So-net無料ブログ作成

北摂、丹波の在来種を訪ねる [野菜たち]

兵庫県の在来野菜のことなど機関紙を通していつも教えてもらっている
ひょうごの在来種保存会
 →https://web.pref.hyogo.lg.jp/ac02/yamane.html
2017年7月23日に開催された夏の見学会に参加しました。

今回のテーマは「北摂、丹波の在来種を訪ねる」
篠山~神戸市北区~西宮市船坂 をまわり
それぞれの地域で育つ在来種の野菜と出会う事ができました。

朝、JR福知山線「草野」駅に集合して
まずは丹波地域で作られているドイツ瓜と
自家採種による有機野菜の圃場見学がありました。
6.jpg


1.jpg


「ドイツ瓜」 兵庫県に残る瓜の在来品種です。
7.jpg
ほかに「カワズウリ」「三角瓜」「おんびき」ともよばれているそうです。
ドイツの由来は不明とのことですが、呼び名の中では一番洒落てますよね!?
8.jpg
シマシマ模様で小さなスイカみたいにも見えます。
皮が軟らかいので流通にはむいておらず
直売所や道の駅などでみつけたらラッキーかもしれません。
一般の市場ではなかなか手に入らない瓜です。
9.jpg
浅漬けにしたものを試食させていただきました。
となりにあるのは「ナシウリ」
どちらもうすい塩味と相まって、やわらかい食感です。
これが食卓にあったら暑い日でもごはんがすすみそう!
10.jpg
ドイツ瓜の種は1年しかもたないので、毎年種採りをしないといけないのだそうです。
それこそが「不断の努力」。
種を取り続けること、そして育てる人がいるからこそのごちそうです。

畑にはごまが花を咲かせていたり
5.jpg
 ↑これが ごまですよー 国内自給率0.1%にも満たない貴重な国産ごま! 

韓国のカボチャ リッチーナ 
ズッキーニより皮がやわらかいそうです。
2.jpg

小さいのはこんな色かたち、まさにズッキーニですね。
3.jpg


こんな花が咲きます
4.jpg


・・・・・・・
さて、一同は神戸市北区大沢町(「おおさわ」ではなく「おおぞう」と読みます)に移動して
「有馬山椒」の見学です。

11.jpg
関西で暮らしていると、山椒の粉はうなぎや、お味噌汁にふりかけたり
実は佃煮にしたものをよく食していて当たり前におもっていたのに、
岩手に佃煮をもっていったら「実を佃煮にして食べるの?」と珍しがられたことがありました。
あらためて関西の和食文化には浸透している食材の一つなのだなと。

そんな山椒、六甲山系に自生している中でも有馬温泉周辺で採れるものを「有馬山椒」と呼ぶそう。
この「有馬山椒」は今年4月には失われつつある地域固有の伝統食を守る国際的な登録制度「アルカ(味の箱舟)}に登録されたのだそうです。
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2017/03/20170303143102.html

市販のものにおされて消えつつあった有馬山椒を復活させようとプロジェクトを立ち上げて、
六甲山中で見つけた野生の木に接ぎ木をして、増やしているのだそうです。
そんな山椒の畑をみせていただいたのでした。

12.jpg


一般の山椒より、かんきつの香りが高い有馬山椒、葉をさわって香りをかぐと
ほお~本当に爽やかな香り!
しかしトゲトゲ!! バラのように枝はとげだらけ、それも鋭い。葉の裏にもあります。
それで収穫の際には気をつけないと「血だらけになる」のだそう~~~そんな収穫のめんどくささも
有馬山椒が消えて行った理由の一つなのだとか。

13.jpg
生産量が少なすぎてまだまだ流通にはでていないとのことですが、
有馬温泉にある川上商店さんで加工品を扱っているそうです。
 http://www.kawakami-shouten.co.jp/
花も実も、若葉も木の皮も香りのよい有馬山椒、これからが楽しみですね。


昼食は神付(かんづけ)ふるさと村の貸農園で。
14.jpg

おばあちゃん ではなく おばちゃんの、というところがなんかはまってしまった!
お弁当おいしかったです!
15.jpg

車で30分ほど移動して
最後の見学は西宮市船坂(ふなさか)
19.jpg
見とれていて写真をとりそこなってしまったのですが
だんだん畑や棚田のひろがるロケーションの素晴らしいところでした。
2年ごとに「船坂ビエンナーレ」が開催されているところ。
 http://funasaka-art.com/
船坂ビエンナーレのことは昨年のささやまアートフェスティバル会場で知り、気になっていたのです。
うわーこんな素敵な場所で開催されていたのですね。残念~次回は行きますっ、と心に誓ってしまうほどの、私にとっては心にひびいた場所でした。

ここにあるのが・・・・下の畑に写っています。わかります?
16.jpg
手前に少し黄色みを帯びたもしゃもしゃした野菜がそうです。
「船坂パセリ
かつてこの地域一帯はパセリ畑だったとい場所に、2畝だけ。

そして生産者も1軒だけの風前のともしびのパセリです。
17.jpg

今でこそハーブブームで色んなハーブが作られていて、食卓を彩っているけれど

1980年代あたりまで?は日本では「ハーブ」という言葉も定着していなかったし、
日本の食卓ではお皿にパセリをのせて、西洋の洒落た雰囲気を味わっていましたよね。
レストランでも欠かせなかったし(今でも欠かせないけれど)。
西宮という地域で育ったパセリは、神戸の西洋の食文化にもずいぶん貢献したはずです。
18.jpg
旬を過ぎていたので花盛りのパセリ畑でしたが
普段スーパーで見かけるパセリよりちりちりと葉がこまかく繊細な姿をしていました。

同じく船坂でかつてたくさん作られていた
「青味大根」
この野菜は2年前からは作られていなくて、今回の見学会のために
生産者の方が種をまいて育ててくださいました。
22.jpg

京野菜にルーツがあるという青味大根
直径1.5センチ×長さ25センチほどの細長い小さな大根です。
20.jpg

かつては小さいからこそ丸のまま食べたり、そのかわいさから
和食のあしらいなどで大事にされてきたそうです。
かつてはこの界隈で50軒の農家がつくっていたそうですが、
今ではその地位をラディッシュなど様々に出てきた小さな野菜たちにおされて
いよいよ作られなくなったそうです。
21.jpg
船坂は町に近いので阪神間への野菜の出荷にも便利そうだし、

なんといってもこのロケーションのすばらしさ、

なのですが、よく見れば休耕田も多く、
生産者は減り・・・というのがなんだか複雑な気持ちになりました。

最後におとずれたのは船坂里山学校
http://nishinomiya-style.jp/blog/2017/05/21/15594
ここもかつては地元の小学校が人口減少により閉校になり現在地域のコミュニティ活動に利用されています。
23.jpg


この教室で生産者の人から船坂出の野菜作りや、現在のことなどおはなしをきいたり
質疑応答の時間となりました。トマトごちそうさまでした!
青味大根を育てて下さいと参加者に種をわけていただきました。
船坂では途絶えてしまったけれど、この参加者のそれぞれのところで育っていくのか青味大根・・・
なんて想いを馳せてしまいました。
24.jpg
船坂からの帰り道は「さくらやまなみバス」にのって阪急夙川にでました。
乗車時間、わずか30分。甲山(かぶとやま)を越えるとこんな桃源郷みたいな
うつくしいところがあったなんて、何年、兵庫県民やってるんだ~と我ながら本当に大きな発見の一日でした。

そして
在来種の野菜たち、生産者の方たちと出会うことのできた貴重な1日でした。
あらためて種を取り続けていくこと、そして育てる人がいるからこその在来種の奥深さを感じながら

今回はそこに、都市化や流通、高齢化、食の変遷などのキーワードも入り混じってきました。
これから野菜は、食はどうなっていくのだろう・・・。

それぞれの場所で作り続ける人たちがいること、育っているものたちがいること
食べること、それを知ることはすばらしくて、大切だなあと思います。
そしてなにより「食べられること」に感謝、の一言につきます。

兵庫県の在来種をもっと知りたい方はこちらの本がおすすめです。
「つながっていく種と人 ひょうごの在来作物」
神戸新聞総合出版センター


1.jpg

夏の畑は暑くて、生産者の方は本当にもう毎日大変なのですが
いろんな野菜が生き生きしていて明るくて美しいなあとほれぼれながめてしまいます。

主催者のみなさま、案内いただいた生産者のみなさま
どうもありがとうございました。

コメント(6) 

コメント 6

かわはら

ゆきねこさん、こんにちは
大沢の有馬山椒初めて知りました。
大沢には、月2~3回行って畑のお仕事をしながら、少しだけ自然栽培について教えて頂いています。種の事も教えて貰いました。

夏の畑暑かったでしょう!!
作業していると、汗だくだくですがいいデトックスになります。
自分でも何か作れるようになるといいなと最近思っています。

在来種大切にしていきたいですね。
それから船坂、私も行ってみたいです。
by かわはら (2017-08-02 09:46) 

ゆきねこ

かわはらさま ありがとうございます
大沢におでかけになっておられるのですね。
暑かったです~~~。
かわはらさんも夏の畑満喫されているようですね。

大沢は私にとっては「はじめての兵庫」な場所で、
それも最初は「まるで大沢温泉と一緒の名前だ」
なんてわくわくしてしまったほどです。

船坂、ぜひいつかご一緒しましょう。
実はクーナの会「会長」に
「クーナ探しにぴったりの場所みつけました」と
連絡したところです。
なにかできるといいですね。



by ゆきねこ (2017-08-03 09:49) 

かわはら

ゆきねこさん、
船坂、是非ご一緒させて下さい(^^)/
クーナ探しもいいですね!

今週末は、一年ぶりの岩手花巻です。
4日間しか居れないのですが、楽しんできます。
でも出来る事なら、8月9月はずっと花巻に居たい(泣)


by かわはら (2017-08-08 13:01) 

ゆきねこ

かわはらさま ありがとうございます
船坂クーナ探しはクーナの会「会長」に相談したら乗り気でした!
また後日ご相談よろしくおねがいしますね。

私は丁度花巻から帰ってきたところです。
台風で帰宅できず、飛行機が2日続けて欠航で、
1日延泊してきました。
でもそのおかげで盛岡にもいくことができました。
大沢温泉はエアコンも扇風機も不要で涼しくて極楽ごくらく。
私も9月までずっと花巻で暮らしたい~~~。

かわはらさんも花巻で楽しんできて下さいね。
by ゆきねこ (2017-08-09 09:10) 

なおたろう

皆さまの熱意が伝わるレポートですね。さすがです!!写真もとってもきれいです。在来種大切にしていきたいですよね。遠野でも「早池峰菜」に力を入れていますよ。
by なおたろう (2017-08-12 21:18) 

ゆきねこ

なおたろうさま ありがとうございます
岩手にも在来種の野菜をそれぞれの地域で守っておられる方がたくさんいらっしゃいますよね。遠野にもいろいろありそうですね。
by ゆきねこ (2017-08-13 09:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント