So-net無料ブログ作成

ありがとう東野さん [散歩と旅と]

神戸とインドを拠点に、画家でポトゥア・インド式絵巻物師として活躍されていた
表現者の東野健一さんが1月6日にお亡くなりになった事を知りました。
 神戸新聞
 https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201701/0009828707.shtml
 朝日新聞 
 http://www.asahi.com/articles/ASK1705QSK16PIHB03C.html

どっこいまだ生きている、とCAP神戸で会を開催されたのが昨年1月。
当日は参加できなかった私は、友人より「逆に励まされてきた」とか
「エネルギッシュだった」とその楽しくにぎやかな様子を伺い、想いを馳せておりました。

東野さんのインド式紙芝居をはじめてみたのは2011年のたしか春です。
阪神淡路大震災から数カ月後の神戸学生青年センターで、
紙芝居を披露して下さる機会があり、
あの独特の大きな声でガハハと語られる物語を、
こどもも大人も一緒になって楽しませてもらったこと。

その後月日は流れ
童話・絵本・たべものをキーワードにうろうろしはじめたころ
思いがけなく「アート」という畑につながり、
そこで出会ったひろみちゃん、きぬがささん、
そのさきにまた現れた東野さん。あ、あのガハハの人だ。
なんだかヘンで楽しい仲間に入れて下さいました。

2010年の「こどもの絵の展覧会」
おかげさまで私は「ワタシ」と対面できたのです。
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2010-09-04
赤い小人さん.jpg

2012年の「つきあそび」は、いろんな人が融合したヘンな会で
とにかくゆかいな時間だった。
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2012-10-07
35.jpg
ヘンなおっちゃん東野さん
そのヘンは誰にも真似できないヘンでしたね、だから表現者なんですよね。
表現者ですからこの先も、形をかえてでもなにか飛び出てくる、のでしょう。
ヘンは不滅です。たぶん。
それほどには親しくなかったので、こんなこといったら怒られるかな~。

とにかくこれだけいいたくて記事にしたのです。

   ありがとうございました。


御冥福をお祈りいたします。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

コメント 2

かわはら

昨年NHKのローカルニュースで、土日屋さんで紙芝居されている東野さんがご紹介されていましたよね。
ゆきねこさんとご縁のある方だったのですね。
残念ですね。
紙芝居、私も見てみたかったです。

「ワタシ」さんの絵は、赤い三角帽子の小人さんがホットケーキをたくさん焼いているように見えます。もしかして、がんづきかな~


by かわはら (2017-01-20 15:47) 

ゆきねこ

かわはらさま ありがとうございます
東野さんの紙芝居は他の人がまねできない語りと絵の世界のコラボでした。
おもしろかったなー。

ワタシの小人さん、本当だ!がんづきかもしれません!?
by ゆきねこ (2017-01-22 10:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント