So-net無料ブログ作成
本と雑貨とそれから雑記 ブログトップ
前の20件 | -

冬は体を休め心を遊ばせる季節 [本と雑貨とそれから雑記]

立春をすぎたとはいえ寒い日が続きますね。
季節はまだまだ冬です。
そんななかで今回のタイトル
「冬は体を休め心を遊ばせる季節」は
すこし前の記事「シコクビエの脱穀」で
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-01-22
ご紹介した雑穀の本2冊を読み返していて見つけました。

『雑穀の書』大谷ゆみこ 木楽舎
の中でみつけた一節で、そうだなあと思いました。
10.jpg
冬は静かです。
お漬物や乾物など冬に備えての保存食、
根菜などの冬野菜や雑穀などを料理して
体を温めるたべものをいただけば、
ほこほこぬくぬく ほっとひといきできる。

ほっとできるからこそ心は明るくなって、
読書や、創作、思索に心を飛ばすことができる。

冬の寒さは厳しいけれど、
だからこそ正反対のやわらかいものを教えてくれる季節かもしれないなあ。
だって 冬~ふゆ~
そういえば「ふ」も「ゆ」も、そのことばのひびきはやわらかいなあ。

まだまだ寒いけれど、雪も今年は特別多いけれど
そんなこと思っているうちだんだん季節は春に向かって
ゆっくりすすんでいるのです。

もう1冊の
『そだててあそぼうアワ・ヒエ・キビの絵本』農文協
11.jpg
こちらは雑穀の育て方を中心にわかりやすい1冊で、
裏表紙には昔の脱穀風景が描かれていて
まさにそれは「シコクビエの脱穀」風景と重なるのでした。

日々の生活は季節を問わずいそがしくあわただしいことばかりだけど、
ああ早く暖かくならないかな、なんて考えながら
ほこほこと冬の読書。

コメント(4) 
共通テーマ:blog

立春大吉 2018 [本と雑貨とそれから雑記]

昨日2月3日は節分 豆まきして、恵方巻もいただきました。
そして本日2月4日は立春 旧暦ではこれから春。
お正月、立春、そして旧暦のお正月(今年は2月16日)
心あらたにできるチャンスは3回もある。ピカピカね。

みなさまに今年もいいこといっぱいありますように
余寒お見舞い申し上げます

日の暮れる時間がだんだん遅くなってきましたね。
おひさまも2月になって明るくなってきたように思います。
けれども今年は寒さはますます本格的になるようで
関西では今週また雪の予報もでています。

余寒お見舞いに「犬っこ」
犬っこ.jpg
2月第2土曜日とその翌日に開催される
秋田県湯沢市の民俗行事「犬っこまつり」の小さな犬っこです。
 →犬っこまつり★
犬っこまつり、一度でかけてみたいなあ。
今年は戌年ですのできっと例年以上ににぎわうでしょうね!?
昨年おみやげにいただいたのですが、1年遅れてブログに登場
(その節はありがとうございました)。
後ろ姿もラブリー♡
犬っこ2.jpg
米粉でできた手のひらにのるサイズです。
約400年前の江戸時代に湯沢の殿様が盗賊を退治し、
その後、悪い人たちがこないようにこの犬っこを玄関先に置いたのがはじまりなのだそうです。
玄関で盗難よけのお仕事をするたのもしい「番犬」さんです。

丁度、昨年の今頃、私は風邪ひいていたのですが
今年はなんとか乗り切っています。
おたがい体に気をつけながらこの寒さ元気に乗り切りましょう。おーっ

コメント(0) 
共通テーマ:blog

給食「ナン」ですと! [本と雑貨とそれから雑記]

ひとつ前の記事「だし」の授業の日
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-02-01

川西市立北陵小学校の5年生の教室で給食をいただきました。
机がぐるっと輪になって、みんなの顔が見られます。
今日はパン給食の日です、と伺っていたのですが・・・・
本日の献立は
ナン、大豆入りキーマカレー、ジャーマンポテト、ヨーグルト、牛乳
・・・なんとなんと(とおやじギャグ)パンというのは「ナン」でした。
10.jpg

わ~はじめてです。給食でナン 
それも「学校給食用・兵庫県産地粉使用」ナンです。
11.jpg
その袋には、「兵庫県産地粉を使用し、本場インドと同じ製法(直接手伸ばし・高温・短時間)一枚ずつ丁寧に焼き上げました。この商品は、生地を発酵させ一枚ずつ手で成形し、焼成しますので形、長さ、大きさが一枚ずつ異なります」と書いてあり、塩はシママース、油はなたね油を使用しているのです。
テンションがあがってしまった。

こんな私とは反対に5年生のみなさんは、慣れた風にナンを味わっています。
そもそも私、「ナン」をはじめてたべたのは高校生のときだったかな???
20代になって大阪・梅田にナンがおいしいインドカレーやさんがあり、
しばらく昼食にそのお店ばかり通っていた時期がありました。
小学校の給食ででてきたことはありませんでした。時代の変遷を感じるなあ。
14.jpg
キーマカレーもやさしい辛さ(甘さ)でナンにつけながらいただきました。
ヨーグルトは、なんと(しつこい)白ばら牛乳で有名な鳥取・大山乳業の白ばらヨーグルト。
インド風ランチな、メニュー構成に感激。
13.jpg
隣の席の男子が読書家でした。今読んでいる本のことたずねたら
バックから3冊でてきました。同時並行してい読んでいるのだと。
写真撮らせてとお願いしたら、この2冊はおすすめということで2冊。
15.jpg
ほかにも東野圭吾と池井戸潤の作品がおすすめと教えてくれました。
5年生でこの読書量、すごいなあ。読書楽しいよね、私もがんばります。

そうして給食いただきながら思い出したのがこの1さつ
『手で食べる?』森枝卓士 文・写真 福音館書店
http://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=960
写真の本はたくさんのふしぎ1998年5月号ですが現在は単行本で出ています。
13.jpg
子どもたちがいろいろなたべものをいろいろなたべかたで味わってみて
その理由を考えてている絵本です。
この本の中でインド料理を手でたべてみるページに
ほんのちょっとですがナンがでてきます。それがまたおいしそうなナンなのです。

今回の献立は「給食から世界か見える」でした。
インドやアジアの食文化のこと、食べ方のこと、スパイスのこと(味やブレンド、歴史など)も
このメニューからなら考えることができそう。そんな授業ができたらきっと楽しいね。
12.jpg
ごちそうさまでした。
5年生のみなさんどうもありがとうございました!



コメント(2) 
共通テーマ:blog

「だし」の授業 [本と雑貨とそれから雑記]

昨年12月に賢治と岩手の授業で訪問させていただいた
川西市立北陵小学校
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-12-14


2018年1月31日に5年生を対象に開催された「だし」の授業を見学させていただきました。
実は一昨年は予定が合わず、昨年は雪ででかけられず・・・今年実現!感謝。

講師は日本料理アカデミー会員、Arai foodプランニング・荒井康士さん
1.jpg

荒井先生のおはなしは、
生徒のみなさんが今朝たべてきた朝ごはん、昨夜の晩ごはんの話題からはじまり
和食がどうして2013年にユネスコの無形文化遺産に選ばれたのか
そして和食の「だし」とは・・・だんだんと和食の奥深い世界に分け入っていきます。
2.jpg

荒井先生が実際に生徒のみなさんの目の前で「だし」をひきます。
教室中がいい香り。
5.jpg
使用する昆布とかつおは京都の料亭で使われているレベル(それ以上かも)の高級食材です。
昆布だけ、かつお節が加わり、塩としょうゆが少し加わり・・・それぞれ味見をしながら
味の変わっていく様子を、一人ひとりがじっさいに確認しました。

後半は実習。だしをひいて、おすましをつくります。
7.jpg
野菜は荒井先生が畑で作った京野菜。これもまた贅沢。

みんな真剣。黄金だしできたよ。
3.jpg


気分は板前さん!?
4.jpg
和食、「だし」って私たち日本の食生活になくてはならないもの、のはずなのに
正直なところ、それはもう当たり前ではありません。
日々の食卓の中で、大人も子どもも「だし」の味を「きちんと」味わっている人は少ないのが現状です。
食を知るには食べることだけど、そんな意味では「食べる力」が乏しくなってしまった昨今。それはどうして?和食に限ったことではないかもしれませんが。

だからこそ小学生の内に「だし」を知り、味わい、気付く体験は、これから先の一人ひとりの「食べる力」になっていくのではないかなと、「食べる力」は「生きる力」だぞ、と。
そんなことを思いながら見学させていただいた「だし」の授業でした。
6.jpg
荒井先生、林先生 どうもありがとうございました。

授業の様子は北陵小学校のHPでも紹介されています
こちら→★


コメント(0) 
共通テーマ:blog

赤銅色のブルームーン見られるかな? [本と雑貨とそれから雑記]

2017年1月31日
1月ラスト、お正月はついこの前だったはずなのに・・・。

今夜は今年2度目の満月

1度目は1月2日で今年最大の満月スーパームーンだったの覚えていますか?
ひと月に2度満月があるとき、2度目の満月は「ブルームーン」といいます。
ブルーっていうのは青いわけではなくて
英語の言い回しの「珍しい」という意味からきているそうです。
  で、今夜はそのブルームーンの満月です。
  で、今年2番目に大きな満月です。
  で、皆既月食。夜9時前からかけ始め10時過ぎには赤い月。
    この赤い月、ブラッドムーンともいうそう。
    でも私は赤銅色という日本語の表現が好きです。

日本列島曇り空の予報ですが、我が家からはうっすら雲の間から銀色の満月見えてます。
これから雲が厚くなりそう・・・見られるといいですね。

こんな今日のおつきさまのこといろいろおしえてもらったのは
『月のこよみ 2018』誠文堂新光社
12.jpg
ブルームーン、皆既月食、1月のこよみ・・・今日はコラムの頁が多くて楽しい。
2013年から読み始め、すっかり愛読書(今年もありがとうございました)。

2018年度版も私の同じ名前(漢字は違うけど)の方がデザインされていて喜ぶ。
一昨年の記事→http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2016-02-07

(あ、昨年は記事にしていなかった~~でもちゃんと読んでいましたよ)



コメント(0) 
共通テーマ:blog

『神様が宿る家の清め方』 [本と雑貨とそれから雑記]

朝から寒いなあと思っていたら、午後から雪が降ってきました。
我が町で初雪です! 木の葉や車の上にうっすら積もって
日が暮れてもぼおっとあたりが白い世界になりました。

清めるというキーワードが今日にぴったりなんて思ったのが
『神様が宿る家の清め方』
監修・神田明神 大和書房 2017年12月刊
 詳細はこちら→http://www.daiwashobo.co.jp/book/b329693.html
2.jpg
昨夏「いいおてんき」
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-07-03
で絵を担当して下さった
井上文香さんがイラストを担当された新刊本です。
イラスト満載。この点数すごいなあ。
 井上文香さんのHPはこちら→http://fumikas.net/

この本のサブタイトルが「掃き清める新しい暮らし」
お掃除すればするほど、すっきりいいことありそうな。
なかなか実行できないけれど(なんでも布をかぶせるタイプ)、
今年は「できる範囲で」(ここ大切)こつこつがんばろう。
巻末の歳時記もたのしいです。
あらためて日々の暮らしの大切さを思います。
神田明神さんにも一度でかけてみたい。

もう1冊 井上文香さんの絵が見られるのは
「地上」2018年1月号 家の光協会
  →http://www.ienohikari.net/press/chijo/backnumber/001738.php
10.jpg
この号に掲載 第65回地上文学賞受賞作品
「山の万国旗」長野和夫さんの絵を担当されています。
 郵便局局員の目を通してその土地でくらす人の交流が描かれたおはなしからは
 郵便バイクの音が心地よく聞こえてくるようでした。
11.jpg
農業に関する雑誌「地上」
ほかのページも気になるよみものたくさんで
今よんでいます。文香さんありがとうございます♪
 

コメント(4) 
共通テーマ:blog

2018年1月17日 [本と雑貨とそれから雑記]

阪神淡路大震災から23年目

今年の1月17日は新月、そして一日この時期にしてはあたたかい雨がふっていました。

23年というのはほぼ干支が二周り。
神戸では震災を経験した人は全体の3分の1程度になってきたとか。
自分自身はいつまでも「ついこの前のこと」の感覚のところと、
23年たってしまったのか、とがまぜこぜです。
とにかくこうしてブログという媒体で記事を書いているとは
当時はおもいもよらなかったなあ。
家族、親戚、友人知人とこうしてやりとりできる毎日がありがたいです。

東京オリンピック開催予定の2020年は25年目をむかえている。
そのときは四半世紀。だけどきっといろんなことがあいかわらずだろうなあ。
(あと2年後なんてあっというま)

阪神淡路大震災を知っている世代と知らない世代がこの先どうやって交わっていくのか
こういうことは震災・災害関していつも議論がされていくことですが、
飢饉や天変地異を乗り越えてきた「先人の知恵」を知ることや
今生きている人が「想像力」をはたらかすことこそが備えなのでしょう。

「備えあれば憂いなし」大切なことです。


今年は「伝」ということばを震災関連の映像や活字でよくみました。
震災に限らず、9条のこと、そのほか今の世の中のいろいろなことにもつながりますね。


2008年の花巻駅前で見た彩雲の写真をどうぞ・・・
saiun.jpg
今回はとても私的なつぶやきでした。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年 あけましておめでとうございます [本と雑貨とそれから雑記]


2018年 戊戌(つちのえ いぬ)
あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします

戌年のご挨拶にまずは犬の本のご紹介から。

『犬ものがたり』 中根榮・著  昭和5(1930)年・発行
8.jpg
ヨーロッパで出会った犬たちの見聞録とシェパードについてかかれた1冊です。

犬好きだった祖父の本棚から、父を経て今は私の本棚にいる88歳の「番犬」です。
年末に本棚の奥からでてきたのです「来年は戌年だよ~」といわんばかりに。
表紙の頁に祖父が捺した蔵書印をみつけました。
9.jpg
皆さまにとってワンダフルな1年となりますように♪

ところで昨日1月2日は満月でした。今年1番大きな満月。ご覧になりましたか?
明るくて、影踏みできそうでした。そしてなんとな~くいつもより大きく見えました。
次の満月は1月31日。1か月に2度目の満月はブルームーンと呼ぶそうです。
これは2015年7月以来の久々ブルームーンです。
さらに皆既月食だそうで、皆既中に晴れていたら赤いお月さまがみられるかも。

今年は3月31日に今年2度目のブルームーンも見られます。
お月さま大忙しの年です。いいこといっぱいありそうですね♪

コメント(8) 
共通テーマ:blog

2017年もどうもありがとうございました [本と雑貨とそれから雑記]

2017年大みそかです。
1年早かったなあ、いろいろあったけれど
こうやってブログをかいている今この時間ありがたいです。
やっぱりよくがんばった。みなさまもそうですよね。
うん、そうだ、そうです。お疲れさまでした。

今年は
 福島県いわき市の草野心平記念文学館によんでいただいたり
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-05-27
「いいおてんき」を出すことができたり
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-07-03
岩手県の希望郷いわて文化大使に選んでいただいたり
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-08-13
継続的に今年も小学6年生のところで賢治と岩手のおはなしをさせていただくことができたり
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-12-14 

そしてそのほかいろいろありがたい経験をたくさんさせていただいた1年でした。
それもこれも、一人ではなにもできないことばかり。
たくさんの方にお世話になって見ることができた景色ばかり。
ありがとうございました。

その反面、風邪を3度もひいたり、偏頭痛で寝込んだり、腰痛にはなるし
10年ぶりに歯医者さんにいったりと
元気なんだけれど、「あかんな~」と反省することも多かったです。
来年はもうすこし体のメンテナンスにも努めたいと思います。
そして元気にがんばります。

今年1番おもしろうれしかったこと!
それは上野のパンダの赤ちゃんの名付け親5161人のうちの一人になれたこと♪
インターネットで申し込みだったのと
1000名だけ抽選のお祝いプレゼントにも外れてしまったので
何の証拠もないのですけどね・・・おそらく私も含めて4161人の方がおそらくそうですね!?

実は、決定した名前は漢字では「香香」なんですが、

私はお母さんの名前が「シンシン」なのと
上野の「上」と、すくすく上向きに育ってねと願いを込めて
「上上~シャンシャン」にしたんです。

でも応募はカタカナ名のみだったので「シャンシャン」と書いて送ったのでした。
するとお見事!!!
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=ueno&link_num=24415


その日からときどき上野動物園の
ホームページでシャンシャンの動画を見てはウキウキするようになってしまった(笑)
関西には神戸にも白浜にもパンダさんいるんだけどね。

ずいぶん前にYさんから北京のおみやげにいただいた
パンダ模様の剪紙がでてきたのでこれを2017年のしめくくりに。
5.jpg
なんだかめでたい感じでしょ。

2017年もこのブログにご訪問いただきましてありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

そんなこと言われても!? [本と雑貨とそれから雑記]

9月の花巻でみんなでわいわいおしゃべりするなかで
「ああこれが今なんだ」と思った話題が
8月と9月に、日本の「ほぼ」東半分に鳴り渡った「Jアラート」のことでした。
関西ではアラートは鳴らなかったけれど、
テレビの画面が一瞬のうちに文字ばかりの静止画面に切り替わり、
「えらいことになった」のくうきが、さーっと流れました。

岩手、福島、北海道のお友達同士で「あのときどうした?」という会話。
「逃げてって言われてもねえ」
「電車が止まったから職場に遅れたのよ」
「どきっとした」云々、うんぬん・・・
森のみみずくさんのブログにも同じような話題がでていましたよね。
(リンクさせていただきます)
https://ameblo.jp/mimizuku-cafe/entry-12305726341.html

関西で暮らす私はただみんなの会話を聴いているしかありませんでした。

「こんなメールが来たんだよ」とみせてくれました。
8月29日
20.jpg

9月15日
21.jpg
緊急事態なのはわかるけれど、伝えるって難しいですね。
どこに逃げたらいいのか、
煽られてる感じさえする・・・そう思う私は平和ボケ?でしょうか。 

地震や台風などの自然災害とはちがって
国と国、人間世界の騒ぎ事。
もうこれ以上、こんなの読みたくないし、聴きたくないし、友達どうしで話したくはないなあ。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

『蜜蜂と遠雷』と「春と修羅」 [本と雑貨とそれから雑記]


本屋大賞 直木賞 W受賞の作品で気にはなっていたのです。
でも1ページ2段組みで500p以上の大作だしなあ。
横目でちらっと見ていたら、
兎座さんが「春と修羅」でてくるよといって貸してくれました。
1.jpg
『蜜蜂と遠雷』
恩田 陸  幻冬舎  2016年9月発行

ページを開いてみれば、おもしろくてお盆期間中に読了。
 ・・・兎座さん http://uzasanpo.blog.so-net.ne.jp/ ありがとう!

ピアノコンクールが舞台の物語です。
ピアノといえばしばらく前に読んだ『羊と鋼の森』が、行間から繊細で美しいピアノの音色が聞こえてきた1冊でした。
『蜜蜂と遠雷』もピアノが影の主人公です。そして、『羊と・・・』とはまた違った音色が聞こえてきます(そりゃそうか)。
登場人物の奏者それぞれがいろんなテンションでピアノと向き合い奏でています。
その「奏でている」音色の違いが、活字で感じられたのがおもしろかった(そして凄い!)。
2.jpg
読み進んでいくと、登場人物それぞれに「がんばって」と応援したくなりました。
そして、きづけば私もコンサート会場に座っていました。
ちなみにここで私のいう音楽は、具体的に「これ」というのではなくて、
なんか頭の中で「こんな感じだろうなあ」という心地よいものが流れてくる、そんな感じなことです(わかる?)。

コンクールで使用する曲名、作曲者名も本の中に詳しく書かれています。
「1曲を除いて」すべて実在のクラシック曲です。
  ・・・この本に登場する音楽を集めたCDもでているとか?

「1曲」だけ「この作品の中でしか聴けない」曲があるんです。
作品中のコンクールために作中の人物・菱沼忠明氏が作曲した作品「春と修羅」。
物語はコンクールの奏者それぞれが、
宮沢賢治のエピソードや、「春と修羅」に描かれたものを想い、賢治がそこに込めたものは何だろうかと理解しようとしながら菱沼氏作曲の「春と修羅」に向き合っていきます。

ちなみにこれが宮沢賢治の『心象スケッチ 春と修羅』 
これは私が持ってる復刻版 さわりすぎてちょっとボロボロ
3.jpg

『春と修羅』(書名)そして「春と修羅」(作品名)といえば
私はこの8月に花巻で夏季セミナー「シン・ゴジラ」と春と修羅の講演を聞いて
現代の「修羅」について色々考えをめぐらせていたところ。
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-08-06

さらに「もし私だったら」と思い同時に頭の中で流れ出したのは、
一昨年、花巻・イーハトーブ館で聞いた舘野泉さんのコンサートでのピアノの音色でした。
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-07-07

『蜜蜂の遠雷』の行間を追っていくと「きっとこんな感じなんだろうなあ」とイメージが頭の中で流れだす菱沼作品「春と修羅」。
 ・・・・ついついそれは賢治が書いた「永訣の朝」の「天井のアイスクリーム」と同じ、決してこの世では味わえないもの、などと想いを馳せてしまいますが、この物語の中でしか聴くことのできないと思うほど「ほんたうの」オーケストラで聴いてみたくなります。

思いがけないところで「春と修羅」をたのしめました。
恩田陸さんも宮沢賢治ファンなのでしょうか? だったらうれしいなあ。

そしてこの記事を更新している本日2017年8月27日は宮沢賢治さん121歳のお誕生日!
おめでとうございます♪




コメント(0) 
共通テーマ:blog

心平さんの胃袋探訪 ご参加ありがとうございました [本と雑貨とそれから雑記]

更新が遅れております。反省・・・

このひとつ前の記事でご案内させていただいた
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-05-02

いわき市立草野心平記念文学館での
2017年度春の企画展「草野心平の詩 料理編」にあわせて
5月21日「心平さんの胃袋探訪 ~創作料理の試食と解説~」を開催しました。
spring.jpg
ご参加の皆さまありがとうございました。
14年ぶりにお会いする方もいてとてもありがたかったです。

準備もあって開催2日前にいわき入りしました。
いわきいいところです。これはまた後日の記事で。
3日間晴天に恵まれ、21日当日の福島の天気予報は気温35度
いわきでも32度くらいありました。
関西より暑い、でも湿度が低いのか、さらりときもちのいい空気でした。

会場の草野心平記念文学館です。
高台にある記念館は、敷地がひろすぎて画面に収まりきれません。
こちら入口
1.jpg
こちら玄関付近
2.jpg
4年ぶりの来訪です。
→4年前 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-06
おはなしさせていただくのは14年ぶり!
→14年前 企画展「火の車展」にあわせておはなしさせていただきました。
       2003年1月「草野心平と宮澤賢治のメニュー」


14年前との違いは、その間、調理師学校で調理師の免許をもらったことをはじめ、
少しお料理に詳しくなっていわきに帰ってこられたこと、でしょうか!?
3.jpg


それで今回は「試食」に力を入れることができたかなと思っています。
5.jpg
前半は企画展の展示に合わせて

(1)心平さんのお店探訪(焼鳥屋「いわき」、居酒屋「火の車」、酒場(バア)「学校」)と、

(2)心平さんが著した食べ物・料理に関する本のなかから「わが酒菜の歌」のこと、
(3)そして今回のチラシにも大きく書かれている心平さんの「食愛による発明」のことなど。
・・・いつも思いますが、お話しすること、伝えることは難しいですね。
  説明不足多々。反省。

後半は「試食」です。
「心平さんの口福弁当」と言うテーマで

上記3つのテーマからそれぞれ心平さんが残しているレシピを基に
少々アレンジを含めたものを入れて17品つくりました。
7.jpg
もちろん私一人では作れません。
記念館の渡邊さん、松本さん、小野さん、かつさん、市川さん、スピカさん
事前の準備や、早朝からのお手伝い本当にありがとうございました。
そして召し上がって下さった参加者の皆さまありがとうございました。

試食タイム!
6.jpg
今回作ったのは、心平さんの残したレシピのほんの一部です。
心平レシピの数は膨大で、料理名も材料、調理法もユニークなものがいっぱいです。

しかし酒の肴や、ご本人が好きだった「生」のものが多いので、
お弁当にするおかずを選ぶのには少し悩みました。
まだまだ作りたいものはたくさんあります。心平さんレシピ、これはこれからの楽しい課題です。

参加者のみなさんと味わった心平さんメニュー

4.jpg

えびの尻っぽをアレンジして中国のえびせんべい
10.jpg

とり皮をアレンジして、鶏もも肉とシイタケとねぎを炒めたもの
11.jpg

花のサンドウイッチ   心平さんは色んな花を愛で、食べてもいるんですよ。
8.jpg

★当日の様子は福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNetでも
取材いただきました。
「詩人・草野心平の『美味』食す 再現料理、独特な食世界を堪能」

お料理それぞれの詳しい説明は次の記事で
・・・つづく・・・

コメント(0) 
共通テーマ:blog

5/21 心平さんの胃袋探訪@福島県いわき市 [本と雑貨とそれから雑記]

新緑の5月、我が家の周りではツツジが咲き始めました。
久々にブログを更新しようと思ったら編集記事の画面がリニューアルされている
慣れないので記事を書くのに時間がかかります~


さてさて・・・・催しもののおしらせをさせていただきます
福島県いわき市は、詩人の草野心平さんのふるさとです。
そのいわきで心平さんの作品世界を料理と言う視点でながめる企画展が
草野心平記念文学館 http://k-shimpei.jp/ で
2017年4月15日から6月18日まで開催されます。
宮澤賢治とのつながりもある心平さんは、食にも大変こだわりのある人でした。

★5月3日付の朝日新聞でも紹介されました
 「草野心平の足跡 料理から知る企画展6月まで」
 → http://www.asahi.com/articles/ASK4X5195K4XUGTB00L.html

いわき市立草野心平記念文学館春の企画展
「草野心平の詩 料理編」
2017年4月15日ー6月18日(日)まで 
spring.jpg
心平の作品世界を料理という視点で展観し、料理にちなんだ詩、随筆をはじめ、彼が選んだ食材、独特の料理法などを紹介します。「元来が。/愛による。/発明。」という詩人の料理への思いをとおして、等身大の魅力にふれます。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

この企画展の期間中の5月21日(日)に「心平さんの胃袋探訪」と称して、
お料理とおはなしをさせていただくことになりました。
心平さんが居酒屋「火の車」をしていたときの居酒屋メニューや、 著書の中で紹介した
心平さん考案の「心平レシピ」を再現し その試食をしながらお話をする会です。
spring-r-1.jpg
心平さんのレシピってネーミングもさることながら「早い、うまい、安い」のユニークで工夫をこらしたものが多いのです。
そんなユニークでたのしいところを中心に再現したりお話しする予定です。
メニューは只今、学芸員の方と相談中です。がんばってつくりますよ!
「おもしろいなあ、おいしいなあ」って参加者みんなで心平メニューに舌鼓を打ちたいと思います。

いわきの方、この時期いわきにいらっしゃる方、旅をされている方
心平ファンのみなみなさま、ぜひご参加ください。

【要申し込み】です。ご参加お待ちしています!
「心平さんの胃袋探訪 〜創作料理の試食と解説〜」
日 時  2017年5月21日(日)11時〜13時
講 師  料理研究家 中野由貴
会 場  文学館小講堂
定 員  先着50名 参加 
参加料  500円 
申し込み方法 いわき市立草野心平記念文学館まで
         電話0246(83)0005
         FAX 0246(83)2939
         E-mail info@k-shimpei.jpのいずれかで、「胃袋探訪係」まで。
         お名前、電話番号をお知らせください。


そのほか会期中には様々な催しも企画されています。
★詳細は 草野心平記念文学館のHP→ http://k-shimpei.jp/

いわき市立草野心平記念文学館 
  〒979−3122 福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
  TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939  E-mail info@k-shimpei.jp


コメント(2) 
共通テーマ:blog

新年おめでとう [本と雑貨とそれから雑記]

本日2017年1月28日は旧暦のお正月 1月1日

今年は全国的に雪も多く、寒い寒い日が続いていますが、
節分のころから日差しがちょっと明るくなってくるので、
旧暦のお正月のほうが新しい年がやってきた感じがします。
初春っていいますしね。
でもとくにお正月のお祝いなどはしていませんが。

昨年末に出かけた神戸の生田神社の奉納絵馬
1.jpg
新しい年が来たー♪と、明るい気分になる絵馬だなあと思いました。

こちら解説。
2.jpg
けっこーけっこー

私はと言えば、おとついの夜に急な腹痛でびっくり。
カケコーならぬ、腸がグルグルキューと鳴り・・・。
お医者さんに行ったら「ウィルス性胃腸炎です。今、流行っているのですよ」
と、さらりと診断されました。

原因はなんだったのか??? 情けないなあ。
でもおかげさまで薬がぴたっと効きました。グルグルキューでお腹が痛くなったときは、
お医者さんへ行くのが一番です。
ちょっと大変だったけど、なんだかんだでお正月太り改善、
新年に向けて闇の邪気を払うデトックスだったのだ(とかなり前向きな意見・・・)。

なにはともあれ、健康一番。
旧暦でも新しい年が始まりました。
みなさまもどうぞこの季節、じゅうぶんに栄養取ってお元気にお過ごしくださいね。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

酉年の、かんたんお料理 [本と雑貨とそれから雑記]

たまごかけごはん
時々食べたくなるんです。

作ったのは年末なんですが、
そうだ、2017年は酉年だ、鶏=卵というわけで
こんなたまごかけごはんをつくってみました。

★ふわふわたまごかけごはん  調理時間:約10分
1.jpg
【材料】 1人分
 卵  1個
 あたたかごはん お茶碗一杯分
 しょうゆ、海苔 各適量

【作り方】
(1)卵を割って黄身と白身に分け、白身を角が立ちふわふわになるまで泡だてます。
(2)ごはんをどんぶりに盛り、泡だてた白身をのせます。
(3)(2)の真ん中に黄身をのせ、しょうゆをまわしかけ、海苔をのせて出来上がり。
  全体をよく混ぜてお召し上がりください♪

 ・白身を泡だてる器(ボールなど)は、乾いたものを。
  水分がついていると泡立ちにくいです。 
 ・しょうゆは、先にごはんにまわしかけてもOK!
 
卵を黄身と白身に分けるところと
泡だてるのがめんどくさいな~~とおっしゃる方もいるかもしれませんが、
めんどくさい、の先に美味な世界が待っている!
このひと手間をがんばってみてください。

ごはんがふわふわ~、とろろ飯よりも軽い食感です。
2.jpg
おかわりご用心(大きなお世話だけど)!!

 


コメント(4) 
共通テーマ:blog

今年もよろしくお願いします 2017年 [本と雑貨とそれから雑記]

2017年 丁酉(ひのととり)
あけましておめでとうございます

2017年を迎えた瞬間、
今年は神戸港からたくさんの汽笛の音が聞こえてきました。
わたしにとっては小さい時から
除夜の鐘より、この汽笛が新しい年がやってくる音なんです。
ここ数年あまり聞こえてこなくてさみしかったぶん、まとめて聞こえてきた感じ。
なんだかうれしい幕開けです。

旧年中はこのブログにご訪問いただきましてありがとうございました
いつもコメントをいただいたり、「見てるよー」という一言で続けることができています。
今年も身の回りで見つけたり感じた「おいしいもの」を書いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

酉年なので卵料理のおいしいもの
このブログでもしばしば登場している
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2016-06-07
岩手県花巻市のマルカンデパート展望台食堂のオムライス。
マルカン オムライス.jpg

こちらはちょっと豪華なオムハヤシ
マルカン オムハヤシ.jpg
惜しくも昨年6月閉店したマルカンデパートですが、
今年2月に1階部分と、6階のこの食堂が
クラウドファウンディングなどマルカンを応援する人たちの力で再会するということです。
マルカンファンの一人として ♪こいつは春から~~♪ な、うれしいニュースでした。
今年も岩手に行くぞー。

 ★★★ みなさまにとって この2017年が
      うれしいニュースでいっぱいの
      素晴らしい1年となりますように★★★

ブログ更新はあいかわらずのぼちぼちリズムですが
自分にできることを力尽きずに、精一杯がんばっていきます。
本年もどうぞよろしくおねがいいたします!


コメント(8) 
共通テーマ:blog

エキストラ フォーエバー? [本と雑貨とそれから雑記]

ここ数日たてつづけに関東~北海道を通り抜けて行った台風。
みなさまのところは大丈夫でしょうか。
この間も、関西は猛暑日が続いておりました。
今日(23日)は処暑。これから暑さが収まるって本当かな?
と毎年の今日、つぶやいている。でもね、秋はちゃんとやってくる。

さて・・・・・・・・・・
先日の同窓会でいただいたチラシ

劇団ヴァダー旗揚げ20周年記念公演
「EXTRA FOREVER?」
作・演出の瀬戸際アキさんは同窓生だったのでした!

2016年11月4日(金)~6日(日)
会場 神戸アートビレッジセンター
1.jpg

同窓会でこのようなおしらせをいただけるのはうれしいですね。
11月がたのしみだ。 
2.jpg

劇団ヴァダー、公演の詳細は以下をご覧ください
HP http://homepage2.nifty.com/vada/
FB https://ja-jp.facebook.com/vada.kobe/


コメント(2) 
共通テーマ:blog

地元の [本と雑貨とそれから雑記]

お盆です。
そして終戦記念日の本日は、平和のため、未来のために
ちょっと心を落ち着けて、昔のことと、今のことに目を向けたいものですね。

毎年この時期は、電車も道路も空いていて空気がゆっくりしている感じ。
ですが、今年はオリンピックにSMAP解散ニュース、
そして私は高校卒業以来初めての同窓会に昨日でかけて大興奮。
なんともせわしい、今年のお盆。みなさまはいかがですか?

お盆の棚に飾っています。このビールたち。
キリンビールの全国ご当地ビールです。
1.jpg
43都道府県をテーマに今春から秋にかけて順次発売されているそうですが、
先日でかけた岩手と仙台でみつけ、神戸のもみつけました。

各地のビール工場の工場長や支店長のメッセージは
なんとなく文体が似ていて、ひな型があるような気配は感じますが!?
読み比べるのも楽しいです。
2.jpg
ビール作りもそれぞれの地元の食材にあわせていたり、
地元で採れる原料をできるだけ使っています。

 神戸づくりは兵庫県産山田錦使用
 仙台づくりは東北産ホップと宮城県産ササニシキ使用
 岩手づくりは岩手県産ホップを使用

メッセージと一緒に描かれているのは
神戸 みなと神戸の風景
3.jpg

仙台 仙台七夕まつりの飾り
6.jpg

岩手 岩手山と高松の池(盛岡の風景)
4.jpg

のみごごちは
神戸は香りがいい感じ、
岩手はすっきりした感じでした。
仙台はまだ。それぞれ味や香りが違うので、
「みんなちがって、みんないい」というどこかで聞いたフレーズが頭に浮かんでくる
そんな楽しいビールです。

キリンのHPから43都道府県のそれぞれのビールの紹介とCMがみられます。
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/ji/is_47/
嵐のメンバーがそれぞれの地域のビールを紹介しています。
岩手は二宮さん、仙台は桜井さん、神戸は大野さんでした。

すでにキリンさんの戦略にズコっと呑みこまれてしまっている私ですが、
缶の文やデザイン、そして中身も地元愛を感じられて
こういった地元テーマものは楽しいですね。
きっと全国制覇の方もいらっしゃるのでは。
私は関西と東北のビールはそろえて、飲み比べてみたいなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の同窓会も、そういえば、これもまた地元愛。
地元に暮らす人も、関東など各地から帰って来た人も入り混じり、
大集合の123名、先生は5名の参加。
同じ時代に高校生活という同じ時間を過ごした人たちと、
こうして数十年後に再会できることは、文字通り「有り難い」ことですね。
  ・・・あと数年すると、生徒と先生の違いがわからなくなりそうだ!?

8.jpg
幼稚園や小学校からお友達だった人とも再会しましたが、
あ、○○ちゃん、誰だかわかる。
だれもみんな、顔つきや表情や雰囲気などなど
歳を重ねても「その人」っていう、基本の良い部分は変わらない。
こういうのを「三つ子の魂百まで」って言うのだろうか。

あの頃は、童話や絵本や、岩手、宮沢賢治、お料理も
気が付いていなかったなあ
  ~落語は楽しんでいたけれど。
  →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-12-01

振り返ることで、生きてきた確認をして、
それでまたこれからも、と未来に思いを馳せられるから
時々こんな時間は、大切なことなのかもしれない。
ふとそんなことを思った、私にとって初めての同窓会
7.jpg
次回は10年後?
幹事のみなさんは2年半前から準備をしてくださっていたとのこと。
ほんとうにお疲れさまでした! 楽しい1日~ありがとうございました。

こんなのみつけちゃた!まーやさんありがとう。
その1 https://www.youtube.com/watch?v=Tpc7-PZAibE
その2 https://www.youtube.com/watch?v=0i4h87S-Lm0

やっぱりお盆は昔と今、そして地元が交差する頃なのです。


コメント(6) 
共通テーマ:blog

神戸と東北 桜と虹と [本と雑貨とそれから雑記]

2016年2月28日
アトリエ太陽の子 第6回防災・造形絵画展覧会へ
会場は神戸市立灘区民ホールです。
1.jpg
主宰の中嶋洋子先生は、私のかつての職場で知り合い、当時は受付で挨拶をするくらいのおつきあいだったのですが、その後や東北のことでおはなしをさせていただいたり、展覧会を見せていただくようになりました。ご縁に感謝。
 昨年は1.17の神戸で
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-01-18

9.jpg
10.jpg

中嶋先生のアトリエでは阪神淡路大震災で亡くなった生徒さんもおられ、この20年間、震災からの教訓を「命の授業」というテーマで生徒さんたちとアートを通して伝えてこられました。また、東日本大震災以降は、さらにその想いを持って東北へ。地元の子どもや大人のみなさんたちとの交流を、命の一本桜プロジェクトなどのアートを通して続けておられます。
6.jpg
みんなで絵を描くことで「命があるのが当たり前ではない」というメッセージを育んで、この5年間で訪問した東北の学校は56校を超えましたとのこと。中嶋先生の活動はいつもパワフル。そして周りの人が笑顔になったり励まされたりしています。
4.jpg 5.jpg

会場はアトリエの生徒さんとお母さん、お父さんでいっぱい。
2.jpg

生徒のみなさんが描いた、防災ポスターや、震災がテーマの絵など力作が展示されてました。
3.jpg
防災アートカルタは、段ボールや綿やセロハンなどを使って立体3Dになっていて、
近くで見ると、工夫された様子がとてもおもしろかったです。

10時半からの『東北に希望の春を! 命の一本桜プロジェクト』の会場には
東北の小学生のみなさんが描いた8mの大きな桜の絵。
7.jpg
ここにアトリエの生徒100人のみなさんが、
自分を描いた作品を貼りつけ、神戸の子供たちと桜と虹の一つの作品が出来上がっていきました。
完成作品は、4月に宮城県気仙沼市立気仙沼小学校に届けられると言う事です。

会場では気仙沼・復興やさい市&東北フリーマーケットも開催中。
午後からの神戸=気仙沼・復興会議でお話される3人の方にも会えました。
  気仙沼の民生委員で活躍されている熊谷さん
  気仙沼で農業をされている児島さん
  ・・・児島さんのお野菜や、地元・ボラアズさんのお菓子がやさい市で並んでいました。
    ほうれんそうや、つぼみ菜、しょうがのシフォンケーキおいしかったです!
  大船渡で看護師と地元FMねまらいんDJの林さん

神戸で東北の方と会えることにわくわくする東北ファンなのでございます。
ちらっとですが、おはなしできてうれしかったです。
8.jpg
私が大船渡や陸全高田に行ったのはもう2年前・・・
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-28
気仙沼にはまだ一度もいったことがありません。
またお会いできる機会がありますように。

中嶋先生、展覧会にお誘いいただきましてありがとうございました。
神戸と東北が人と人で繋がっていく機会がもっともっと増えていきますように!

当日の様子は毎日新聞動画ニュースでも配信されています。
http://mainichi.jp/movie/?id=923066439002


★関西岩手県人会では宮城県と合同で今年も街頭募金をします
 こちらも応援よろしくお願いします! 詳しくはこちらを
  →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2016-02-13


コメント(4) 
共通テーマ:blog

3/13 公開シンポジウム「語り継ぐ津波の脅威」 と 街頭募金のおしらせ [本と雑貨とそれから雑記]

いつもお世話になっている関西岩手県人会からのおしらせです。
2016年3月13日(日)に
大阪御堂筋本町ロータリークラブと関西岩手県人会の共催で
東日本大震災5周年の行事として大阪で防災シンポジウムを開催します。

公開シンポジウム
「語り継ぐ津波の脅威 
  ~東日本大震災から学ぶもの~」
日時 2016年3月13日(日)会場12時 開演13時
会場 大阪府立国際会議場 10階 会議室

主催 大阪御堂筋本町ロータリークラブ 
          http://www.omh-rc.com/
    国際ロータリー第2660地区IM7組 各ロータリークラブ
          http://www.ri2660.gr.jp/
    関西岩手県人会
          http://www.iwate-kansai.com/

201603131.jpg


第1部 基調講演「大阪に津波が来たら?」 
     パネルディスカッション「東日本大震災被災地からの報告」
第2部 チャリティコンサート
  ・・・・詳細は以下をご覧ください
201603132.jpg
 
このシンポジウムは東日本大震災に際し大きな支援を受けた大阪府および大阪府民への恩返しの意味があり、大阪の方に将来の大地震に備えて「津波の恐ろしさ」を知ってもらいたいという趣旨で、復興関係の話は除外し「津波の脅威」を強調した内容での開催です。
パネルディスカッションのコーディネータは、関西では読売テレビの朝の顔・辛坊治郎さん。

入場は無料ですが、入場整理券が必要です。
詳細・問い合わせは大阪御堂筋本町ロータリークラブまでおねがいします。
http://www.omh-rc.com/


・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

また、関西岩手県人会では以下の日程で
東日本大震災5周年街頭募金を行います。

日時・場所 (1) 梅田 3月 5日(土)
        (2) 難波 3月 6日(日)
              (3) 神戸 3月11日(金)
    
    ※宮城県人会と最後の共同街頭募金活動です。
    ※1日1か所または半日でも結構ですので、ボランティアも募っています。
      詳細は関西岩手県人会まで
      →http://www.iwate-kansai.com/

ご協力どうぞよろしくおねがいいたします!

    


コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の20件 | - 本と雑貨とそれから雑記 ブログトップ