So-net無料ブログ作成

5/19 みのおてならいコンサート@大阪・箕面 [散歩と旅と]

フェリシモしあわせの学校スタッフの方たちが有志で集い、生まれた
「みのおてならい」
 昨年4月には、私は賢治の講座をさせていただいたきましたが、
  →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2016-04-18
暮らしが楽しくなるヒントをくれる様々な講座を、箕面で毎月開催されています。
その「みのおてならい」さんからコンサートのおしらせがとどきました。

みのおてならい事務局のHさんを中心とするスタッフのみなさんが
ジストニアという病のため右手だけで活躍するピアニストに出会い、
その演奏に感動して私たち皆で応援したいとの思いから
チラシから広報、当日の運営すべて手作り・ボランティアで開催するということです。

【要申し込み】の催しです。
詳細・お申し込みは「みのおてならい」のHPをご覧ください
 → 
https://minohjuku.jimdo.com/

★みのおてならいコンサート  
 右手のピアニスト 樋上眞生 演奏会
image.jpg

脳の病ジストニアによって突然失われた左指の自由。失意の底から立ち上がり、昨年から「右手のピアニスト」として活動を再スタート。いつ治るともわからない病にあっても、失われることのない音楽への思い。樋上さんは、右手用の楽譜をご自身で編曲され、その奏法の開発に人知れず努力と工夫を重ねて、再び舞台に立たれました。その音色は、悲しみ、喜び、怒り、迷い……あらゆる想いにふるえるようで、たましいをゆさぶられます。樋上さんの挑戦ははじまったばかり。あらたなる音のクリエイションは、私たちの暮らしと人生に多くの感動と希望を伝えてくれます。

日 時:2017年5月19日(金)10:30~12:00(10:00受付開始)
会 場:箕面市立メイプルホール・小ホール/箕面市箕面5-11-23
参加費:無料
定 員:100名(先着順 )ただし、ご来場には招待状が必ず必要です。

主 催:みのおてらならい
     詳細・お申し込みはこちらから→ https://minohjuku.jimdo.com/

※招待状は最下部にある「演奏会のお申し込み」欄からお申し込みください。
※同伴者がある場合は、必ず「メッセージ」欄に、同伴者のおなまえ、
  ご連絡先(住所もしくはE-mail)を明記ください。
※4月中に招待状が届かない場合は、先着順もれとなります。あしからずご了承ください。

【プロフィール】樋上眞生
京都市立芸術大学卒。2005年ザルツブルグ夏期国際アカデミーP.ギリロフ氏のクラス受講。同年9月ロシア国立モスクワ音楽院大ホールにて開催された「日本の心」フェスティバルオープニングコンサート出演。2007年ウィーン留学、 S.アーノルド氏に師事。。2008年ウィーンマスターコースS.メラー氏のクラスを受講。優秀者に贈られるロザリオ・マルチアーノ賞受賞。S.メラー氏の推薦を受け2009年5月自身初のソロリサイタルをウィーンで開催し好評を博す。第20回宝塚ベガ音楽コンクール第2位、同会場審査員特別賞を受賞。第8回堺国際ピアノコンクール第1位。第13回日本ピアノコンクール銀賞。2013年度日本芸術センター年間最優秀ピアニスト。同年春、ジストニアを発症し、左手の自由を失う。

★ポットラックパーティー開催
演奏会のあと、感動を分かち合う懇親会を開催します。
 日 時:2017 年 5 月 19 日(金)12:30 ~ 13:30
 会 場 :箕面市中央生涯学習センター(メイプルホール)3F「講座室」
 定 員 :50 名(先着順)

※ 着席ではありません。
※参加は無料です。懇親会に参加希望の方は、ご自分用のコップ、飲み物、
   市販のおつまみやおにぎりなどをご用意して会場へお越しください。
 お車でお越しの方、20 歳未満の方は、飲酒は厳禁です。

★ボランティアスタッフを募集
このコンサートは、カルチャー倶楽部「みのおてならい」に集う 7人の仲間たちで企画運営しています。オペラや歌舞伎、能楽などに興じてきた仲間たちと積み上げてきた数々の「感動」を、今度は贈る側となって大いに「遊び」たいと思います。今回の演奏会当日の、受付や会場誘導のお手伝いボランティアスタッフを募集します。私たちといっしょに「遊び」ませんか。

 ポットラックパーティ、ボランティアスタッフの
 詳細・申し込みもこちらからどうぞ→ https://minohjuku.jimdo.com/


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント