So-net無料ブログ作成
検索選択

妖精と魔女の読書会 [絵本]

本日10月31日はハロウィンですね。
ここ数年で日本ではわいわいと盛りあがっておりますが・・・

先日2016年10月28日に
我が童話と宮澤賢治の師匠・松田司郎氏主宰「しりとんの会」で
「妖精と魔女の読書会」というブックトーク的な講座をさせていただきました。
3.jpg
「しりとん」とは「しりきれとんぼのかい」。
童話や本、創作をテーマにわいわいと語り合う仲間たちの会です。
実は私もしりとんメンバーなのですが、
全然参加しておらず・・・すみません、の長年幽霊会員。
そんな私が妖精や魔女のおはなし、というわけです。ほほ。

さて今回の講座

 妖精や魔女ってなんでしょう。
 私たちはその存在を想像し、あるいは創造し、
 物語や伝説として語り、意識してきました。
 前半は、彼らのことを少しご紹介。
 後半は「妖精や魔女になって」読書会をいたしましょう。

と言う内容です。

会場は大阪東成区の「スペースふうら」
 http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/02gal.pak/03gal-tikamiti/03rental-gal/fuura.html
しりとんメンバーの、はたさんのギャラリーです。
6.jpg

夜7時になると集まってくるメンバー
1.jpg

さてはじまり、はじまり
私は、ハロウィンの起源、魔女、妖精、妖怪について
おすすめの本や絵本とともに、
浅くて薄っぺら~い知識を総動員してお話させていただきました。
それを基に、
参加者のみなさまからそれらを深めるいろんなお話しがでてきました。
ふむふむ
  …例えば、「ピーターパン」が生まれる物語の最初のおはなしのこと
   ネバーランドは、別の言葉(ラテン語?でしたか??)ではユートピアになること
   『菊と刀』の最後には「魔女狩り」のことばがでてくること
   魔女が空を飛ぶときに塗る軟膏のこと
   宮沢賢治の作品にでてくる、山男や山猫たちのこと
   白魔術と黒魔術、そしてそもそも善悪の堺目や違ってなんだろうかということ
   人間の想像力から生まれたものたちのこと、気配のこと・・・などなど。

参加者のみなさまから、おすすめの「魔女・妖精」本も紹介していただきました。
2.jpg

ところで実際
10月から11月と言うのは妖精や魔女にとって特別な月のようなのですよ。
特に今年は・・・・
  ・10月31日(2016年は月曜日・仏滅)の夜はハロウィン。
   その起源はケルトの収穫祭。大晦日のおまつりという説も。
  ・11月1日(2016年は火曜日・大安)は古代ケルトの暦では冬のはじまり、新年
   プロテスタントのキリスト教では万聖節(サウィン)。全聖人を祝う日。
   それでこの日は1年に数回しかない、妖精と人間界もつながりやすい日
   という説もあるようです。
  ・日本では・10月は神無月 旧暦10月は10月31日―11月28日まで
  ・2016年10月31日は月に2度目の新月(1度目は10月1日)
   これをブラックムーンというそうです
  ・2016年11月14日(月)今年一番大きい満月(スーパームーン)がのぼります。

こんなわけですから
むむ、クーナ探しもしたくなるここ数日ですね。
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-09-30

この日は「魔女や妖精を楽しめる装いでお越し下さいと」一声おかけしたところ、
写真その1
5.jpg

帽子やマントや、ひそやかな魔女バッチや、ねこ耳やら
工夫も様々、いろんな魔女や魔法使いが集まりました。
写真その2
4.jpg
ご参加のみなさまありがとうございました。
そして幽霊会員である私にあたたかいまなざしで
楽しい機会をつくっていただいたことに改めまして感謝いたします!
ありがとうございました。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

有名なあの子 [絵本]

おともだちの さえぐさひろこさんの新刊です。
今回もご紹介が遅くなりごめんなさい~
  前回はこちら
   →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-09-07

「こざるのシャーロット」
 さえぐさひろこ・ぶん 高崎山自然動物園・しゃしん 新日本出版社(2016年3月)
 詳細は こちらをクリック→★
6.jpg
絵本の帯にもあるとおり、主人公は
テレビや新聞で話題沸騰になったおさるの赤ちゃんです。

シャーロットちゃん、そしてお母さんも別嬪さん。
高崎山自然動物公園のHPをみてみれば
http://www.takasakiyama.jp/takasakiyama/
イケメンさんも結構いらっしゃるようですね。

動物園でいつも身近に接しているみなさんだからこそ撮れる写真と、
さえぐささんの紡ぐことばからは、
シャーロットちゃんかわいい♪
・・・だけではなくて(ここ大切!)、
お母さんをはじめ大人のさるたちや、おねえちゃんやおともだちたち、
みんながシャーロットちゃんという小さい人を、
そっと、ちゃんと、しっかり、あたたかく見つめている
そんなまなざしが伝わってくる1冊です。
7.jpg
人間社会だってね!

出かけたことのない高崎山。
いつかシャーロットちゃんたちとお会いしたいな。
 


コメント(4) 
共通テーマ:blog

岸辺のヤービ [絵本]

ちょっとだけ前の記事のつづき・・・最近読んだ本から
絵本のカテゴリーに入れましたが、児童書です。
34.jpg

『岸辺のヤービ』 梨木果歩 福音館書店 2015年9月
気になりつつ読んでいなかったのですが、図書館で見つけて、
それも、どうやらまだ誰も借りていないみたい・・・これはラッキーだと借りて帰ってきました。

梨木さんといえば、しばらく角川のPR誌で連載されていた
宮沢賢治の友人・保阪嘉内についての作品のことを以前、記事にしたことがありましたが、
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-03-28

そして「家守奇憚」や「冬虫夏草」など好きな作品がたくさんあります。
いつもゆっくり読んで楽しんでいるのに、
今回のヤービは珍しく一気読みしてしまいました。

昔に読んだ、
「だれもしらないちいさなくに」のセイタカさんや
「ほっぺんせんせい」のほっぺんせんせいや、
「グリーンノウのおきゃくさま」のとうじょうじんぶつたちや、
「ノーム」のほんのノームたちや、
「思い出のマーニー」の湿っ地屋敷などの、
それぞれ大好きなおはなしの住人と場所に出会った時のような
それは懐かしくて、
けれどもそれらの作品とはまた異なる、
小さな幸福感がまたひとつ味わえた一冊でした。

私、飴は苦手なんですが、ここにでてくるミルクキャンデーは
頭の中でしっかりなめていましたから。

マッド・ガイド・ウォーターという新しくたずねていける場所と、
ウタドリさんやヤービたち、おはなしの住人の存在が
私の中にひとつふえてうれしいのです。
これからシリーズ化するようですが、2冊目が今からたのしみです。
あ、でも梨木さんの嘉内さんの本のほうが先でしょうか!?

『岸辺のヤービ』についてはこちらのHPが詳しいです(福音館書店のHP)
https://www.fukuinkan.co.jp/detail_page/yabi/index.html


 


コメント(2) 
共通テーマ:blog

みんながんばれー [絵本]

読書の秋です。
おともだちの さえぐさひろこさんの新刊です!
 (7月にいただいたのに、9月・・・ごめんなさい~)

「どうぶつうんどうかい」
写真/さとうあきら 文/さえぐさひろこ アリス館(2015年7月)
http://www.alicekan.com/books/post_53.html
 1.jpg
表紙の帯の「みんな、がんばれー」が合図になって読者も運動会の一員デス。
かけっこしたり、木登りしたり、ごろごろころがったり、
いろんな動物が、一生懸命、大活躍の運動会。

集中力を発揮しているけれど、お茶目です。
夢中な様子がとってもかわいい~愛らしい方も。
そしてドヤ顔な方には、そうそう、こんな人間もいるぞ、と、くすっと。
佐藤さんの写真の動物たちの表情と仕草にちょっぴりユーモアがあって、
さえぐささんのことばがあたたかくみんなを見守っている、
がんばれーと応援しながら、ほっとできる1冊です。

裏表紙はプレーリードックくん。
この方のポースがまたいいの。だからあえてここでは載せません~。
ぜひ実際本を手にとって確かめてみてください♪
これから人間世界も、秋の運動会の季節ですね。


コメント(4) 
共通テーマ:blog

絵本とポジャギ [絵本]

このブログで案内できずじまいに当日になってしまったのですが(反省・・・)
2015年5月9日に神戸・長田のナドゥリで
「絵本とポジャギのしおりつくり」の会がありました。
3.jpg
今年1月に訪問したナドゥリ
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-01-11

ポジャギ作家の尹英順(ゆん・よんすん)さんのワークショップに
私は韓国をたのしめる絵本とおやつ担当で参加させていただきました。
4.jpg

★ポジャギのしおりつくり
まずは、2色の布と、しおりひもと、糸の色も選びます。
6.jpg

カラフルな布とひもと糸・・・組み合わせが楽しい悩み!
7.jpg

一針ひとはり、丁寧に・・・
8.jpg
尹先生からは、糸の長さ、針の布の刺し方など、ちょっとしたコツをアドバイス。

そうか~なるほど、普段、針仕事をやらない私はしらないことがいっぱい。瞠目!
5.jpg
おしゃべりもしながら、けれどももくもくと制作中のみなさん。

できあがり。それぞれが1点もののしおりです。本を読むのもたのしみになりそうですね。
14.jpg

後半は絵本とおやつの時間です。今回ご紹介の絵本はこちら
10.jpg
「ふたごのもうふ」を読む予定でしたが、風邪が治りきらず声がでなくてできませんでした。
体調管理ができず反省。ごめんなさい。

尹さんが韓国の書店でみつけたポジャギのでてくる絵本から
9.jpg

一節をみんなで読みながら、韓国語での裁縫やポジャギ用語も学びました。
15.jpg

韓国をたのしむおやつは2点
★柚子茶蒸しパン
13.jpg
卵白と卵黄に分け、それぞれ良く泡立てたたまごに、小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダー、
重曹、砂糖、牛乳を加え、蒸し器にセットした生地に柚子茶をぽとぽと加えて10分蒸します。

1.jpg
それから柚子茶を表面にたっぷり塗って、クコの実を散らし、あと10分蒸したらできあがり。


★プルーンでコッカムサム
2.jpg
コッカムサムの「コッカム」は干し柿のこと。
本来は、くるみを干し柿で巻いたもので、「チャングム」などでも出てきていたと思うのですが、
このままたべたり、冷やした甘いショウガやシナモンのお茶などに入れたり(沈みます)して
いただくようです。
この季節、干し柿がありません~。
それで、干し柿のように、甘くて、こってりした食感で、繊維質のドライフルーツ=プルーン
が浮かび、代用してみました。

16.jpg
プルーンでくるみを巻いたシンプルなものですが、
実は結構手が込んでいるのです。
 くるみは熱湯に5分ほど漬け、渋皮をむき、フライパンでから煎りしてから使います。
 プルーンは(干し柿も同様)、片側を切り取り拡げ、ラップに3個×2列ならべ
上からラップなどでおさえて平べったくしたら、その上にくるみを2個合わせたもの×3組並べ
くるっとまきます。両端もラップをくるくる巻いて縛ったら、冷蔵庫へ半日~1日寝かします。
ラップのまま、1センチくらいの輪切りにします。
めんどくさそうですが、やってみれば簡単。おすすめ韓国「風」スイーツです!

最後にお茶の時間でしめくくり。
11.jpg
ポジャギと絵本で韓国を楽しめた1日でした。
ご参加のみなさま、ありがとうございました。

尹さん、ナドゥリのみなさま、お疲れさまでした。
  尹さんのFBにも当日のレポートがでています→★こちら
12.jpg
 会場には尹さんの作品も展示されています。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

ポジャギの会にいってきました [絵本]

この4月「も」ブログを更新できず・・・忙しかったわけでもありませんが、あっという間に月末に。
そしてGWに突入する前に、夏休みの宿題のように(最後まで残しておくタイプ)、
順次更新です~今後ともよろしくお付き合いくださいませっ!

さてさて、それでは4月上旬のご報告から・・・・
先日ご案内させていただいた能勢@大阪での「絵本とポジャギの会」
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2015-03-07

都合で私担当の絵本とおやつの部分はおやすみさせていただきました。
けれども当日会場にでかけましたヨ。

阪急茨木市駅でまちあわせをして講師の尹さんの車でドライブ。友人Kさんも一緒。
車はだんだん山道に、すると町では葉桜のシーズンがはじまったというのに
あちらこちらで桜が満開。ピクニック気分となったところで
いつもお世話になっている「関西よつ葉連絡会」 http://www.yotuba.gr.jp/
の工場前にさしかかりました。
2.jpg

しばし(建物を)見学・・・いただいているお豆腐やパンや総菜はここでつくられているのです。
いつもありがとうございます!
1.jpg

職員の方が桜の舞い散る駐車場ではお花見バーベキューの準備をされていました。
3.jpg

さらに車はずんずんと会場へ向かって走ります。茨木市から約1時間。
会場の「里づと」さんの近くには
関西よつ葉連絡会の能勢産直センターが。今日はよつ葉デーだわ!? 
8.jpg

この春デビューした御用聞きの「しゅんの助」カーもありました。
9.jpg
  ・・・お近くでみかけたら近寄ってみてくださいね。おいしいものいっぱい積んでいますから。

そうしてポジャギの会の会場の「里づと」さん http://satoduto.com/ に到着です。
4.jpg

中に入ると、のんびりした空気。落ち着きます。
5.jpg

尹さんのポジャギ展の会場です。
6.jpg

どの作品も色が鮮やかで、ほがらかで、さわやかな印象=尹さんだっ。
7.jpg

展示の部屋のお隣はカフェ。ランチをいただきました。
10.jpg

南部鉄釜で沸かしたお水でいれる珈琲は柔らかい味。
11.jpg

ゆんさんのポジャギ教室の風景。
   ・・・これはお針箱
12.jpg

参加者の方が一針ひとはり刺していく様子ものんびり、のんびり。
13.jpg
いいリズムです。

帰り道は、Kさんとバス~電車で帰宅。約2時間かかりましたが、
小旅行気分でゆっくりできた一日でした。

 尹さん、Kさんありがとうございました。
★尹さんのFBは こちら→★

 


コメント(0) 
共通テーマ:blog

4/11 ポジャギと絵本の会@大阪・能勢 [絵本]


今年もやります「ポジャギと絵本の会」
 昨年の様子→http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-03-03
ポジャギでコースターを作ります。韓国の絵本と小さなおやつを味わう時間付き
場所は大阪・能勢です。ご参加お待ちしています!

「ポジャギと絵本の会」
日時:2015年 4月11日(土)
      ①13:00~14:30
      ②15:00~16:30  20150411 案内ポジャギの会.jpg


会場:カフェ・ギャラリー 里づと http://satoduto.com/
     大阪府豊能郡能勢町森上224    
     TEL:072-743-0578

川西能勢口方面より・・・
【車】国道173号を北上→道の駅「能勢くりの郷」の次の信号を右折 →川沿いに進んですぐ
【電車】のせでん「山下駅」下車→阪急バスに乗り換え「森上バス停」下車→南へ徒歩300m

講 師 : 尹  英順 (ゆん・よんすん ポジャギ作家) 
        中野由貴 (なかの・ゆき 絵本と童話のごちそう案内人)

参加費:お一人  3,000円
      (税込・材料費・お茶・おやつ含。裁縫道具はこちらで用意します)

定員:各回  8名 

申込:要予約 お名前・連絡先・参加時間をお知らせください
          メールで上記チラシのアドレスまでおねがいします
             ただし3月7日―10日はメールチェックができませんので、
             この間にご連絡いただいた方は11日以降返信させていただきます。

★同会場で開催 ~尹 英順のポジャギ作品展~ 4月8日(水)~12日(日)
★【神戸・長田】尹英順のポジャギ教室 3/7・4/4・5/7 13時~ 
            神戸コリア教育文化センター1F カフェ ナドゥリTEL 078-777-2232

よろしくお願いします♪


コメント(0) 
共通テーマ:blog

クーナを探しに [絵本]

本日2014年11月5日は旧暦で閏9月13日。171年ぶりに2回楽しめる十三夜です。
そもそも十三夜は日本独自の風習だったのですが、
かつては、旧暦8月15日の十五夜のお月見をしたら
旧暦9月13日の十三夜も見ないと縁起が悪い、と言われたそうです。
今年は旧暦の閏(うるう)年で、9月が2度あるのです。
それで今年2度目となる十三夜が本日。
十五夜だけ見たーという方も、今年3度目のお月見となる方も
今夜は月を眺めていいことあるといいですね!

このあと7日は満月、立冬。冬が本格的に始まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさてさて、そんな日に11月1日に開催した
「クーナ探しとたまごかけごはんと絵本の会」
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-10-07
の報告をさせていただきます。
9.jpg
実にじつに、たのしく愉快な1日でした。
普通なら20分ほどの、みちのりを14人ほどの人間たちが2時間近く歩くところからはじまりました。
参加者のみなさま、主宰の衣笠さん、講師の米沢さん、鳴海さんお疲れさまでした!
3.jpg
クーナ探しの旅 はじまりはじまり。

ところで、ですね。
まずはじめに・・・・どうしてこの日に開催したのか。
主催者はじめ、みんなの都合が良かったから、というのもそうなのですが、
2014年11月1日は特別な日だったのですヨ!
 ・10月31日ハロウィンの翌日。ハロウィンと言えばその起源はケルトの収穫祭であり、
  大晦日のおまつりという説がありますが、
  そのケルトの暦によると、翌日11月1日は、冬の始まり、そして新年というおめでたい日に
  あたるそうです。
 ・プロテスタントのキリスト教では万聖節(サウィン)といって全聖人を祝う日。
  それでこの日は1年に数回しかない、妖精と人間界もつながりやすい日という説もあり。
     ・・・うつのみや妖精ミュージアムのHPに教えてもらいました。
 
 ・旧暦では閏9月9日 
  9月9日は重陽の節句といって、中国では奇数は縁起のいい数といわれ、その中で  
  一番大きな「9」が重なるおめでたい日として、不老不死や繁栄を祝う日。
  閏月ではあえて祝いませんが、それでもそんな9月9日という日です。
 ・11月1日は「大安」。

ね、この日でしょ!!
サウィンについて、参考にさせていただいたのは「うつのみや妖精ミュージアム」のHP。
http://www2.ucatv.ne.jp/~ufairy-m/
このミュージアムは日本の妖精研究の第一人者・井村君江さんが名誉館長を務めており、
井村さんと言えば、私の好きな本の中にも井村さん訳の本がいくつか。
60.jpg
『ケルト妖精物語』(ちくま文庫)は中でもおすすめです。気になる方は読んでみて。

というわけでの11月1日・・・朝から雨でした・・・
会場になる米澤さんのギャラリー&カフェしゅう http://cafeterrace-syu.jp/
に事前に集う、衣笠さん、米沢さん、そして私。
1.jpg

「私たち晴れ女&男」のはずなんだけど。
2.jpg

なんて言っていたら、さらに雨がザーザー降ってまいりました。
6.jpg

「雨、止まないかなあ・・・」
7.jpg

が、集合場所の恵比須駅に到着するころには空がだんだん明るくなってきて・・・・
11.jpg

「がんばれよー」えべっさんも微笑んでいます。
8.jpg

米澤さんが参加者にクーナのバッチをつくってきてくれました。
10.jpg
みんな胸元につけて出発です。
鳴海健二さん(写真作家)からの撮影ワンポイントアドバイスのお話を聞いて、
米澤友美(ハンペルマン作家)さんの案内でまちあるきがはじまりました。

「なんですか、あなたたち???」 駅前にあるおうちからは、わんこが見送ってくれました。
12.jpg

私たちが三木のまちを歩きはじめると、もうすっかり雨は止んで、
13.jpg

雨上がりの町はきらきらと輝いていました。
14.jpg
なにかを見つけたみなさん。通り過ぎる車は「なんだろう??」と不審顔。

うっほほ、ゆかいじゃのう
16.jpg

雨上がりの神社は絶好の写真スポット
15.jpg

あるいて、あるいて
18.jpg

あるいて、あるいて、おしゃべり
19.jpg

この道の向こうには・・・
21.jpg

神社では宮司さんが「何をされているのですか」と出てきてくださいました。
24.jpg

見上げると駒犬さんらしき方
25.jpg

大きなカキの木の生えているお家の横をとおりすぎ・・・このあたりで・・・
26.jpg
迷子3人「発生」していたことに、後ほど気付くことになるのですー!

イギリス海岸ではありませんよ(わかる人にはわかるその様子)
27.jpg

田んぼは稲刈りがすっかり終わっています。
28.jpg
どこかから鶏の声・・・「ウコッケイを飼っている人このあたり多いみたいね」

おーい、はぐれちゃった人と合流できた?
39.jpg

「まるでイギリス海岸」の川の流れに沿って歩きます
41.jpg

橋を渡るところで
44.jpg

これはクーナさんたちの温泉では、という穴
43.jpg

トトロが住んでいそうな森

46.jpg

この畑の持ち主さん、ビールの飲み方にこだわっているよね!?
47.jpg

「よつばのクローバーみつけたよ」と米澤さん
29.jpg
わーすごいなあ、いいなあ~

と、いっていたら、私もイギリス海岸川べりでみつけました! 
42.jpg
丁度「花巻にクローバーの葉っぱでギネスに挑戦していた人がいたのよ」
って言う話をしている最中に。
 この人→ http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092001000363.html
「誰が」が教えてくれたのかもしれません。

そうしてまた別の場所でもうひとつ
45.jpg
あ、ここにある、という感じで・・・誰かが教えてくれたよう。

この日見つけた「3つのよつばのクローバー!」
やっぱり今日という日だから「出現」したのだろうなあ・・・これで妖精が見られる!?
こんなラッキーなことはめったいないことですので、
写真でみなさまにもおすそわけ。じ~~くりご覧くださいませ♪
  ・・・・そういえば「ゴーイングマイホーム」の主題歌は
     槇原さんの「よつばのクローバー」でしたね。

予定より1時間以上すぎてギャラリー&カフェしゅうさんに帰ってきました~~
49.jpg

お疲れ様~~~にわとりくんも歓待してくれます。たまご産んでおいたからね。
4.jpg

お腹がすきました~~
51.jpg

まちにまった、たまごかけごはん
52.jpg
筑前にとかす汁もお腹に沁み渡ります。

いただきま~~~~す
53.jpg

しばしの沈黙
54.jpg

昼食のデザートは、がんづきデスヨ
55.jpg

今回はくるみと刻んだりんご(シナノゴールド)のスペシャルバージョンを作ってきました。
56.jpg

がんづきのあとは、絵本の時間
1.jpg
今回は「世界は目に見えるモノだけでできているのではないのです」
というテーマですので、わかりやすいところから妖精やこびとのおはなし、
自然の「気配」が出てくるお話を紹介させていただきました。
59.jpg
『もりのこびとたち』はドラマにもでてきましたね。
『ノーム』は大好きな本の1冊です。
  ・・・米澤さんも持参されて(ドイツのポップアップ絵本まで!)気があいましたね。
1979年にサンリオから出ていた本です。遠藤周作さんが監訳者なんですよ。
  当時の私はどうしてもこの本が欲しくて、
  クリスマスに両親に買ってもらい、今も手元に大切に持っています。
  当時3800円の本ってちょっと高価ですよね。
文字通りノームの生態と歴史について書かれています。
今も内容は全く古臭くなくて、ノームってきっとどこかにいるんだ、と「確信」されられる内容です。
昨年別の出版社から復刊しているのでぜひ手に取ってみてください(図書館にもきっとあるはず)。
 アイルランドや英語ではノーム
 ノルウェーではトムテやニッセ
 フィンランドではトントゥ
 そしてゴーイングマイホームではその土地の神社に祭られている神様の名前が由来でクーナ。

最後は鳴海さんの写真講座・・・今回のベストショットな1枚をそれぞれ紹介して
鳴海さんがコメントしてくださいました。
57.jpg
 

私はこの1枚を出しました
40.jpg
雨上がりだからこそ取れました。赤い実の下についている水滴が
帽子をかぶったクーナさんたちに見えませんか。

以上で本日の正規プログラムはおしまいでしたが、そのあとも
柿をとったり
48.jpg

想像力を楽しむゲームを2種類して
58.jpg
  これはサイコロを振って出た図柄から順番におはなしをつくっていくゲーム
  起承転結で考えるのがたのしかった。

そうして本当におひらきとなりました。
2.jpg
あたりはもうすっかり夜。
参加のみなさま、衣笠さん、米沢さん、鳴海さんお疲れさまでした。
  ・・・衣笠さん楽しい企画を本当にありがとうございました♪
みなさんとまたお会いしたいですね~きっとお会いしましょう!!

★そのほか参加されたみなさんからの報告は
  ゆたかな日常とクーナとアートの会のフェイスブックをご覧ください
  こちら
  そしてこちら
  そしてそしてこちら
  そしてこちらもね

  みんなが見つけたクーナはこちら
   https://www.facebook.com/yutakananitijou/posts/873099042713961

  参加者柴本さんのクーナ報告はこちら
   https://www.facebook.com/yutakananitijou/posts/873987162625149


最後に本日、私が出会ったクーナさんの気配やその風景
雨上がりの町には、キラキラしたものがいっぱい出現していました。
30.jpg 32.jpg

 31.jpg 33.jpg

17.jpg

35.jpg 34.jpg 

20.jpg

23.jpg 22.jpg

36.jpg 37.jpg 

38.jpg 50.jpg

長~~~い報告におつきあいいただきありがとうございました♪


コメント(8) 
共通テーマ:blog

絵本と一緒に秋をたべよう [絵本]

2014年10月25日
彦根市で親子料理教室を開催しました。
10.jpg

主催は 関西よつ葉連絡会 http://www.yotuba.gr.jp/ の
      近江産地直送センター
       http://www.yotuba.gr.jp/renrakukai/center.htm#gihu です。

本日のテーマは「絵本と一緒に秋をたべよう」
 よつ葉の食材を使った親子で楽しめる簡単レシピで
 
1.jpg
 絵本の世界と秋の味覚を楽しむことがテーマです。2.jpg

★今回のレシピは・・・

  前菜 秋の森でかくれんぼ
        紅玉りんごを使ったピンク色で甘酸っぱいドレッシングをかけます
          ↓ こちらはドレッシングの写真 りんごたっぷりがおいしいのです
13.jpg

  主菜 森の恵みのクリームソース煮
        鮭ときのこのクリ―ム煮です
11.jpg

  ごはん にんじんごはん
        もうすぐハロウィンなので盛りつけに一工夫
14.jpg

  デザート りんごのコンポート
         
          紅玉りんごで赤くてきれいな色になりました12.jpg

さらに今回は 
  ・ 2種類のオリーブオイルの試食
    (イタリアの生産者指定のオーガニックのもの)
 
     パンにつけての食べ比べ
 ・コンディメントバルサミコビアンコ(白いバルサミコ酢)を
    りんごのドレッシングに使いました
     ・・・写真なし、ごめんなさい

にんじんごはんのための、にんじんのすりおろしお疲れ様でした!
炊いたお米は2キロ!
3.jpg

デモンストレーションのあと(西本さんいつもナイスサポートありがとうございます)、
いよいよ各テーブルにわかれて実習です。
ちいさな参加者の皆さんは
小学3年生の男の子と、ほかは3歳と4歳のみなさんたち。
  華やか、にぎやか~、そしてゆかいな雰囲気が教室に満ちていましたよ。
4.jpg

レタスをちぎったよ
5.jpg

包丁をにぎって、きのこを切ります。
6.jpg

鮭に小麦粉をふりましょう
9.jpg

大人たちのお手伝いをがんばるみなさんが、それぞれ頼もしかったです♪
15.jpg

鮭のお料理できたよー
16.jpg

スプーンはどこにおいたらいいのかなあ
25.jpg
にんじんごはんは今回も人気者。
お茶碗に3杯お代わりしてくれた男の子がいました。ありがとう♪

ハロウィン風にチャレンジしてくれた女の子
24.jpg
かわいくできましたね♪

プチトマトのきのこ、
19.jpg

盛りつけもそれぞれ個性的
18.jpg

コンポートには、皮の部分を使ってバラの花の飾りつけ。美しい!
22.jpg

いただきまーす
23.jpg

今回ご紹介した絵本たち
20.jpg
『たのしいふゆごもり』は鮭やキノコを使ったお料理が出てくるし。
『14ひきのあきまつり』には、キノコのおみこし登場。
『にぐるまひいて』は10月からはじまるおはなし。リンゴもでています。
 今回のメニューも一緒にたのしみながら、秋満喫の絵本の世界を紹介させていただきました。

食欲の秋です。親子でお料理も絵本もたくさん楽しんでみて下さいね。
21.jpg
ご参加のみなさま ありがとうございました。
関西よつ葉連絡会、近江産地直送センターの堀井さんはじめ、みなさま ありがとうございました。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

夏の読書 [絵本]

先週末は、幼稚園から高校までのどこかで一緒だった同級生と再会。
話は尽きず、楽しかったです。
5月に開催したお料理教室で出会ったまみちゃんから、
同級生と会う波がやって来たような気がします。
なおちゃん、もーりちゃん、まみちゃん、ゆみえちゃん(集まった順・・・笑)
どうもありがとう。

昔読んでいた本の話題も出て、
そんなこんなで夏の読書をはじめました。

『やかまし村の子どもたち』『やかまし村の春・夏・秋・冬』『やかまし村はいつもにぎやか』
 アストリッド・リンドグレーン 作
 大塚勇三 訳 岩波書店
1.jpg
大人になってから一度に「大人買い」して本棚に並べていました。
なのに、最初にこの作品と出会ったのはいつで、
私はどうしてこのシリーズが好きなのだろう?という記憶が抜け落ちていたのでした。
すると今回の集まりで、
小学校のころ、土曜日に開館する近所の子ども文庫で出会っていたことがわかったの。
ゆみえちゃんありがとう。
今回集まったみんなも大好きだった、やかまし村シリーズ。
別の日、童話仲間のみんなも大好きだったということで、
なんだか当時みんなで、やかまし村に暮らしていたような錯覚さえ覚えます。

初版は1965年。手元にあるのは1990-91年に23-27刷。
原書が発表されたのは1947-52年。
もちろん今も図書館で見かけます。かなりのロングセラーです。
50年近く前に書かれた作品なのに、やかまし村の日常は、
時代を超えていつも生き生きしています。
南屋敷、中屋敷、北屋敷で暮らす子どもたちの暮らしは、今もなお憧れ。
リンドグレーンさんの書く世界は普遍ですね。

そのほかいろいろ。
3.jpg

この夏上映の映画で、気なって本棚から出してきました。
『思い出のマーニー 上下』 
 ジョーン・ロビンソン 作  ペギー・フォートナム 絵
 (絵のフォートナムさんは『くまのパディントン』のさし絵の人)
 松野正子 訳  岩波少年文庫 
 初版1980年 手元にあるのは1988年版です。
2.jpg
大人になってから改めて、童話や児童文学という世界の面白さを知った頃、出会った本です。
ページを開くと、文字が小さい!
今、販売されている岩波少年文庫は、もう少しフォントが大きくて、背表紙がオレンジ色です。

そうそう、マーニーってこんな「秘密」を持った女の子だった。読み始めると思い出しました!
イギリスの湿っ地屋敷にあこがれたなあ。
映画では舞台が北海道とのことですが、するとマーニーの秘密がどんなふうになっているのか
気になっています。


探している本というのはなかなか見つからないのに、
しばらく埋もれていた本が突然目の前にあらわれるのは、どうしてなんでしょう!?
世の中を騒がせている秘密保護法や原発のあらゆるニュースに
腹を立てたり、情けなくなっている頃、
本たちが「これを読め」とささやいたかのように、いいタイミングででてきました。

『戦場に輝くベガ』 
 鈴木一美 浅野ひろこ 作  一兎舎 2011年
 表紙の帯のメッセージにも注目。
7.jpg
甲府が舞台のおはなし。“こぴっと”おすすめです。
 もともとは2006年に山梨県立科学館のプラネタリウム番組だった作品です。
 太平洋戦争中、レーダーの無い時代、爆撃機の出撃などで必要だったのは、
 星空観測による位置の確認でした。
 その測定の計算データを作るのが、学徒動員の女子学生たちの仕事。
 彼女たちが作ったデータをもって、飛行士たちは出撃したのです。
 そんな当時の様子が綿密に取材されています。
 物語は星の伝説なども織り交ぜ進んで行きます。
6.jpg
今、当たり前に思っている日常が、どれほど大切でかけがえのないものかを伝えてくれる1冊です。
その「当たり前」は、脆くて、危ういので、判断を間違えるとたちまちに消えてしまうということも。

ベガと一緒にでてきました・・・。
『復刻版 大宇宙の旅』 荒木俊馬 著 恒星社厚生閣
1950年の初版を2006年に復刻したものです。
4.jpg
2006年当時、新聞で書評を見て買ったのですが、パラリと読んだ後、行方不明に。
8年後の今、さりげなくでてきました。
これも「今、読め」という事だと思い、再読。
 あとがきによれば、「日本の宇宙物理学研究の草分けの一人」という荒木氏。
 1897年生まれなので、宮沢賢治より1つ年下です。
 アインシュタインから直接に指導を受けたこともあったようです。
 京都産業大学の創設者でもあり、
 晩年は現在の京都府福知山市でくらしていたとのこと。
 福知山といえば、私が「まめぶ」で通っている篠山の結構近くだ!
 (なにやらうれしい)。
 表紙も挿絵も荒木氏が描いています。
 少年少女に書かれた科学小説なのですが、大人が読んでも十分楽しいです。

今では、ちょっと古めかしい科学の情報のフォローも
あとがき以降に、追加で解説がついていて、そのあたりは復刻版のよさ。
主人公の星野宙一くんと宇宙を旅しながら、知識を深めていく内容です。
帯には松本零士さんからのメッセージも。
5.jpg
 そういえば銀河鉄道999の主人公は星野鉄郎くんだった
  ・・・星野くんつながりですね。

暑い毎日ですが、あとしばらく読書にふけりたいと思います。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

朝だから「ツキ」がやってきた [絵本]

先日ご案内させていただいた
6月13日トンカのえほん講座「朝だけど~月夜の絵本の会」開催しました。7.jpg

満月の日に月や夜がテーマの絵本を楽しもうという内容です。
月が寝ている朝だからこそ「ツキ」を呼ぶかもしれません。
ということで、ご紹介した絵本たちです
2.jpg
 ・月にでかけよう
 ・お月さまがやってきた
 ・月夜に起こった事件・ぼうけん
 ・月夜のおさんぽ
 ・おやすみなさい   の、5つをテーマに25冊をご紹介。
3.jpg
月夜の絵本って古今東西たくさんあるので、迷いましたが、
何かしらたべものがでてくるものを中心に選んでみました。
それでも、あ、あれがないというものもあったはず。そこのところはご了承。

朝だけど~月夜の音楽会♪
5.jpg
みなとあすかさんがウクレレ演奏をしてくださいました。
ありがとうございました。

そうしてトンカのえほん講座では、はずせないおやつの時間。
今回は月夜を楽しめるお菓子とお茶いろいろ
1.jpg
 ・さつま芋チップスの「芋せん名月」
 ・関西のこどもなら(おおよそ)みんな食べてる「満月ぽん」
 
   http://www.mangetupon.co.jp/what/
 
    
 ・ドイツの星型クッキー「ウィクライン・ニュールンベルク・シナモンクッキー」

 ・岩手のおやつ「がんづき」
6.jpg
   がんづき=雁月 なのでこれははずせませんでした。
   今回はくるみがんづき。
 ・カフェインレスコーヒー 
    フェアトレードのインスタントコーヒーにしました。
 ・ハーブティ「月」
    沖縄の会社がつくっているお休み前にお勧めハーブティ。

月の舟にみたてて、経木のお皿に盛りつけてみました。
(たこやきじゃないのよ)
 
8.jpg
おやつのとりわけお手伝いくださったみなさま! ありがとうございました。
 
 
 

 
そして後半も引き続き絵本を紹介させていただきました。
後半は「お休みなさい」の本を中心に。
ハーブティで眠たくなってしまったでしょうか???

今回もワイワイがやがやとあっという間に終わりの時間です。

ご参加いただいたみなさまありがとうございました。
そしてトンカさんありがとうございました。
今回、月夜がテーマ、それも朝の開催というのは
はじめてのこころみでしたがおかげさまで、
みなさんにも助けていただきながら、私もとっても楽しかったです。

講座を開催した13日は満月
梅雨空の中、夜の11時頃空を見たら、雲の間からぽっかり顔を出してくれました。
「お月さまありがとう~~」

6月20日は下弦の月、21日は夏至、27日は新月、
7月5日は上弦の月、7日は七夕、12日は今年3番目に大きい満月です。
そうして
お月さまが見えないときは絵本の中でも出会ってみてくださいね。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

6/13 朝だけど 月夜の絵本の会@神戸・トンカ書店 [絵本]

2014年6月13日(金)に神戸のトンカ書店で開催する絵本講座のおしらせです。
今回のテーマは「月夜」です。満月の日に開催することにしました。

★昨年の講座の様子・・・
 
  12月 
  http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-12-13
  6月
  http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-06-14-1
    おや、たまたま同日に開催していました!
    今年は台風がきませんように~



*トンカの絵本講座*
        ~朝だけど~
     『月夜の絵本の会』

 〇満月の日に、
 月や夜が舞台の絵本をご紹介させていただきます。
 今回は主に「月夜のおさんぽ」と「おやすみなさい」がテーマです。
 月が眠っている(のかな?)の朝の時間の開催は「ツキ」を呼ぶかも!?
 月夜を愛でる小さなおやつもついています。
 ご参加お待ちしています!!


日時:2014年 6月13日(金)10時~12時

会 場:トンカ書店
     神戸市中央区下山手通3-3-12元町福穂ビル2D
      電話&FAX:078-333-4720  元町駅から徒歩5~6分
      http://www.tonkabooks.com/

参加費:1,500円 (資料、お茶、小さなおやつ)当日はマイカップをご持参ください
      

お申し込み:【要予約】 
        下記チラシにあるメールあて
         または「「トンカ書店」 http://www.tonkabooks.com/  まで
         (尚、当日のご連絡については、トンカ書店へ直接おねがいします)

月夜.jpg

今回もたのしい会になるといいなと思っています。
ご参加お待ちしています。
どうぞよろしくお願いします♪


コメント(4) 
共通テーマ:blog

絵本と一緒に新緑を食べよう [絵本]

2014年5月10日
西宮で親子料理教室を開催しました。

主催は 関西よつ葉連絡会 http://www.yotuba.gr.jp/ の
    兵庫いきいきコープ https://ja-jp.facebook.com/yotsuba.hyogoikiiki です。

本日のテーマは「絵本と一緒に新緑を食べよう」
5月に味わえる野菜をつかったメニューと
野菜の登場する絵本を紹介させていただきました。13.jpg

今回のレシピ
  前菜 新緑の野原でかくれんぼ
        ドレッシングは柑橘の果肉を使って作りました
  主菜 5月の野菜と鶏の軽い煮込み
        スナップエンドウやキャベツ、新たまねぎ、新じゃがなど
        この季節だから味わえる柔らかめのお野菜たちで作りました。
  ごはん にんじんごはん
  デザート マチェドニア ヨーグルト
          ジューシーオレンジという柑橘と、
          完熟の石垣パイン・ピーチ種をつかいました。
2.jpg
 

 さらに今回は 
  ・ 4種類のオリーブオイルの試食
    (イタリアの生産者指定のオーガニックのもの)
  ・コンディメントバルサミコビアンコ(白いバルサミコ酢)の試食も!
   ・・・こちらも読んでみてください→★

  パンにつけての食べ比べ。それぞれに味の違いがわかってたのしいですよね。

デモンストレーションのあとは、いよいよ実習です。
5.jpg

お子様も多く、にぎやかにはじまりました。
16.jpg

おいしく作ろうね!
3.jpg

大人みなさんは包丁とんとんとん
小さなみなさんはキャベツをちぎったり
スナップエンドウのすじをとったり
7.jpg

お母さんと一緒に鶏肉を切るよ
8.jpg

チームワークもすばらしく お料理が仕上がっていきます。
6.jpg

うずらのゆでたまごと、プチトマト、スモークサーモンでおいしい野原を作るよ。
10.jpg

そおっとマヨネーズで模様をつけて・・・
9.jpg

ほらこの通り! かわいい野原がたくさんできました。
15.jpg 14.jpg

12.jpg 11.jpg

いただきま~~す♪
18.jpg

にんじんごはんは
今回のにんじんが甘かったようで、ふわっと甘めに仕上がっていました。
17.jpg
男の子たちみんな1杯、2杯ともりもり盛っておかわりしてくれました。
炊飯器はからっぽ。気持ちがいいですね!

今回ご紹介の絵本たちは、
野菜や野菜畑、野菜料理が登場しているものを中心に。
「そらまめ」はそろそろ旬を迎えますのでこの時期おすすめですよ。
1.jpg
『サラダでげんき』は、参加していた男の子から
「学校の教科書にのってるよ~」って教えてもらいました。
この作品が教科書にのっているなんて、いいな。

ごちそうさまでした
はあ~、おなかいっぱいだ~~
19.jpg
後片付けの途中、しばし外をながめている
その様子がかわいくて、パチリ。

ご参加のみなさま ありがとうございました。
関西よつ葉連絡会、兵庫いきいきコープのみなさま ありがとうございました。

新緑の季節がはじまり、
これからおひさまの光をたっぷりうけたおいしい野菜が育ってくるころです。
季節の野菜やくだものをいっぱい味わいたいですね。

★次回は6月7日(土)長岡京市の
 関西よつ葉連絡会・ホームデリバリー京都南で開催予定です。
 ご参加お待ちしています♪


コメント(8) 
共通テーマ:blog

絵本と一緒に春を食べよう [絵本]

2014年3月15日
大津でお料理教室をさせていただきました。

主催は関西よつ葉連絡会 http://www.yotuba.gr.jp/ の
滋賀共同購入会 http://blog.goo.ne.jp/sigasantyoku です。

JR大津駅に到着すると(写真がありません・・・)
私の町より少しひんやりしていました。
大津にでかけるのは久しぶりでしたが、いつも
この町はとても明るいなあと思います。空も広いなあ。
きっと琵琶湖のせいですね。道の向こうに琵琶湖が光って見えました。

会場は琵琶湖畔にある大津市生涯学習センター
(むむ、ここもまた撮り損ねてしまった・・・)
科学館が隣接していてプラネタリウムもある立派な施設でした。

お料理教室
本日のテーマは「絵本と一緒に春を食べよう」
春野菜をつかったメニューと
たべものの登場する春が舞台の絵本を紹介させていただきました。
2.jpg
今回のレシピ
  前菜 春の野原でかくれんぼ
  主菜 春野菜と鶏の軽い煮込み
  ごはん にんじんごはん
  デザート 春のマチェドニア ヨーグルト

デモンストレーションのあとに
参加者のみなさんの実習がはじまります。
1.jpg

お肉を切って、野菜を切って・・・・
焼いたり、
9.jpg

煮込んだり
4.jpg

前菜は、うずらのゆでたまごと、プチトマト、スモークサーモンを使って
春の野原の様な、かわいいお花やきのこをつくります。
3.jpg

形も盛り付け方もそれぞれにいろんな野原ができました。
5.jpg

できあがり!
11.jpg 

皆さん出際よく、分担作業も仲良く
10.jpg

野菜たっぷり、春のおひさまのような明るい彩りのメニューになりました。6.jpg

いただきます~
7.jpg

絵本は、
今回は軽い煮込み料理を作りましたが
絵本の中にも春が舞台のおいしいスープがでてくる作品や
知恵比べのスープや、
おいしい野菜を作っているはたらきものの農場夫(スモールさん!)の登場する作品などを
紹介させていただきました。
8.jpg
このほかにもたのしい&おいしい絵本はたくさんあります。
ぜひ皆様も探してみてくださいね。

滋賀共同購入会のブログにも報告載っています~ごらんください
 http://blog.goo.ne.jp/sigasantyoku/e/35ebd0f0e70032ac7265125dfa838285

春の琵琶湖畔でのお料理教室
私にとっても大変楽しい会でした。

ご参加のみなさま ありがとうございました。
関西よつ葉連絡会、滋賀共同購入会のみなさま ありがとうございました。

季節は、これからが春本番
お料理作っておいしい春を味わいたいですね


コメント(8) 
共通テーマ:blog

絵本とポジャギとおやつの時間 [絵本]

先日ご案内させていただいた
2014年3月2日の
「絵本と ポジャギでエコバッグづくり」ワークショップ
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-02-13
楽しく終了しました。
ご参加のみなさまありがとうございました。
10.jpg
週のはじめ、
天気予報ではこの日は雨だったのですが
朝から晴れました! 

会場の神戸学生青年センター・ロビーでは
http://ksyc.jp/
3月1日(土)から5日(水)まで
9.jpg
ポジャギ展「尹英順とポジャギ教室作品展」が開催中です。
6.jpg

展示会場を抜けてセンターの一室でワークショップはじまりはじまり。
尹さんと私の自己紹介のあとに、韓国の絵本を紹介しました。
5.jpg

ご紹介するのは、手仕事や韓国のおいしいものが登場する絵本たち。
主に2000年以降に出版された本というラインナップとなりました。
3.jpg
実は以前から、尹さんと私で「何か楽しいことができたらいいね」とはなしていたのですが、
そんな中で『あかてぬぐいのおくさんと7人のなかま』という絵本を二人でみたときに
「あ、絵本とポジャギだ」とひらめきがやってきたのでした。
それが今回のワークショップのきっかけなんです。
ポジャギ.jpg
そんな経緯を紹介させていただきました。
今回とくにおすすめなのは、
『あかてぬぐいのおくさんと7人のなかま』です。
7人のなかまとは、針仕事の7つ道具のおはなしです。
それは、このあとのポジャギの時間にみなさんが使う道具たち。なので、
この7人の仲間たちと、なかよくポジャギを作って下さいね、という思いも込めて。

そのほかにこんな絵本も。
4.jpg
お正月やチュソクといった韓国の伝統行事を紹介したものには、
行事食や美しい晴れ着も登場しています。
キムチや、かぼちゃのおかゆ、肉入りトック、ほし柿など
韓国のおいしいものが登場する創作絵本や昔話。

探せばほかにももっといろんな作品と出会えると思います。
ぜひ機会があったらみなさんも韓国の絵本から美しいもの、たのしいもの、
沢山見つけてくださいね。

ポジャギの時間はじまりはじまり。
15.jpg
エコバッグを作ります。
16.jpg
尹さんからの説明の後、
20.jpg
バッグに描くデザインを下書きして
色や形を組み合わせていきます。
26.jpg

「7人のなかま」と針仕事。
21.jpg
しばし沈黙・・・な昼下がり。

静かな合間に尹さんと、参加者のみなさんのお針箱ギャラリー
23.jpg 13.jpg

12.jpg 11.jpg


24.jpg 19.jpg 

18.jpg 17.jpg
まるでお弁当箱みたい。箱も中身も「詰め方」もいろいろ。

そうするうちに、作品はせっせせっせと出来上がっていきました。
25.jpg

時間が足りない~という声も聞こえてきましたが、
22.jpg
おおよそみなさんの作品が一段落ついたところで

おやつの時間です!
蒸しあがりましたっ。
1.jpg
会場の台所をお借りして2台作りました。
「カボチャの餅ケーキ」です。
14.jpg
韓国では「ホバクトク(かぼちゃ餅)」とか「ホバクソルギ」というようですが、
トクとソルギの違いがよくわかりません。
さらにカボチャのはいっていない白い餅ケーキで、
はちみつやドライフルーツがはいったチャッカビョン(雑果餅)というのもあります。
    ・・・これらの違いって、岩手のお菓子の「ゆべし」と「きりせんしょ」の違いのようなのかな、
      (これもまたローカルな話題ですが)
      トクとソルギとビョンの違いがわからず・・・どなたか教えてください。

今回作ったカボチャの餅ケーキの
材料は、米粉に砂糖、マッシュカボチャ、塩、シナモン。これらををまぜて、目の粗いふるいにかけ
レーズンと松の実を飾って、30分蒸してできあがり。
2.jpg
 
餅ケーキというだけあって、ほろほろで、モチモチな不思議な食感。
   ・・・素朴さが岩手の「がんづき」ともちょっと似ています。
韓国では、ココア味やイチゴ味もあるそうです。それも一度食べてみたいなあ。

もう一品は「カボチャのぜんざい(ホボクジュク)」
カボチャのペーストにゆで小豆と砂糖と水を加え
白玉団子を加えていただきます。
27.jpg
カボチャの優しい甘さと白玉のもちもちがあとをひきます。
28.jpg
お茶は丹波篠山の黒豆茶。

29.jpg
お茶とおやつをいただきながら
参加者の方々に、本日の作品や感想などおはなししていただきました。

最後にポジャギ展会場で記念撮影。
30.jpg
絵本とポジャギのコラボ
おかげさまで楽しい時間とすることができました。
二人で考えていた時はどうなるかなと思っていたのですが、
当日を迎えるとあっという間に終了時間となってしまいました。
8.jpg
ご参加のみなさまどうもありがとうございました。

後援いただいた神戸学生青年センターの
飛田さん、都築さんありがとうございました。
7.jpg
そして尹さん お疲れさまでしたー。
また次回もゆかいなことやってみましょうね♪


コメント(6) 
共通テーマ:blog

3/2  絵本とポジャギのミニエコバッグづくり [絵本]

春だ~♪ の報告のあと、しばらく更新が滞ってしまいましたが、
3月に神戸で開催する講座のおしらせです。

韓国の手しごとをテーマに
絵本とポジャギ(韓国のパッチワーク)と韓国のおやつでたのしむ講座です。

尹さんとは昨年6月の講座以来のコラボです。
 6月の様子→http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-06-05

私は韓国や手しごとが登場する絵本の紹介と
韓国のおやつ担当です。
どんなおやつにしようかな~と考え中♪

春のひととき
ご参加お待ちしています!!

 ★絵本と手仕事ワークショップ  
 絵本と ポジャギのミニエコバッグづくり

 
   韓国や手仕事がテーマの絵本を楽しんで、
   ポジャギで小さなバック作りを楽しみます。
   韓国をちょっぴり味わうおやつ付き。
   ご参加お待ちしています!

バッグ.jpg
作品は一例です。当日は好きな布で自分だけのデザインに仕上げてくださいね

日 時:2014年 3月2日(日) 13:30~16:00 

会 場:神戸学生青年センター 
          神戸市灘区山田町3-1-1  阪急六甲駅・歩3分 JR六甲道・歩10分
          電話(078)851-2760 FAX(078)821-5878  
          会場地図などはこちら→ http://ksyc.jp/

講 師: 尹 英順 (ポジャギ作家)  
     中野由貴 (絵本の中のごちそう案内人)

参加費: お一人  3,500円 (税込・材料費・お茶・おやつ含)
      親子参加はペアで5,000円    

定員:15名 要申込

持ち物:針・糸切りハサミ・ヘラ・定規 (貸出もします。申込時にお申し出下さい)

★申込み:神戸学生センターまで
       電話(078)851-2760 または FAX(078)821-5878
       または メール(下記チラシのアドレスまで ↓ ) チラシ.jpg

また同会場では 3月1日(土)~ 3月5日(水)
  「ポジャギ展 ~尹 英順とポジャギ教室作品展~」 を開催します。
あわせてお楽しみくださいね。

<後援> 神戸学生青年センター


コメント(4) 
共通テーマ:blog

絵本とお菓子でクリスマス [絵本]

先日ご案内させていただいた
12月12日トンカのえほん講座「クリスマスのお菓子」開催しました。
2.jpg
クリスマスをテーマに絵本とお菓子を楽しもうという内容です。
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-10

ビルの2階にあるトンカ書店さん http://www.tonkabooks.com/
1.jpg
クリスマスのえほん講座は2年ぶりです!
今年はどんなクリスマスになるでしょうか

ご紹介した絵本たちです
4.jpg
 ・クリスマスまでもうすこし
 ・サンタクロースと会えるかな
 ・雪の日の出来事
の、3つをテーマに14冊をご紹介。
クリスマスのほかに冬や雪をたのしむおはなしもあります。

今回の絵本に登場するお菓子はほとんどがクッキーやキャンデーなのでした。


クリスマスを音楽で♪
6.jpg
みなとあすかさんがウクレレ演奏をしてくださいました。
ありがとうございました。

今回のクリスマスのお菓子
5.jpg
 ・イタリアのクリスマスのお菓子パネトーネ
   ・・・ドンクのパネトーネ“グランデ“
     http://www.donq.co.jp/family/index.html
 ・ドイツのクリスマスのお菓子シュトーレン
   ・・・イスズベーカリーのシュトーレン
 
     軟らかくて生地もレーズンも濃い味、という感じでした。
     http://isuzu-bakery.jp/  
 ・ドイツのクリスマスのお菓子プフェェッファーヌッセ
   ・・・スパイスの効いたクッキ、堅いと思っていたら結構軟らかかったです
 
 ・大きなチュッパチャプス
   ・・・魔法の杖みたいでしょ。中に15本入っています。
 ・クリスマスのキャンデー・クッキー・チョコレート
 
 ・りんごを炊いたの(シナモンを効かせてみました)
 

 ひろりんさんからは
  ・ゆきだるまのチョコレート
 兎座さんからは http://uzasanpo.blog.so-net.ne.jp/
 今回参加できないけれど、と郵送してくれた
  ・兎座さん筆の“クリスマス猫“のポストカード
3.jpg
 どちらもみんなで分けっこしました。 ありがとうございました。

今回のお菓子のメインイベント~パネトーネグランデ!
これはドンクさんで通常販売しているパネトーネの3倍あるパネトーネ
だから「グランデ~でっかい」というわけ。
8.jpg
店頭でみつけたときは、これだっと思いました。
決して一人では食べられないサイズだけど、
今回みんなで味わうにはもってこいの大きさです。

その大きさは・・・隣に文庫本を置いてみました。
7.jpg
ね、大きいでしょ。重さは1.5キロ。
レーズンやオレンジピールなどのドライフルーツがたっぷりです。

これをカップケーキにみたてると
なんだか私はネズミになった気分でした。
どんなオーブンで焼いたのか想像するのも楽しいです。

代表して!ざっくざく切り分けました。
9.jpg
中はふっかふか。
この大きさが、焼いても中心部分をしっとりさせるのだと思います。
一般のパネトーネよりふっくら、しっとりしている感じ。
大きさはもとより、私としてはこれまで食べた中で一番ふっくらしっとりしたパネトーネでした。

みんなでいただきます。
お昼前のイベントでしたが、お昼ごはん食べられたかな!?
10.jpg

そして後半も引き続き絵本を紹介させていただいて、
ワイワイがやがやとあっという間に終わりの時間です。
11.jpg
ご参加いただいたみなさまありがとうございました。
そしてトンカさんありがとうございました。
みなさまのおかげで、私もとっても楽しかったです。

あと2週間足らずでクリスマス
どうぞ絵本とお菓子でひきつづき楽しい冬の季節をお過ごしくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・
来年4月からはトンカ書店さんで
偶数月の満月の日に「月夜の絵本の会」を開催します。
夜をテーマにした絵本を読んでいきます。
詳細は後日ご案内させていただいます。
ひきつづきどうぞよろしくおねがいしますー。
 


コメント(0) 
共通テーマ:blog

12/12 クリスマスのお菓子 [絵本]

お知らせが続きます~
12月に開催する絵本講座のおしらせをさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸・元町にあるトンカ書店さんで年に数回開催している
絵本の中のおいしいものをたべる会

第11回目となる12月12日は、
2年ぶりに、クリスマスをテーマに開催します!クッキーいろいろ.jpg
 ↑ これは2010年の講座のとき作ったオーナメントクッキー♪


*トンカのえほん講座* 
 絵本の中のおいしいものをたべる会 11
    
絵本の中にはおいしいものがたくさんあります。
    そんなあれこれを毎回テーマを決めて、
    参加者同士で“ちょっぴり”味見をする講座です。


「クリスマスのお菓子」
絵本の中のおいしいものを、ちょっぴり味わってみませんか。
12月になるとケーキ屋さん、パン屋さん、デパートなど、町中にクリスマスのお菓子やケーキが並びはじめます。
絵本の世界もクリスマスや冬が舞台の物語の中に、おいしいものがたくさん登場しています。
今回は、クリスマスを〝これから迎える厳しい季節を温かく過ごすための行事〟としてとりあげ、
絵本の世界を、クリスマスのお菓子と一緒に楽しもうと思います。

 

日時 2013年12月12日(木) 10:00~12:00
会場 トンカ書店
    神戸市中央区下山手通3-3-12元町福穂ビル2D
     電話&FAX:078-333-4720
     元町駅から徒歩5,6分くらい

参加費:2000円 (資料、お茶、おやつ)
 ★要申込  参加の方はマイカップをご持参ください

 ★お申し込み: メール(携帯) belle-tableあっとまーくk.vodafone.ne.jp
                    「あっとまーく」を「@」にかえてお送りください
                    メール送信3日以上経過しても返信のない場合、
                    再送信いただくかトンカさんまで直接連絡をおねがいします。
          または「トンカ書店」まで

みなとさんと、よすこさんのウクレレの演奏も予定していまーす♪
どうぞお楽しみに!

ご参加お待ちしています
よろしくお願いします

▼これまで開催した「絵本の中のおいしいものをたべる会」の報告は
  こちらをご覧ください →★

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【そして・・・来年のおしらせ!】

来年2014年は「夜」が舞台の絵本をテーマ別にご紹介する
「月夜の絵本の会」をやります。

開催するのは満月の夜。
詳細は後日おしらせしますが、日程だけ先に。
引き続きどうぞよろしくお願いします。

開催日と「テーマ」
2014年 
  4月15日(火)  「夜のおさんぽ」
  6月13日(金)  「おやすみなさい」 
    6月は同内容で朝の部(午前10時~11時半)も開催します
  8月11日(月)  「星座と星祭り」
 10月 8日(水)   「お月見」
 12月 6日(土)   「クリスマスの夜」

時間 午後8時~9時半 要予約
会場 トンカ書店

★尚、諸事情等により日時・内容等が変更となる場合があります。
 その際はご了承願います。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

よっぱらいになりました [絵本]

2013年7月23日に開催した
アート林間学校2013「よっぱらい入門」
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-06-27
その報告のつづき~~
23.jpg

今回の講座の講師には
ヒロミさんと私の名前が出ておりますが、
実は今回の本当の講師はこの方だったのかもしれません。
40.jpg
「ぬまばば」さまです。

『ぬまばばさまのさけづくり』
イブ・スパンク・オルセン さく・え
きむらゆりこ やく
福音館書店

この絵本、もう何年も絶版で
アマゾンでも高価な値がついていました。
だから図書館でしかなかなか読むことができなかったのですが
今年の春、再販となって、うれしからまし、な1冊なのです。

つまり私たち二人は、ぬまばばさまのアシスタントな気持ちです。
そうして参加してくださったのは、
8歳の女の子、そして日本画家の井ノ岡里子さん。
26.jpg

ぬまばばさまは
デンマークの沼地に暮らす妖精(たぶん)で、
ぬまおとこ、ぬまむすめ、ぬまこぞうという家族で暮らしています。
みんなでさけづくりをして、冬の間は冬眠
そうしておさけができると春がやってきます。

31.jpg
ぬまばばさまのさけづくりの材料は
ゆうやけのべに、つきあかり、ちちくさ・・・・など。
  あとはどうぞ絵本を読んでみてくださいね。

そんなさけづくりを参考にさせていただき、考えました。
では私たちだったらどんなのみものがつくれるのだろう。
材料を集めてみよう。
27.jpg 28.jpg
不思議な形のにんじんや、ホース、バナナの葉のコップ・・・「材料」たち大活躍。

これいいな、あれいいな、とみんなで品定め。
38.jpg

では、どこでどんな風につくりましょうか。
29.jpg

地図をみながら、世界や宇宙に想いを馳せます。
32.jpg

そうしてそれぞれ一人づつレシピノートをつくりました。
36.jpg

中面には、つくったのみもの名前と、作った場所と、材料と、作り方を書きました。
37.jpg

発表!
33.jpg
んぐ、んぐ!?

はあ~よっぱらっちゃったっ。
34.jpg

後半にはCAPの関係者の方もきてくださり
それぞれ好きな器で、くみかわし
35.jpg
みんなでかんぱ~い!

最後に記念撮影して、おしまい。
実にじつに、愉快な午後でした。
ご参加のみなさま、CAPのみなさまどうもありがとうございました。
30.jpg
夏休みのヒトコマとしての夢ののみものつくり。
みなさんは、どんなときに、どんな場所で、どんな風につくってみたいですか?

★こちらにも報告が出ています~ご覧ください(CAPのHP)
 http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2013/08/09105306.html


コメント(10) 
共通テーマ:blog

よっぱらいになるまで [絵本]

先日ご案内させていただいた
アート林間学校2013で7月27日開催予定「よっぱらい入門」
主催:芸術と計画会議(C.A.P.)
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-06-27
おかげさまで無事終了しました。
ご参加のみなさま、関係者のみなさまありがとうございました。
12.jpg

当日を迎えるにあたり
その前日、一緒に講座をするヒロミさんから「指令」が下りました。
「さけづくりの材料持ってきてー」

はいはい~了解!
そうして私がもっていったのは
9.jpg
恐竜の化石、三葉虫の化石、樹木の化石、アンモナイト
ピンク方解石、テレビ石、蛇紋岩・・・など

10.jpg
青いしずく、青い鳥(兎座さんありがとー)
ココペリの敷物(ひろりんさんありがとー)
平和ピンチ(おや、もう5年前の出来事)
 
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2008-05-21-2
写真には写っていないけど、
松ぼっくりや、栃の実…その他諸々。

ヒロミさんが持参したものとあわせるとかなりゆかいなことになってきました。
しかしこれだけでは物足りないので・・・

当日の午前中
ヒロミさんとさけづくり材料を集めに行ったのは
13.jpg
諏訪山(すわやま)公園

ここは昭和26年まで動物園だったところ。
14.jpg

夏の日差しを浴びた遊具の背景に動物園の気配がまだ残っています。
15.jpg

昔、むかしの誰かさんの足跡
17.jpg

すべり台
16.jpg

そして山の中腹には
19.jpg
明治7(1874)年の金星観測の記念碑です。

18.jpg
金星の太陽面通過という現象をここで観測したという場所で金星台ともよばれています。
ウィキペディアにも載っていました →こちら
20.jpg
ここからまた少しのぼっていくと
ビーナスブリッジという神戸の恋人の聖地(なのか?)のような場所があり
「ビーナス」というのはつまり、この金星観測ゆかりの場所からつけられているのですね。

さてここで
つゆくさ、木の枝、木の破片・・・など材料を集めて下山

坂道をおりる途中、不思議なストローでできたオブジェが・・・
22.jpg
ここは何か?とのぞいたら
21.jpg
そこは「アートスペースかおる」
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dffts904/
偶然にも、ヒロミさんが知り合いのかおるさんが玄関先に!
そんな出会いで、しばしのギャラリー散策。
かおるさん、ありがとうございました。

玄関先でみつけたセミの抜け殻をゲット。
39.jpg
ウキウキと夏休み満載の、ゆかいな午前の散策でした。

材料をいろいろかかえ、本日の会場CAPに到着です。
11.jpg

CAPのカフェで腹ごしらえ
シェフの足立さん、ごちそうさまでした。
25.jpg

準備も終わり
いよいよ
24.jpg

午後から「よっぱらい入門」がはじまります。
23.jpg
・・・つづく・・・


コメント(0) 
共通テーマ:blog