So-net無料ブログ作成

『酒場 学校の日々』 [本と雑貨とそれから雑記]

今日は少し前に読んだ本のご紹介
『酒場学校の日々』金井真紀 皓星社 2015年12月
  https://ja-jp.facebook.com/koseisha/posts/1286340548058526

詩人の草野心平さんが晩年、新宿ゴールデン街で開いた「酒場(バー)学校」。
この本は、心平さんが亡くなった後のお店での日々。
著者の金井さんがここで働きながら出会った人たちを綴っています。
12.jpg
心平さんは登場しないけれど、
個性的で心根のあたたかい(時に(とっても)熱い)人たちが集う
このお店じたいに心平さんの気配が宿っているなあと思いました。

心平さんを抜きにしても(失礼!)
著者の金井さんがこのお店で働くようになったきっかけや
そして2013年にお店が「閉校」になるまでのエピソードの数々は、
NHKのドラマ(かつての「銀河テレビ小説」「ドラマ人間模様」みたいな・・・みなさまご存知?)
を観ているような、なつかしいあの日の風景が行間から浮かんできました。
ちょっとわくわく、ちょっとほろりとさせらる本でした。

私にとっては
草野心平さんの食べ物に関する本はこのブログでも時折紹介してきましたが、
 『火の車板前帖』http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-06
 『口福無限』http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-06-09

この『酒場学校の日々』も、心平さんをとりまく人とたべものを知るこのとのできた1冊でした。
そして「あ~酒場学校に一度でかけてみたかった!」と思った読後感。


金井真紀さんの記事が2018年1月14日の毎日新聞・くらしナビのページにでていました
(今はもう4月・・・あいかわらずの更新の遅さでスミマセン)。
ご著書『パリの素敵なおじさん』(柏書房)の紹介とバー「酒場学校」について語っておられる内容。
13.jpg


バー「酒場学校」の看板は、現在は福島県の
いわき市立草野心平記念文学館 http://www.k-shimpei.jp/index.html
常設展示室にお店の外観を模した形で展示されています。
今度あの看板を観た時には、その向こうの人間模様が見えてくるかな。

いわき市立草野心平記念文学館
2018年度のスケジュールを拝見すると
http://www.k-shimpei.jp/pdf/2018.pdf
  7/7-8/26「宮沢賢治 -賢治の宇宙、心平の天ー」展
  9/1-9/30「賢治と心平の手紙」展示 
  10/7   「渡辺えりさん講演会」
  来年の1月以降は
      「草野天平」展(心平さんの弟が天平さん)      
       居酒屋「火の車」展 が開催予定

      どれも・・・気になります。全部参加したいけれど、むむうっ。悩みます。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント