりゃそうです。
  それは筆者の畑山さんがつくった「賢治風な」言葉と世界なんです。
  というのが前後の文章からでは、わからなくなっているのですよね。
  例えば、(舞台のモデルのひとつかもしれませんが)
  「種山が原に、銀河鉄道の夜の駅」の出てくるおはなしなんて、
  賢治さんは書いてないのに、イーハトーブの地図には記されているのですから・・・。
 
  混乱するわ、賢治作品ではないのよと私は回答するわで
  ちょっと残念そうだった生徒さん。私も残念なんです。もう~教科書め!
  これで賢治作品嫌いにならず、むしろ読むきっかけになってね。

  おそらく全国の小学校の読書が好きで、
  そして賢治入門編の6年生のみなさんの間で混乱をまねいているのでは、
  と思われる「イーハトーブの夢」の一節。
  筆者に、というわけではなく、教科書での扱い方が気になるのです。
  この件、また改めて書きますね。

さて、体育館でのあとは、あたたかい調理室でお茶っこの時間です。
6年生3クラスそれぞれ各1時間ずつ
「宮澤賢治のふるさと岩手のおやつでお茶っこ」というテーマで、
がんづきをたべながら、岩手の町や森の風景をみてもらったり、
「やまなし」のおはななしなどをさせていただきました。
10.jpg

がんづきは今回は特に男子生徒のみなさんに大人気でした。
9.jpg
おかわりないの~って言いに来てくれたみなさんどうもありがとう。
(残念ながら、おかわりはなかったのですけどね)


6年2組のみなさんと給食の時間です。
5.jpg

みんな、楽しいおはなしをいっぱいおしゃべりしてくれました。
6.jpg
最近好きな歌手のこととか、テレビドラマや本のこととか。どうもありがとう。
おかげで給食を一層おいしくいただけました。

本日のこんだては
 ・ごはん(北陵小学校はじめ、川西の小学校ではほぼ100%ご飯給食です)
 ・ほうれんそうともやしの和えもの
 ・のっぺい
 ・牛乳
 7.jpg
なんと「のっぺい」は1年前にお伺いした時と同じメニュー!
 ★昨年の様子
  →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-12-27
春日大社「おん祭り」のお料理です。
同じ時期にたずねたからとはいえ、この偶然にびっくり。
ブログには書いていませんが、今年6月は春日大社の遷宮を見てきたので、
このごちそうも、ご縁があるのかも、とうれしくなりました。

のっぺいは、大根、にんじん、里芋、こんにゃく、鶏肉、ちくわ、厚揚げ・・・具だくさん!
これだけでおなかいっぱい。
里芋も調理師さんが1個ずつ手でむいているとのこと。
具材が多いので、他の材料もそれぞれ洗って、刻んで・・・と
ずいぶん手間がかかっていることがわかります。
このたっぷりお汁は、給食室からの愛情もたっぷりなんですね。

具材からいい出汁がでていて、ちょっと甘めの味付けは、
ごはんがたくさんたべられるおかず。
ボリュームあるので、和えものは、ちょっぴりでOKなんですが、
お皿が・・・。
大きなお皿でなくていいのに。それも仕切りがあるので空いているのが残念。
小皿だったらいいのになあ。
そしておいしいごはんなんだから、
やっぱりこのお茶碗でいただくのは、残念だなあと思ってしまいました。
すみません~昨年に続きぼやいてしまいました。


さてさてさて
来年は生誕120年を迎える宮澤賢治さん!
その作品は、中学、高校の教科書にもとりあげられているし、
おそらくこの先も、どこかで出会われるのではと思います。

短い時間でしたが、
  賢治さんの作品世界って楽しいのだなあ、ということが伝わっていたら幸いです。
  そしていつか、宮沢賢治の旅、東北の食の旅で岩手にもお出かけくださいね。
2.jpg
北陵小学校6年生のみなさま、ありがとうございました!
そして
林先生 永井先生 6年生の各担任の先生方 奥田校長先生 
授業の機会をありがとうございました。

千晶先生とも久々の再会~うれしかったです♪


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント