So-net無料ブログ作成

2016年8月27日の花巻 [宮沢賢治]

2016年8月27日
宮沢賢治さん120歳のお誕生日です。

ありがたいことにこの日は花巻にいました。
1.jpg

8月27日の岩手日報の朝刊「風土計」欄には、
我が師匠・松田司郎氏の名前と本が引用されていました。
わーい、めでたいことづくしの1日のはじまり。
ブログ用「岩手日報」松田司郎.jpg
写真はブドリ兄さんからいただきました・・・いつもありがとうございます。
全文はこちらから読めます。
→ http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/y2016/m08/fudo160827.htm

今日は宮沢賢治学会の国際研究大会1日目。
2.jpg
プログラムはこちらをどうぞ
→ http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2016-08-09

アーサー・ビナードさん、平田オリザさんの講演は
それぞれに賢治を語る切り口がおもしろかったです。
アーサーさんの語る「扉」には、賢治の童話世界と今の世界がつながっているし、
オリザさんの語る「文化資本」のこと、「広場」のことからは農民芸術概論につながっていきました。
お二人のお話からも、またもやいろんな方向から賢治がやってくるこの感じ、
だから賢治の世界は面白いなあと思います。

郷土芸能観賞の時間には「原体剣舞(はらたいけんばい)」
初めて見ました。鬼剣舞とはまたちがう、子ども達の舞の勇ましさ(と、かわいさ)。
3.jpg

この日は、童話村でイーハトーブフェスティバルもあり、
国際研究大会と童話村を行ったり来たりする人も多々。
4.jpg
シャトルバスも出ていて、誘惑いっぱい

国際研究大会は2日目もありました。
世界中で賢治研究をする人たちがいるのです。
5.jpg

宮沢賢治の世界が大好きな人が集まって醸される
この妙にゆかいなざわざわ感は、
花巻だからこそ味わえる、幸福感です。

・・・そして
花巻だからこそ味わえる、といえば
マルカンデパートが来年2月に再開するそうです。
またあの場所でしか味わえないソフトクリームと再会できます!
→ http://www.otomoku.co.jp/media/2016/08/31/47


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント