So-net無料ブログ作成

11/26 在来さといもを食べる@兵庫 [野菜たち]

ひょうごの在来種保存会が
2017年11月26日(日)に神戸で「さといも」を食べる会を開催します。
ひょうごの在来のさといも5種の食べ比べ、という貴重な機会です。

保存会会員の方を先行で参加者を募集したのですがまだ参加できます。
ご縁あって私は調理のおてつだいをすることになったのでこのブログでも案内させていただきます。
関心ある方、ぜひご参加ください。

期日が短くてすみませんが
申し込み締め切りは【11月8日】です!
【追記 2017.11.15】
申し込みは締め切りました。ありがとうございました。
当日の様子は後日このブログでも報告させていただきますね。

ひょうごの在来種保存会 地域研究会
「在来サトイモを食べる会」のお知らせ

このたび保存会の在来作物普及の一環として
調査で多くの系統が見出された「さといも」を食べる会を下記により行います。
規模が小さいので阪神間を中心とした会員に呼びかけます。
なお、人数が消防法の関係で、講師、スタッフ含めて40名がMAXとなります。

            記

日時:2017年11月26日(日) 午後 13:00~16:30

場所:コミスタ神戸調理室
     神戸市生涯学習支援センター
     〒651-0076 神戸市中央区吾妻通4丁目1−6
      TEL:078-251-4731 FAX:078-251-4733
    http://www.kobe-spokyo.jp/comista/

内容:(1)ミニ講演 サトイモ在来品種の調理特性
       奈良県農業研究開発センター育種科 
       野菜栽培ユニット総括研究員 西本 登志 さん
    (2)生産者からの説明
    (3)サトイモ品種の調理と食べ比べ
    (4)試供品種名 田能芋(尼崎市)、
               矢問芋(川西市)、
               鹿塩芋(宝塚市)、
               姫路えびいも(姫路市)、
               八幡芋(神崎郡福崎町)

               その他、小野芋(豊岡市)、
                     いご芋(美方郡香美町)、
                     大門のさといも(西脇市)など 未定
  
   (5)アンケート調査(結果は「通信」で報告します)

参加費:1000円(会場費、食材費、資料代など含む。
            食べるだけでなく皮むきなど調理作業もして頂きます)

申し込み締め切り:11月8日 申し込みは締め切りました。

担当:ひょうごの在来種保存会  摂津・三田地区世話人 小林 保 さん
                               世話人 土井孝浩 さん
 

★ひょうごの在来種保存会の夏の見学会に参加した時の記事
「北摂・丹波の在来種をたずねる」は
こちら→http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-07-26

コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント