So-net無料ブログ作成
検索選択

ビバ! 茨城空港 [散歩と旅と]

5月 草野心平記念文学館のあるいわきへどうやって行こうか、
→ http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-05-27
以前は、神戸からなら東京まで新幹線、そのあと常磐線の特急ひたちに乗っていきました。
でもほかに方法はないのかな?
で、ありました。 
茨城空港という選択が。
1.jpg

★今回のルート
 神戸空港 8時出発
  →茨城空港 http://www.ibaraki-airport.net/
   →バスでJR水戸駅  
6.jpg

    →水戸駅から特急ひたち
7.jpg

     →いわき着 12時過ぎ着
1.jpg
飛行機やバス、列車の乗り換えや待ち時間を考慮すると
新幹線で行くのとあまりかわらないのですが、
乗車時間だけでみれば1時間短いのです。

いろんな乗り物に乗れるし、
移動の間、ちょっとのんびりできるから私は快適でした。
そういうわけで「ビバ!」なんです。

神戸空港から茨城空港にはスカイマークが1日2便飛んでいます。
茨城空港へいく機会ってあるのかなあと思っていたのですが、
まさに今回大変お役だちの空港でした。

茨城空港ではあちらこちらでゆるきゃらがおでむかえ
4.jpg
茨城空港はとてもコンパクトな空港で、全便乗り降りはタラップです。
ターミナルビルにはいってすぐ、
荷物受取のコンベアがもうまわっていました。
そうそう、今放映中のNHK朝ドラ「ひよっこ」の舞台が
茨城県なので、あちこちにポスターやのぼりがありました。
ねばーるくんもいましたよ。
5.jpg

なんかね、昔行ったタイの地方空港を思い出しました。
ちいさな空港はうろうろしないでいいから便利です。
外に出ると、神戸と違う風景が(そりゃそうか)!!
関東平野、ひろびろ~向こうまで山が見えません。
1.jpg
とはいえ茨城空港、その前身は百里飛行場
 くわしくはこちら→★(ウィキペディア)
防衛省と航空自衛隊の飛行場だったところに
民間の共用飛行場が運営されているので
遠くに自衛隊の建物が見えます。
そして外には
昭和40年代前まで使われていた戦闘機2機が展示されています。
2.jpg
向こうに見える滑走路からは
爆音をとどろかせて戦闘機が何機も飛んでいきます。
3.jpg

でも目の前の錆ついた昔の戦闘機たちは今はもうスズメたちのお宿。
チュンチュン、チュンチュンと大にぎわい。
こののどかさ・・・ジブリ映画の「天空の城ラピュタ」の城を思い出す。
4.jpg
そしてついつい、平和って何だ!?と空を見上げてしまった。

バスに揺られて水戸駅までいきました。約30分でついたので便利でした。
茨城空港からは「東京行き」というバスもでていました。

ここから東京へ行けるのか~~~。


~~~~~~いつかここから東京へ行って見たいなあと

ぼんやり思っていたところ、そして
飛行機利用者は500円で東京行きのバスに乗れると知って、
6月 利用してみました。
するとやっぱり「ビバ!」でした。

東京行きバスは要事前予約です。
http://www.ibaraki-airport.net/access.html
ネットで予約できるので便利でした。

首都高速に入ると、隅田川沿いを走るバスのすぐ横にスカイツリーが見えたり、浅草の町が見えたりして、
バスの旅楽しかったです。
到着は東京駅日本橋口です。私は初めての日本橋口だったので高架下沿いをうろうろ
下の写真のような見慣れている丸の内口までちょっと迷ってしまった・・・。
2.jpg
乗車時間150分の予定が、
この日は道路が空いていたのか、90分で東京駅に到着。
12時半着の予定が11時半。おかげさまで、ゆっくりお昼が食べられました。
丸ビルの千疋屋さんでランチセット・アボカドと生ハムのサンドウイッチ。
6.jpg

このあとは大手町のJAビルにいきました。
上階にある農業・農村ギャラリー ミノーレ
https://life.ja-group.jp/event/minole
外には空中庭園があって
4.jpg
水田とお茶畑がありました。
3.jpg
こういうのを都会のオアシスというのだろうか・・・
ミノーレは多目的スペースなのでこの日はがらんとしていましたが。
食堂があって、手作り弁当があるみたい。次回はお昼ごはんの時間にでかけてみたいところでした。

そのあとには「ラ・カンパーニュ大手町」で楽しい夕餉がまっていました。
5.jpg
このご報告はまた改めて・・・できるかな?

ということで神戸から東へ行くときには茨城空港は侮れません。
ビバ、ビバでした。

希望を言えば、茨城空港から宇都宮までのバスがあると
北の方面へ出かけるのにもっと便利になるんだけどなあ・・・。
なぜならこの6月の旅はこの後、栃木へ~賢治セミナーin宇都宮にでかけたからです。
7.jpg
・・・つづく・・・

コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント