So-net無料ブログ作成
検索選択

よっぱらいになるまで [絵本]

先日ご案内させていただいた
アート林間学校2013で7月27日開催予定「よっぱらい入門」
主催:芸術と計画会議(C.A.P.)
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-06-27
おかげさまで無事終了しました。
ご参加のみなさま、関係者のみなさまありがとうございました。
12.jpg

当日を迎えるにあたり
その前日、一緒に講座をするヒロミさんから「指令」が下りました。
「さけづくりの材料持ってきてー」

はいはい~了解!
そうして私がもっていったのは
9.jpg
恐竜の化石、三葉虫の化石、樹木の化石、アンモナイト
ピンク方解石、テレビ石、蛇紋岩・・・など

10.jpg
青いしずく、青い鳥(兎座さんありがとー)
ココペリの敷物(ひろりんさんありがとー)
平和ピンチ(おや、もう5年前の出来事)
 
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2008-05-21-2
写真には写っていないけど、
松ぼっくりや、栃の実…その他諸々。

ヒロミさんが持参したものとあわせるとかなりゆかいなことになってきました。
しかしこれだけでは物足りないので・・・

当日の午前中
ヒロミさんとさけづくり材料を集めに行ったのは
13.jpg
諏訪山(すわやま)公園

ここは昭和26年まで動物園だったところ。
14.jpg

夏の日差しを浴びた遊具の背景に動物園の気配がまだ残っています。
15.jpg

昔、むかしの誰かさんの足跡
17.jpg

すべり台
16.jpg

そして山の中腹には
19.jpg
明治7(1874)年の金星観測の記念碑です。

18.jpg
金星の太陽面通過という現象をここで観測したという場所で金星台ともよばれています。
ウィキペディアにも載っていました →こちら
20.jpg
ここからまた少しのぼっていくと
ビーナスブリッジという神戸の恋人の聖地(なのか?)のような場所があり
「ビーナス」というのはつまり、この金星観測ゆかりの場所からつけられているのですね。

さてここで
つゆくさ、木の枝、木の破片・・・など材料を集めて下山

坂道をおりる途中、不思議なストローでできたオブジェが・・・
22.jpg
ここは何か?とのぞいたら
21.jpg
そこは「アートスペースかおる」
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dffts904/
偶然にも、ヒロミさんが知り合いのかおるさんが玄関先に!
そんな出会いで、しばしのギャラリー散策。
かおるさん、ありがとうございました。

玄関先でみつけたセミの抜け殻をゲット。
39.jpg
ウキウキと夏休み満載の、ゆかいな午前の散策でした。

材料をいろいろかかえ、本日の会場CAPに到着です。
11.jpg

CAPのカフェで腹ごしらえ
シェフの足立さん、ごちそうさまでした。
25.jpg

準備も終わり
いよいよ
24.jpg

午後から「よっぱらい入門」がはじまります。
23.jpg
・・・つづく・・・


コメント(0) 
共通テーマ:blog

7/27  よっぱらい入門 [絵本]

講座のおしらせです。
2013年7月27日(土)14時―16時
神戸でちょっとゆかいなコラボ講座をします。

アート林間学校2013
「よっぱらい入門」

といってもお酒を飲む会ではありません。
世の中にある「酔う」という感覚。
それを体でことばで、五感を使って探ってみます。
五感を研ぎ澄ます・・・といいましょうか。
「よっぱらい」をナビゲートするのは絵本の住人たち。
そうして私たちも素晴らしいよっぱらいになってみようー。

なーんて、書いて伝わるかしら。
自分が「酔う」っていうのは、
例えば「もう何も見えないくらい大好きだあ~」ということ。
  ・・・これもまた当日、別のいい方を考えてみたい。

そんなものをなにかひとつでももっていたら
人生たのしいよ、すばらしいよっていうことを
アートな分野で気付いてみようという試みです。

こどもも、おとなもみんないっしょになってゆかいに過ごしたいと思います。

会場は神戸の山の手にあるCAP。
以前こんな展示をしたところ
 ↓
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2010-09-04

今回はパフォーマンスアーティストの白井廣美さんとのコラボです。
白井さんとは昨年こんなことやりました
 ↓
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2012-08-16
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2012-10-07

さて今回はどんなことになるのでしょうかー!?

★アート林間学校2013
アート林間学校2013.jpg

参加者募集は・・・
 C.A.P.メンバーシップ会員先行予約: 2013年7月13日(土)午前10時より
 一般予約 :  7月15日(月祝)午前10時より予約開始です。

★詳細・申込はこちら
  http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2013/06/18151111.html
 
 

 アート林間学校2013は、全部で27の講座があります。
 「よっぱらい入門」に加えて(!?) 好きな講座にじっくりとご参加ください♪

「よっぱらい入門」

 講 師:白井廣美(パフォーマンスアーティスト)、中野由貴(絵本と童話のごちそう案内人)
 日 時:2013年7月27日(土)14時〜16時 
 対 象:小学1年〜大人 
 定 員:15名 
 受講料:1,500円
 
 

 「よっぱらう」ってどんなこと?お酒のほかにもよっぱらうことってあるよね。
 絵や言葉や体でよってみよう。最後は記念撮影だ。

主 催:C.A.P.(芸術と計画会議)、海外移住と文化の交流センター共同事業体、 神戸市教育委員会
助 成:C.A.P.サポーティングメンバーシップ
協 力:深江ワークヴィレッヂ

★詳細・申込はこちら
  http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2013/06/18151111.html

ご参加お待ちしています!!


コメント(2) 
共通テーマ:blog

絵本の中にはおいしい野菜がいっぱい [絵本]

先日ご案内させていただいた
トンカのえほん講座
絵本の中のおしいものをたべる会 第10回
絵本の中の野菜畑 
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-06-05-1

予定通り開催しました。
参加のみなさまどうもありがとうございました。
6.jpg

実はこの週のはじめ台風3号が発生し
当初の予定では開催日に関西台風直撃?な予報でした。
暴風雨だったらどうしよう・・・・とトンカさんや友達に相談していたのです。
2.jpg
ところがトンカさんがつくったてるてる坊主ががんばってくれて
台風はいなくなり、当日は晴天。
暑すぎるくらいに・・・。
てるてるさん どうもありがとう。

そうして何の心配もなくはじまった絵本講座は、
今回が祝10回目
あらためて参加してくださる方がいてくださるからこその10回です。
ありがとうございます。
 2010年 チョコレート、ビスケットとクッキー、パンとジャム、クリスマスのお菓子
 
 2011年 スープ、パイ、クリスマスのお菓子
 2012年 ロシアのお菓子、ハロウィン
と開催してきました。
それぞれの報告はこのブログの「絵本」から検索してみてくださいね。
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/archive/c45396610-1

うざさんから祝10回手書きポストカードいただきました♪
9.jpg
どうもありがとう

トンカさんの椅子が今回から変身
3.jpg

今回参加者のみなさんと「訪問」した絵本の中の野菜畑たち・・・これは一部
4.jpg
野菜が登場する絵本は古今東西数限りなくあるのですが
今回は、図鑑的なものは省き、
主によく知られているけれど、あ、ここにも野菜でていただんだ、と気付かされるもの中心に

 野菜作り名人
 畑じまん~家庭菜園から大規模農場まで
 立派な野菜たち
 野菜がしゃべる、うたう
 八百屋さん そのほか

と5つに分けてご紹介しました。

後半は「たべる会」
本日の野菜を使ったおいしいものいろいろ
1.jpg
            ↑ 野菜をそのまま食べていただくことにしたので、このドレッシングはなし
・播磨農業高校のきゅうり
・鹿児島有機研のオーガニックにんじん
・小粒なアメーラというプチトマト(人さし指の先より小さいトマト一粒が40円!)
・枝付きプチトマト
・かぼちゃがんづき(岩手のおやつをアレンジしました)
 5.jpg
・イタリアントマトと黒コショウのジャム(先日の東和のランチでだしたあれです)
・ビスコット(小さな堅パン)
・にんじんチップス
 8.jpg
・さやえんどうスナック
・オーガニックトマトジュース(島根のやさかのトマトジュース)
・もりたんぼさんのパクチー茶(パクチーの別名はコリアンダー、香草(シャンツァイ))
 http://www.moritambo.com/index.html
 
 先日・・・あ、ブログで報告していませんね。神戸のベトナム料理屋さんで開催された「パクチーの会」
 そこで出会ったお茶です。ドライハーブとしていろんなお料理にも使えるし
 お茶と言うより、スープみたいで美味。
 Mr.&Ms.もりたんぼさんありがとうございました!

こんな風にもりつけてみんなでいただきました。
7.jpg
絵本の中の野菜たちはじつにおおらか
まだまだ紹介したい絵本はたくさんあるのですが、
ぜひみなさまも、絵本の中の野菜たちをたくさん出会って
そして現実世界でもおいしい野菜たちもりもりたべましょうー♪

トンカさん、そしてご参加のみなさま、今回もありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回のトンカの絵本講座は
2013年12月12日(木)10時~12時
「クリスマスのお菓子と絵本」です。
すでに参加者募集しています。
トンカさんまで・・・ http://www.tonkabooks.com/
こちらにもぜひお越しくださいね♪


 


コメント(4) 
共通テーマ:blog

6/13 絵本の中の野菜畑 @トンカ書店 [絵本]

2013年6月13日(木)に
神戸のトンカ書店で開催する絵本講座の参加者募集しています。

*絵本の中のおいしいものをたべる会*
 今回で祝10回目

     『絵本の中の野菜畑』

   淡路の有機玉ねぎ.jpg     
  絵本の中にはおいしいものがたくさんあります。
  そんなあれこれを毎回テーマを決めて、 
  参加者同士で“ちょっぴり”味見をする講座です。
 
日 時:2013年 6月13日(木)10時~12時
会 場:トンカ書店
      神戸市中央区下山手通3-3-12元町福穂ビル2D
      電話&FAX:078-333-4720  元町駅から徒歩5~6分
      http://www.tonkabooks.com/

参加費:2000円 (資料、お茶、おやつ)当日はマイカップをご持参ください

お申し込み:メール(携帯)belle-table▼k.vodafone.ne.jp (▼を@に)
         または「「トンカ書店」 http://www.tonkabooks.com/  まで

市島の完熟トマト.jpg

これからはじまる暑い夏!  絵本を通して“夏野菜”を楽しんでみませんか。
絵本の中には、おいしい野菜がたくさん。
畑からはおしゃべりや歌声が聞こえてくるし、 野菜作り名人も暮らしています。
夏野菜が登場する絵本をとりあげながら、味見もちょっぴり。

一体何が味わえるのか・・・
 例えば、有機野菜、野菜のお菓子、ジュース、それから
 先日の岩手でだしたこの右端のもご用意しようかと・・・
              ↓ この右端のね
30.jpg
などなど・・・当日、何が出てくるか、お楽しみです。
(その日のランチはいらないかも、です。)

野菜の絵本って・・・・
これからいとこ煮になります.jpg
 ↑ そういえば、こんな「絵本」もあったでしょ!?

それから・・・・・
ピース.jpg
 ↑ これはえんどう豆だけど、こんな主人公の「絵本」もあったでしょ!?

どすん.jpg
↑ どし~ん、これは長芋の仲間の大和芋 ~ははは。
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2008-12-14


どんな野菜の絵本が登場するかもお楽しみです。

プチッとトマト.jpg

写真は講座のイメージです。
けれどもこのブログのどこかに登場してきた兵庫や岩手で出会ってきた野菜たちです。
「野菜たち」から検索して、のぞいてみてくださいね。
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/archive/c45398016-1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでは絵本講座のご参加お待ちしています。
どうぞよろしくお願いします―♪


コメント(2) 
共通テーマ:blog

しばわんこドリル はるなつあきふゆ [絵本]

白泉社からでている絵本とキャラクターの月刊誌「MOE」
http://www.moe-web.jp/
この雑誌で10年以上、連載のつづいている「しばわんこ和のこころ」
作者は川浦良枝さん
原画を一度見たことがあるのですが
しばわんこの毛一本いっぽんまでとても繊細で
和の世界を実に丁寧に忠実に描かれています。

日本の和のこころをもつ、しばわんこさんは
同居人のみけにゃんこさんと
和の暮らしを伝えてくれます。
私の好きなわんこの一人(一匹?)です。
そしてほんのときどきお仕事一緒にさせてもらっています。

今回そのしばわんこさんが、
季節をたのしくおけいこしようをテーマに
ドリルになって登場しました。

きせつをたのしくおけいこしよう
「しばわんこドリル はるなつあきふゆ」
絵 川浦良枝
白泉社 900円+税
http://www.hakusensha.co.jp/moe/book/com/shibawanko/drill

5.jpg
ドリルのページはオールカラーで
しばわんこさんと、みけにゃんこさんといっしょに
ことばや数を勉強しながら四季も学べる一冊です。

 きせつのおはなし
 おうちの方へ
 季節の行事を楽しむための豆知識
のページに関わらせてもらいました。
ドリルしながら読んでくださいー♪

四季のある日本のくらしは素晴らしいのです。
日本の四季は繊細で、だからこそそこで暮らす人たちに
肩肘張らずに身の回りにある美しいものを感じる気持ち
受け入れるやわらかい心を育んでくれているのだと思います。
この感覚は、すばらしい自然からの贈り物。忘れないでいたいものです。

小さいみなさんはもちろん
大人の方も
しばわんこさんと四季のドリルたのしんでみてくださいね♪


コメント(4) 
共通テーマ:blog

絵本でおいしい秋を味わいました [絵本]

しばらくごぶさたしていました。
あらら、もう10月も後半戦。更新がんばりますー。
コメントの返信も遅れ気味でごめんなさい!
ふたたびよろしくおねがいします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月11日 先日ご案内させていただいた
トンカのえほん講座「ハロウィンと収穫の秋」を開催しました。

収穫の秋、味覚の秋、そして食欲の秋にあわせて
秋のおいしいもが登場する
今回の絵本たち
4.jpg
気付けば、おいもやリンゴが登場するものが多くなっていたのでした。


ハロウィンについての「浅く薄く広い」うんちくを少々かたむけつつ
勉強不足ゆえか
ハロウィンの絵本でお勧めのものがなかなか今回みつならなかったので
かわりこのごろお気に入りの「おばけかぞくのいちにち」
さくぴーとたろぽうのおはなしをご紹介させていただきました。
2.jpg

今回はゲストに5年前(ああ、もうそんなに)絵本講座をご一緒にさせていただいた→★
柏田さんに登場いただき、
ご自身が好きな絵本紹介と
絵本を探す時に役立つ絵本ガイドブックのおはなし、
最後に「おとうさんのアップルパイ」を読んでくださいました。
6.jpg
柏田さんありがとうございました。

お茶の時間は収穫の秋をたのしむおいしいものたち。
7.jpg
・炊飯器でつくったかぼちゃパン
・かぼちゃパンに添えたさつまいもとりんごのジャムもつくってきました

・ハロウィン柄のチョコレート&キャンデー
1.jpg
・ハロウイン版 マヨのたね
  ・・・ゆかいなパッケージに魅かれて選んだのですが
    中身はかぼちゃのタネで作ったスナック菓子でした。

先日でかけた岩手でも秋っぽいもの買ってきました!
3.jpg
・青森のアップルチップス
・岩谷堂のくるみ羊羹
・花巻のお米を使ったお菓子「岩手の誉」
・平泉の薬草茶 「百年茶」

今回の絵本の中には『やまのたけちゃん』『にほんのかきのき』
など、日本の懐かしい風景が舞台のものも選んでみました。
昭和な風景の中で繰り広げられる物語にはなつかしさがいっぱいですが、
物語の面白さ、主人公が笑ったり考えたりする事柄は
時代を越えて「いいなあ」と思えるものばかり。
ぜひ秋の絵本いろいろ読んでみてくださいね。
8.jpg

今回もトンカ書店さん、柏田さん
そしてご参加のみなさまどうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうしてトンカのえほん講座は来年2013年もつづきます。

2013年 6月13日(木)「絵本の中の野菜たち」・・・祝10回目!
     12月12日(木)「クリスマスのお菓子と絵本」

いずれも時間は10時~12時です。
ご参加お待ちしています。

~来年もどうぞよろしくお願いいたします~


コメント(2) 
共通テーマ:blog

10/11 ハロウィンと収穫の秋 [絵本]

あわただしく9月が過ぎ
おしらせが直前になってしまいました~~
只今参加者募集中です。
ぜひお越しください♪

10月11日に神戸・元町 トンカ書店で
絵本講座を開催します。
今回のテーマは「ハロウィンと収穫の秋」
秋がテーマのおいしい絵本を紹介しながら
おいしいものをご参加のみなさんとちょっぴり味わいたいと思っています。
どうぞよろしくおねがいします。

*トンカのえほん講座*
絵本の中のおいしいものをたべる会9
       
「ハロウィンと収穫の秋」
きてね.jpg
 暑い夏が終わっていよいよ秋です。収穫の秋、読書の秋、そして食欲の秋!
 “おいしい”秋が登場する絵本をとりあげながら、
 そこに登場する“おいしいもの”をたのしんでみようと思います。
 一体何が味わえるのか・・・は当日のお楽しみ!?
 ほっこりとお茶の時間を楽しみながら、絵本の中のおいしいものをご一緒に味わってみませんか。

*日時:2012年 10月11日(木) 10:00~12:00

*会場:トンカ書店  http://www.tonkabooks.com/access.html
     

*参加費:2000円 (資料、お茶、おやつ) 当日はマイカップをご持参ください

★お申し込み: メール(携帯) 
  belle-table あっとまーく k.vodafone.ne.jp  
   あっとまーくを@にかえて送信ください。
   または「トンカ書店」まで

ご参加お待ちしていますー。
あそぼ.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これまでに開催した
「絵本の中のおいしいものをたべる会」はこちらをご覧ください→ ★


来年2013年度の日程が決まりました!
こちらも要チェックおねがいしますー。
(テーマは変更の可能性もあります。詳細はまたあらためて)

 第10回  6月13日(木) 「絵本の中の夏野菜」
 第11回 12月12日(木) 「クリスマスのお菓子」 


コメント(0) 
共通テーマ:blog

オハナシトイシカミハサミ [絵本]

講座のご案内3連ちゃんの途中ですが
昨日行った絵本講座のご報告

8月15日「オハナシトイシカミハサミ」という講座をしました。
会場はこの8月にオープンのKiito デザインクリエイティブセンター神戸
http://kiito.jp/

神戸・三宮から海に向かってあるいてここが入口。
入口.jpg
明治時代以降、生糸の輸出前の検査場として使われていた歴史ある建物が
神戸のデザインの拠点として生まれ変わった場所です。

港町神戸と言う界隈です。
お向かいは神戸税関。
夕暮れ.jpg
終戦記念日の今日は半旗が翻っていました。

さて、そうして夜の帳が下りたころ講座がはじまりました。
オハナシトイシカミハサミ
つまりは
お話と石紙鋏というわけです。
なにがはじまりますのやら。
準備中.jpg
私は絵本講座と
パフォーマンスアーティストの白井廣美さんとのコラボ講座です。

実は、先だってこの企画を催していただいたサミーさまより
頭がぐにゃぐにゃになるものをと言うお題をいただいておりました。
それからいつかワインを傾けながらの絵本講座って楽しそうだと思うのだけど、と。
さてどうするの!???

そうして本日の絵本です。
本日の絵本.jpg
今回のタイトルと合わせて気付きましたか?

テーマのひとつはジャンケン

おだのぶおさんの『じゃんけんじゃらすけ』(リブロポート)は
ジャンケンが大好きな男の子のゆかいなおはなし。
文章は土佐弁で、そのリズムもなんだかゆかいです。
ネイティブな土佐弁を知らない私ですが、がんばって読みました。
・・・気分はスケバン刑事・鉄仮面少女伝説!
(嗚呼年代が・・・いえ、茶化しているわけではありませぬ。がんばったというたとえですきに)

この絵本をよむとじゃんけんがしたくなる、はず。

ところで、あなたはどんなジャンケンをしますか?
じゃんけんほい、じゃんけんぽん、じぇんけんでっほーい
さいしょはグー・・・などなど、個人や地域によってじゃんけんはそれぞれなんです。


白井さんのジャンケンワークショップ

手を使ってのじゃんけんはやったことありますよね。
ではひとりじゃんけんってやったことありますか?
て.jpg
右手と左手で戦うわけです。
ム、ムズカシイ。

足を使って グーチョキパー
あし.jpg
顔を使って グーチョキパー

体全体を使って、
からだ.jpg
うひゃひゃ~~

後半はワインと絵本
ワインなど.jpg

お酒が登場する絵本って実はいくつかあるのです。
例えば宮澤賢治の「雪渡り」
そこには狐の幻燈会で「お酒飲むべからず」ということばがでてきたり、
「紫紺染について」ではお酒を飲まないと記憶がよみがえってこない山男がでてきたり・・・。

絵本は
デンマークの民話『ぬまばばさまのさけづくり』
アンデルセン原作の『ぶどう酒びんのふしぎな旅』を紹介しました。

ところで
「ぬまばばさま」って言いにくいの。 声に出して読んでみてくださいね。

地域の民話や伝説の中にもお酒が登場するものってけっこうあるのです。
兵庫県は灘五郷はじめお酒とゆかりの地域が多いので
そんな地域の昔話にもお酒が関わっていたりします。
よみました.jpg
神事などにも欠かせないお酒、お酒の持つ酔っ払うという力
そんな点からお酒をおはなし(民話、童話)の切り口で味わってみるのもおもしろいものです。

今回は兵庫の民話の中から
「ヒシャクノソコヌケコノコノサエモンさん」(丹波・青垣)
「沼島のショウジョウ」(三原郡) ※両方とも地域はあえて旧地名で
などを紹介させていただきました。


絵本とパフォーマンスアート
無理やりなところもあり、反省点もしかりなのですが
コラボからうまれてくるものがなんとはなしにつながって
さりげなーく、おもしろいひとときになったかなと
まずは自画自賛、私はゆかいだったです♪

企画いただいたサミーさん、白井さん
そしてご参加のみなさまどうもありがとうございました。
またゆかいなことやりましょー。


コメント(4) 
共通テーマ:blog

ロシアの絵本とお菓子な講座 [絵本]

先日ご案内させていただいた  ↓
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2012-02-05
トンカのえほん講座
絵本の中のおいしいものをたべる会 8
「ロシアの絵本とお菓子なお話」
楽しく開催することができました。
ご参加のみなさまありがとうございました。

本日の絵本たち
日本語に翻訳されたロシアの絵本の中で
なにかおいしいものがでてくる絵本たち中心に10冊ほどもっていきました。
本日の絵本.jpg
貴重なロシアの絵本の復刻版やそのほか
珍しい本、懐かしい本を中西さんがもってきてくださいました。
ポップアップブックなども紹介してくださいました。
おかげさまで今回は絵本が大変充実の内容に!
「てぶくろ」も本が違うと登場人物が若干違っていたり、
同じ作家さんが同じ絵本の絵を何度も書いて出版しているロシアの出版事情などの
おはなしも興味深かったです。
ありがとうございました。

本日のお菓子たち
お茶の時間.jpg
ロシア(っぽい)お菓子をテーマにご用意しました。
お皿にのせて集合写真を撮るのを忘れてしまったのですが、
一つずつご紹介します。

神戸・元町レンセイ製菓のクッキー
レンセイ製菓.jpg
「クッキー」なのですがロシアケーキとも呼ばれている
レンセイ製菓のクッキー
大変ボリュームがあって、1個でずいぶんお腹が膨れます。

新潟マツヤのロシアチョコレート
http://www.choco-matsuya.com/
こちらのマト子ちゃんのパッケージで有名なチョコレート。
マト子ちゃん.jpg

今回はこちらの3人娘にご登場いただきました。
(どちらも素敵でしょ)
三人娘.jpg
中身は一緒です。
ロシアチョコ.jpg
12種類のロシアチョコレート。

おだんごパン
ライ麦ぱん.jpg
絵本「おだんごパン」をまねて
今回も作ってきました炊飯器のパン機能を使って。
ライ麦入りのパンです。
塩のかわりに塩麹をつかってみたらふっくらとした仕上がりになりました。

これなんだかわかりますか?
カルトーシカ.jpg
カルトーシカというロシアのチョコレートケーキ
『ロシア料理その2』(荒木子 東洋書店)を参考に作ってみました。
ベースになっているのはチョイスビスケットとココア。
もふっとした食感が美味しいです。
ちなみにカルトーシカとは「じゃがいも」というロシア語。
じゃがいもに見えますか??

いちごジャム
市販のもの2種類もっていきました。
ひとつは軽井沢の沢屋さんのストロベリージャム
ジャムというより「いちごです」と、ごろっと形のままのジャムは美味。
パンにつけたり紅茶と一緒に(ロシアんティです)楽しんでいただきました。

紅茶はこちら
クスミティ
クスミティ.jpg
ブルーの箱がプリンス・ウラディーミル
チャイかミルクティにするとおいしいです。
ベージュの箱がブケ・ド・フルール
そのままストレートで飲むのがおいしいです。
綿のティバッグというのがまたおしゃれ。

ロシア人のクスミチョフさんがサンクトペテルブルグで始めた小さなお店から
フランスにわたり生まれたフランス紅茶。
どちらもとても香りがいいです。

今回もわいわいがやがやと過ごすうちにあっというまに時間が過ぎてしまいました。
振り返れば、今回はなんだか情報いっぱいで、
いい忘れたことや、ちゃんと説明ができなかったところもあって
「あちゃー」と反省もしています(毎度ながら・・・)。
会場.jpg
ロシアの絵本の世界、奥が深いです。
まだまだ楽しい作品も、おいしいものもたくさんあります。
ぜひみなさまも探してみてくださいね。

トンカ書店さま、ご参加のみなさま
ありがとうございました。

*******************
【おしらせ 1】
次回は10月11日(木)10時から12時 「絵本でたのしむ秋の収穫」
ハロウィンもテーマのひとつに楽しもうと思っています。 

お申し込みお問い合わせは
メール(携帯) belle-tableあっとまーくk.vodafone.ne.jp
                    「あっとまーく」を「@」にかえてお送りください
                    メール送信3日以上経過しても返信のない場合、
                    再送信いただくかトンカさんまで直接連絡をおねがいします。
または
トンカ書店さんまで


【おしらせ 2】
中西さんの絵本講座も4月からトンカさんではじまります。
Viernes 絵本deおさんぽ 講座
(スペイン語で「金曜日」)

2012年4月20日から毎月第3金曜日月1回(8月はおやすみ)
 ①10時~12時 ②19時半~21時半
参加費 各回800円(資料・お茶)

詳細とお申し込みは トンカ書店さんまで ↓
http://www.tonkabooks.com/event.html#a120420



 


コメント(10) 
共通テーマ:blog

みんなで作ろう春の和菓子&絵本を読もう [絵本]

2012年3月29日
このゆびとまれ明石さん主催の親子クッキング教室で
講師をさせていただきました。

参加者のみなさんとは昨年の夏以来です。→昨夏の様子
新しい参加者の方も加わって、
今回のテーマは「春の和菓子作り」。
春がテーマの絵本紹介もさせていただきました。

本日ご紹介の春の絵本たち。
春の絵本.jpg
主催者のおひとりKさんが用意してくださった絵本の中には
和菓子がテーマのものもたくさん。
ページを開くとどれもおいしそうです。


お菓子作りのはじまり~。てきぱきと準備。
さあつくるぞー.jpg

ところで今回のテーマですが
たいていの和菓子に欠かせないのが「あんこ」。
餡、餡子・・・おまんじゅうなどの中に入れる具のことですが、
今回、和菓子作りをする中でみなさんといろんなあんこを食べてみようと思いました。

そうして用意したのが
・小豆あん:あずきでつくったあん。
       今回は神戸の人ならご存知の「御座候」のつぶあんを用意しました。
       このつぶあんは、お彼岸の時期の1週間程度しか販売しないのです。
・桜あん:白いんげん豆でつくったあんに桜の花の塩漬けを刻んだものがはいっているあんです。

それから
・かぼちゃあん:ゆでたかぼちゃでつくります
・ずんだあん:枝豆をすりつぶしてつくる東北のもち料理に欠かせないあんです。
        ずんだとは「豆打」と書きます。
この2種類はつくります。

以上、4種のあんを味わうのにつくった和菓子は3種類。
それぞれのテーブルでてきぱきとお菓子作りがはじまります。

「春のクレープ」
春クレープ.jpg
クレープ生地は抹茶を入れて強力粉でつくりました。
強力粉を使うアイデアは参加者の方から事前におしえていただきました。
ありがとうございました。
もちもちのクレープが焼けるので和菓子作りに合うクレープになりました。

クレープ器で焼いたり
クレープ.jpg
フライパンで焼いたり
フライパンでも.jpg
できあがったクレープはもちもちです。
甘酸っぱいイチゴと、甘い小豆あんと、ぽってりした生クリームを
もちもちの若葉色のクレープで茶巾に包みます。
つつんで.jpg
全体にボリュームがでてちょっと包みにくかったかもしれませんが、
その分、なかなかの食べ応え♪ 


「春色豆腐白玉」
白玉.jpg
白玉粉と豆腐をまぜて、なめらかになるまでこねこねと。
丸めて丸めて、ゆでました。
小さいみなさん大活躍。
丸めて.jpg
初めての白玉団子造りの人が多かったけれど、みんな上手。
豆腐入りの白玉はもちもち。
まるまる.jpg
同時にかぼちゃと枝豆でそれぞれあんをつくりました。

ゆであがった白玉にかぼちゃとずんだと小豆あんを添えます。
かぼちゃの黄色とずんだの薄緑色が「春色」というわけです。
春色.jpg
盛り付けもいろいろ。華やか。

「桜デコもなか」
桜デコ.jpg

2月の花巻で→★
とても楽しかったもなかつくりを
明石のみなさんともたのしんでみました。
もなか.jpg

桜の花がそれぞれのテーブルでぱっぱっぱっと咲きました。
さくらだ.jpg
最中は食べる直前に桜あんをつめて
パリパリを味わいました。
さくらいっぱい.jpg

3品のお菓子作りは時間が足りるかなあ、としんぱいでしたが
お母さんもお子さんも、それぞれのテーブルのチームワークもすばらしく
2時間程度でできあがりました。
小さいみなさんにはちょっと長かったかもしれないけれど
みんな一生懸命で、ぐずる人はいなくて、集中力がすごい!
本当にこれってすごいことですよ。
そうして出来たお菓子たちどれもきれいで、かわいくて、美味しくできたことは
いうまでもありません。

改めてみなさまお疲れ様でした。
できたよ.jpg
わくわくの試食の時間。
いただきます~。
3品のお菓子、かなりのボリューム。
じゃーん.jpg
試食の時間の最後に
大型絵本の「くものすおやぶんとりものちょう」を読みました。
虫たちの世界の春の江戸が舞台のこのおはなしには
おいしそうな和菓子も登場しているのです。

そのほか「ふゆめがっしょうだん」
「はるいろのほねほねさん」などごしょうかい。

もちもち、ぱりぱり、むしゃむしゃと
春をテーマにしたお菓子を作ってみんなでいただくのは
私もとてもたのしいひとときでした。

このゆびとまれ明石のみなさま
参加者のみなさま
今回も楽しい機会に加えていただきありがとうございました。

次回は夏にお会いしましょう。
またご一緒においしいもの作って、みなさんと味わう時間たのしみにしています。
(さて、何を作りましょう、たのしい計画考えておきますねー♪)


コメント(10) 
共通テーマ:blog

4/12 トンカ書店 ロシアの絵本とお菓子なお話 [絵本]

4月のトンカのえほん講座のおしらせです。
絵本の中のおいしいものをたべる会
8回目となる今回はロシアをテーマに開催します。
来てね.jpg
(写真はイメージです)

ロシアといってもロシア語は全然わかりません・・・
なので日本語に翻訳されたロシアのおいしい絵本をご紹介します。
ロシアをたのしむお茶の時間もあります。
どうぞお越しください~♪

*トンカのえほん講座*
絵本の中のおいしいものをたべる会⑧
       
  絵本の中にはおいしいものがたくさんあります。
  そんなあれこれを毎回テーマを決めて、
  参加者同士で“ちょっぴり”味見をする講座です。

「ロシアの絵本とお菓子なお話」
 ロシアが舞台の絵本の中には、おいしいものがたくさん登場しています。
 ・・・そういえば「おおきなかぶ」「おだんごぱん」など思い浮かんでくるでしょう!?
 日本語に翻訳されたロシアの絵本をとりあげながら、お菓子をテーマにゆかいな
 絵本世界をご紹介します。
 ロシアが楽しめるお茶とお菓子もちょっぴりご用意します。
 ほっこりとお茶の時間を楽しみながら、絵本の中のおいしいものを
 ご一緒に味わってみませんか。

  日 時:2012年 4月12日(木) 10:00~12:00

  会 場:トンカ書店
       神戸市中央区下山手通3-3-12元町福穂ビル2D
       電話&FAX:078-333-4720
       元町駅から徒歩5,6分くらい
       http://www.tonkabooks.com/access.html

  参加費:2000円 要申込 (資料、お茶、おやつ) 
       ★当日はマイカップをご持参ください

  お申し込み: メール(携帯) belle-tableあっとまーくk.vodafone.ne.jp
                    「あっとまーく」を「@」にかえてお送りください
                    メール送信3日以上経過しても返信のない場合、
                    再送信いただくかトンカさんまで直接連絡をおねがいします。
          または「トンカ書店」まで


 
   ご参加お待ちしています!


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

せかいのはてをめざして [絵本]

12月14日は忠臣蔵 赤穂浪士討ち入りの日として有名ですが
(東海道線の「播州赤穂行き」新快速に乗るたび忠臣蔵を思い出す私)

1911年12月14日は
ノルウェーの探検家ロアール・アムンセンが人類初の南極点到達をした日です。
今日がちょうど100年目。

そのアムンセンの南極探検のことを書いた
『せかいのはてをめざして』
100年.jpg
幼稚園や保育園で配布される月刊絵で、
フレーベル館キンダ―おはなし絵本の12月号です。
私は文章を担当しました。
北住ユキさんの温かいタッチの絵が読者の冒険心を奮い立たせてくれます。

この絵本の企画をいただいたのが昨年の梅雨の終わるころ。
真夏に南極の資料や伝記をいろいろ読んでいました。
だんだん文章がまとまってきたのが年末。
何度書き直しながら北住さんの絵と合わさっていったのが今年の夏
そして今年の12月となりました!
雪や氷まみれの世界の冒険に一緒にわくわくした1年間でした。

アムンセンの冒険へ向かう向上心もすごいけれど
ライバルとして語られるイギリスのスコットもすごい。
彼の伝記を読むと南極を学術的に追う探究心にほれぼれとします。
二人に共通するのはあきらめない心と、前向きにがんばる強い気持ち。
人間ってやっぱりすごい。かっこいいです、と伝記を読みながら感じたことが
絵本でも伝わっていると幸い。
現在テレビで放映されている『南極大陸』よりもさらに約50年前の冒険物語です。

人類がはじめて南極点に行ったのが
もう100年も前のことと思うのか
つい100年前のことと思うのか、
みなさまはどちらでしょうか。
私は「つい」と思ってしまいます。

見かけることがあったらどうぞ手にとってご覧くださいませ。
こちらフレーベル館HPにも載っています。
http://www.kinder.ne.jp/2011/ohanashi/2011_12/

ちなみに購入はこちらです。
http://www.froebel-tsubame.jp/shopbrand/047/004/X

どうぞよろしくおねがいします。


nice!(20)  コメント(7) 
共通テーマ:blog

今年も愉快なクリスマス [絵本]

トンカのえほん講座⑦ 「クリスマスのお菓子」 詳細はこちら→★
開催しました。
ご参加のみなさまどうもありがとうございました。

クリスマス(冬をあたたかく過ごす行事として)をテーマに
おいしいものがでてくる絵本を紹介しながら
クリスマスのお菓子を参加のみなさんと味わいました。

本日の絵本たち。
本.jpg
「おいしいもの」といっても
絵本の中には、あたたかい光とか口笛とか、
そんなおいしいものも登場しています。
みなさんと口笛吹いたり、12日のおくりものを読み上げたり
とっても楽しかったです。

今年も、よしこさんとあすかさんが
ウクレレ演奏をしてくださいました♪
ウクレレ.jpg
よしこさん、あすかさん ありがとうございました。
ウクレレの音色とよしこさんの口笛に合わせて
クリスマスの歌をみんなでくちずさみました。

クリスマスのお茶の時間です。
本日の.jpg
どれもおいしそうでしょ。
サンタクッキーはトンカさんから、ありがとうございます。

ドイツの菓子パンのシュトーレン
今回はブルーベリーシュトーレンです。
シュトーレン.jpg
(でも写真撮るの忘れて・・・スミマセン~
写真はプレーンのほうのシュトーレン。TAGOさんのコースターと記念撮影♪)
スターフェリシモ仲間で滋賀でfour leavesというお花屋さんを主宰されている
橋本夏美さんからお取り寄せさせていただきました。
パン屋さんのご主人の作るこのシュトーレンは
北米ワイルドブルーベリー協会主催のコンテストで優秀賞を受賞されているんです。
ブルーベリーたっぷりの贅沢シュトーレン。

私はこんなのをつくりました。わっトッピングがかたよってしまった・・・・。
クリスマスがんづき.jpg
クリスマスがんづき
岩手の小昼のがんづき→本来はこういったものです
それをココア風味にして、チェリーとピスタチオのトッピングでクリスマスカラーに。

そのほかイタリアの菓子パンのパネトーネや
クリスマス柄のチョコレートやビスケット、スパイスの効いたハーブティなど。
ムシャムシャ.jpg チョコ.jpg

お菓子の家ヘキセンハウスは、Nさんからの差し入れです。
ヘキセン.jpg
たべるのがもったいない~といいながら
みんなでとりわけむしゃむしゃといただきました。
Nさんありがとうございました。
手前のMさん手作りのちっちゃなリースもかわいいでしょ。
ありがとうございます。

クリスマスカラーのトルティーヤチップスをみつけたので
ここにフェリシモさんのハッピーソースの中から、
「ときめきのバジルソース」と「甘酸っぱいトマトとリンゴの胸キュンソース」をトッピング。
ハッピーソースは、こちらのデジタルカタログの2-3pをご覧ください→★
ソースも.jpg
会場にはハッピーソースとスープの会それぞれの冊子に素敵な絵を描いてくださった
久松ひろこさん→もお越しくださいました。

わいわいがやがやとお茶の時間のあとに、絵本の時間後半をすごして
あっという間の2時間でした。
おいしくたのしいトンカ書店でのクリスマス絵本講座になりました。
わいわい.jpg

*******************
来年2012年度もトンカのえほん講座開催することになりました♪

 4月12日(木)「ロシアの絵本とお菓子なお話」
10月11日(木)「絵本で味わう 収獲の秋」

時間はいずれも10時~12時
お申し込みお問い合わせは
メール(携帯) belle-tableあっとまーくk.vodafone.ne.jp
                    「あっとまーく」を「@」にかえてお送りください
                    メール送信3日以上経過しても返信のない場合、
                    再送信いただくかトンカさんまで直接連絡をおねがいします。
または
トンカ書店さんまで

来年度もどうぞよろしくお願いいたします。


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

12/8 クリスマスのお菓子 [絵本]

今年も12月に神戸・元町にあるトンカ書店さんで
クリスマスをテーマに絵本講座をさせていただきます。 →昨年の様子はこちら★
クッキーいろいろ.jpg
クリスマスの解釈は本来は宗教的なものですが、
今回は冬の季節をあたたかく過ごすための行事という切り口で、
寒い時期に、明るく楽しくなるお菓子と絵本を参加者のみなさんとご一緒に楽しもうと思います。
ご参加お待ちしています。

滋賀のfour leavesさんのご主人・パン屋さんのおいしいシュトーレンや
みなとさんとよすこさんのウクレレの演奏もありまーす♪
どうぞお楽しみに!

*トンカのえほん講座* 
 絵本の中のおいしいものをたべる会 7
    
絵本の中にはおいしいものがたくさんあります。
    そんなあれこれを毎回テーマを決めて、
    参加者同士で“ちょっぴり”味見をする講座です。

「クリスマスのお菓子」
 クリスマスの季節になると、ケーキ屋さん、パン屋さん、デパートなど町中においしいお菓子やケーキが並びはじめます。絵本の世界もそれは同じ。クリスマスや冬が舞台の物語の中には、おいしいものがたくさん登場しています。
 冬を楽しく過ごすことができそうな、明るくたのしいお菓子を絵本と一緒に楽しもうと思います。
 ほっこりとお茶の時間を楽しみながら、絵本の中のおいしいものを一緒にちょっぴり味わってみませんか。            

日時 2011年12月8日(木) 10:00~12:00
会場 トンカ書店
    神戸市中央区下山手通3-3-12元町福穂ビル2D
     電話&FAX:078-333-4720
     元町駅から徒歩5,6分くらい

参加費:2000円 (資料、お茶、おやつ)
★要申込  参加の方はマイカップをご持参ください

★お申し込み: メール(携帯) belle-tableあっとまーくk.vodafone.ne.jp
                    「あっとまーく」を「@」にかえてお送りください
                    メール送信3日以上経過しても返信のない場合、
                    再送信いただくかトンカさんまで直接連絡をおねがいします。
          または「トンカ書店」まで

どうぞよろしくお願いします♪ 


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ロシアの絵本とお菓子をたのしみました [絵本]

先日ご案内させていただいた→ 
2011年9月25日 art-bookshop 渋谷店での絵本講座「ロシアの絵本とお菓子なお話」
予定通り開催しました。
ご参加のみなさま本当にありがとうございました!
やってきました.jpg
私にとってはじめての東京での絵本講座でした。
どうなるかしらと思っていたのですが、
お申し込みのあった方からキャンセルの連絡がありさらにドキドキ。
はじまってみれば、賢治、絵本、ウィティアカレッジin USAでつながる
(わかる人にはわかる分類)・・・つまりは友人・知人たちが集まってくれたのでした。
久方ぶりで20周年はどうする?なんていう先の楽しい相談をできる何人かも。
おかげさまでみなさんのおかげで楽しい会になりました。感謝。

今回はお店の「ときめきのロシア展」の企画にあわせての絵本講座でした。
ロシアフェア.jpg
ところで私はロシア語ができるとか、ロシアに詳しいという事は全くありません。
そんな私がロシアをテーマになにをするのかといえば、
ロシアの作家、ロシアが舞台で日本語に翻訳された絵本たちをご紹介。

本日のロシアを楽しむ絵本たち
ロシア絵本大集合.jpg
何か食べ物がでてくる作品たちです。
有名な作品もたくさんあるでしょ。それだけ日本で愛されているロシア作品がたくさんあるということです。
 
右手前にあるのだけはロシア語の絵本です。コロボックと読むそう。日本では「おだんごぱん」

お菓子なはなしですから、もちろんお菓子も。
けれどもロシアのお菓子って輸入食品屋さんにもなかなか置いていないのです。
そこで日本のお菓子でロシアの名のつくものをご用意しました。
ロシアなお菓子たち.jpg

左上:神戸・元町にあるレンセイ製菓のクッキー
   (9月のトンカのえほん講座でもご紹介したクッキーの仲間です→
店主にたずねるとこれはクッキーだ、とおっしゃってたしかにそうなのですが、
ロシアクッキーと呼ぶ人もいるので、神戸のおみやげも兼ねての登場です。
ぶあつい2枚のくっきーの間にバタークリームが薄く塗ってあり、
ホワイトチョコめいたものがかかっています。そして飾りはドライフルーツ。
たべごたえのあるクッキーです。

下段:盛岡正食協会のロシアビスケット
   岩手に出かけると必ず買ってしまう堅焼きビスケットです。
南部小麦をつかった噛むほどにおいしさがじわっとでてくる素朴なビスケット。
先代がロシアでこのビスケットの作り方を教わったと以前お店で聞いたことがあります。

右上:ふくろうとねこのビスケット
    これも昨年のトンカのえほん講座で登場したイギリスのビスケット。→
今回紹介した絵本の「おかしのくに」という作品にクッキーの猫がでてきます。
それがこのクッキーの猫にとても似ているので、今回ご登場いただいたというわけです。
ねことふくろう再び.jpg

紅茶はクスミティというロシア紅茶です。綿の小袋にはいったティバック。
ロシアの紅茶も巷になかなかないので、
神戸の北野にあるロシア雑貨店「いりえのほとり」の方に相談をしたところ
取り寄せてくださいました。ありがとうございました。
(いりえのほとりさんは、ロシアのかわいい雑貨いっぱいの素敵なお店です。
神戸にお越しの際はぜひお出かけくださいね)
ロシアの紅茶.jpg
1867年 ロシア人のクスミチョフさんがサンクトペテルブルグではじめた小さな紅茶店
ここからはじまったクスミティ。現在はフランス紅茶として世界中で愛されています。
今回はトロイカという紅茶です。
ベルガモット、オレンジ、マンダリンオレンジの花の香りがふわっとただよいます。

ロシアを絵本とお菓子で楽しめた1日となりました。
ご参加のみなさま本当にありがとうございました!
これからはじまるところ.jpg
当日の様子はこちらart-bookshop渋谷店ブログにも掲載されています。
http://blog.livedoor.jp/artbookshopshibuya/

そうして残念ながらこのart-bookshopさんは、この講座の5日後の9月末で全店を閉店されました。
手芸と本で人が集える、ほかにはない素敵なお店でした。
本当に残念なのですが、また新しい形でどこかでぜひ再開されますように。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

パイがいっぱい [絵本]

9月上旬から更新が滞ってしまいました・・・・
絵本講座こと、岩手のことなどなどおしらせいっぱいあるのですが
順次更新していきますので、今後ともおつきあいをどうぞよろしくおねがいいたします。
*** *** ***

さて、まずは9月8日に開催したトンカのえほん講座のご報告から!

過日ご案内させていただいたトンカのえほん講座「パイ」
楽しく開催することができました。
パイたち.jpg
パイをテーマにパイが登場する絵本と
パイのお菓子を味わうという内容です。

さていつもここにくるとわくわくするトンカさんの入口です。
トンカさん.jpg

今回はこのようなお客さまたちも多数お越しいただきました。
お客様.jpg
Mさんありがとうございました!
ほかにもだるまちゃんなどもいらっしゃったのですが、
すみません写真のピントがぼけぼけになっておりましてごめんなさい・・・。

パイが登場する絵本たち
このような本を今回ご紹介させていただきました。パイなる絵本たち.jpg
マザーグースもありますよ。
どうしたことか今回ご紹介する絵本はアップルパイばかり。

Nさんがケイトグリナウェイのおよそ100年前の古書や復刻版など
貴重な絵本を持って来て見せてくださいました。
本に関するお話も。
本のゲストさん.jpg
触るのも緊張する(ぽろぽろこぼれるお菓子のパイは絶対に近づけられません!)のですが、
多色刷りの画面は虫眼鏡で見ると印刷がずれていたりして
それを見つけるのもまたおもしろかったです。
ふむふむ.jpg
Nさん貴重な機会をありがとうございました。
おはなしもいつも勉強になります。またよろしくおねがいします!

パイのおはなしのあとには実際食べないと。
ということで、今回のパイたちです。
いただきます.jpg
市販の見たことあるものもあるでしょ。

こちらは神戸のおみやげとしてもおすすめなパイたち
こちらもパイたち.jpg
左から
 ケーニヒスクローネの「グラッテン」・・・チーズ風味の棒状パイです
 レンセイ製菓の「丸パイチェリー」・・・ドライチェリーの乗った表面にはザラメがまぶしてあります
 フロインドリーブの「小ミミ」・・・大ミミというのもありますが今回は「小」で

さくさくぽりぽりとパイをいただきながら
絵本のパイをたのしみました。
中身いろいろ.jpg
ご参加のみなさま そしてトンカ書店さん 
今回もどうもありがとうございました。

次回のトンカのえほん講座は
12月8日(木)10時から12時
テーマは「クリスマスのお菓子」です。
お申し込みはトンカ書店さんまたは
メールlire-un-livre2009★live.jp
(★を@に変えて送信してください)まで。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

9/25 ロシアの絵本とお菓子なお話 [絵本]

9/8 神戸・元町トンカ書店の「絵本講座・パイ」参加者募集中でございます
詳しくはこちらを→ 


9月25日東京で絵本講座をすることになりました。
場所は西武渋谷店です。
ロシアの絵本に登場するおいしいものがテーマです。
ご参加お待ちしています。ぜひ来てください~♪

「ロシアの絵本とお菓子なお話」
  ロシアが舞台の絵本の中にはおいしいものがたくさん登場しています。
  「おおきなかぶ」「おだんごぱん」など 食べ物の出てくる
  日本語に翻訳された絵本をとりあげながら 、
  お菓子をテーマにゆかいなロシアの絵本世界をご紹介します。
  日曜の昼下がりほっこりと楽しんでみませんか。
  ロシアが楽しめるお茶とお菓子つきです。

日 時:9月25日(日) 13:30~15:30

会 場:アートブックショップ渋谷店
   (西武渋谷店A館7階 100idees(サンイデー)渋谷内)

参加費:2625円 要申込

問合・申込:西武渋谷店A館7階100idees(サンイデー)渋谷
        TEL 03-3462-3324〈直通〉
              https://www2.seibu.jp/wsc/020/N000043673/0/info_d

来てね.jpg
(写真はイメージです)
  
 

尚、会場のアートブックショップ渋谷店では
9/20(火)-10/3(月)「ときめきのロシア展」 を開催しています。
現代に引き継がれているロシア刺繍の伝統的な図案を実際の作品と共に紹介した
リトルプレス 「ロシア刺繍 ものがたり」(㈱メルスリー発行)発売を記念し、
掲載作品の展示のほか、 ロシアのかわいい雑貨や本が集まります。

アートブックショップ渋谷店
http://www.colourfield.co.jp/shibuya/index.html

どうぞよろしくお願いします!


nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

9/8 トンカのえほん講座「パイ」 [絵本]

神戸・元町トンカ書店でのえほん講座。
4月に続き、9月8日に開催します。

今回のテーマは「パイ」。
絵本の中にはどんなパイが登場しているのでしょうか。
実際に世の中のパイをちょっと味見しながら
参加者の皆さんとパイと絵本の世界を楽しんでみようと思います。
参加者募集中です。お待ちしています~♪


【トンカのえほん講座】
  絵本の中にはおいしいものがたくさんあります。
  そんなあれこれを毎回テーマを決めて、
  参加者同士で“ちょっぴり”味見をする講座です。

  絵本の中のおいしいものをたべる会⑥
  パイ
さくさく.jpg
  ミートパイ、キノコパイ、アップルパイ、イチゴをはさんだミルフィーユ
  ・・・サクサクのパイは、お料理やお菓子の中でもちょっとごちそう感のあるおいしいもの。
  絵本の中でもそんなおいしいパイたちがたくさん登場しています。
  今回はパイをテーマに、ほっこりとお茶の時間も楽しみながら絵本の世界をご一緒に。

  ○と き  2011年9月8日(木)10:00~12:00
  ○ところ  トンカ書店  神戸市中央区下山手通3-3-12元町福穂ビル2D         
         http://www.tonkabooks.com/    
         電話&FAX:078-333-4720  元町駅から徒歩5,6分ぐらい

  ○定 員   20名  要申込
  ○参加費  2000円(資料、お茶、おやつ) ※当日はマイカップをご持参ください

  ★お申し込み: メール lire-un-livre2009☆live.jp
                  ☆を@に変えて送信してください
            または「トンカ書店」まで

どうぞよろしくおねがいいたします!


nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

MOE7月号 金子みすゞ 金平糖のような詩 [絵本]

毎月3日発売の白泉社の月刊『MOE』
絵本とキャラクターがコンセプトの雑誌で毎月楽しく美しい世界と出会わせてくれます。

6月3日発売の7月号
「金子みすゞ 金平糖のような詩」のページの
みすゞの生きた時代、生涯の文章をかかせていただきました。

*** *** ***
没後80年記念企画
 「 金子みすゞ 金平糖のような詩 」
  ぽんと口の中に入れると、やさしい甘さがひろがっていきます。
  そんな金平糖みたいに、暮らしをふわっとつつみ、しあわせにしてくれるのが、
  金子みすゞの言葉です。
  テレビやラジオから流れてきた彼女の言葉が、心にのこっている人も多いことでしょう。
  1世紀程前に、日本海側の港町に生まれ、詩を紡ぎながら子どもを育て、
  若くして逝ってしまった詩人が、今再評価されています。
  それは、日々を慈しみながら、いのちの真の姿を詠ったからかもしれません

*** ***(MOE HPより引用させていただきました)*** ***

東日本大震災がきっかけで金子みすゞの作品がまた一躍有名になりましたが、
偶然というのか、それとも必然だったのか
今年2011年は、金子みすゞの没後80年という年です。

26歳の短い生涯の中で、
私たちが読んでいる主な作品が紡がれたのは、5年余りのことです。
短い時間に集約されたみすゞさんの言葉のすごさ。
今回のお仕事で彼女の作品や研究書を読みながら感じたことです。
そのすごさ、というのは、私にとってなんともいえない心地よさを
じわっと、ひたひたと、おしみなく言葉の力を与えてくれることでした。

「言葉の力」って、ただ強さだけではないのだと改めて気付かされたのでした。
そしてみすゞさんを巡る人たち、みすゞをよみがえらせた方たちも
みなさんみすゞや周りの人への優しさにあふれていることに感激しました。
・・・・・・・くわしくはみすゞさんの作品や研究書などぜひ読んでみてくださいね。

と、そんなことからみすゞさんのことや作品のことなどを書かせていただきました。
7月号です.jpg
MOE7月号は、ほかにダヤン特集や、
スタジオジブリの最新情報など、楽しい話題がいっぱい載ってます♪
ぜひ本屋さんにおでかけ下さいねー。


nice!(25)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

絵本とスープでいっぱいのスマイル [絵本]

先日ご案内させていただいた
ル・コルドン・ブルー神戸校「キッズ食育体験フェスティバル2011」での
「おいしい絵本でスマイル!」楽しく開催することができました。
今回のフェスティバルは東日本復興支援チャリティとして開催されました。
ご参加のみなさまありがとうございました。
これからはじまるところ.jpg

絵本講座は満席でのご参加でした。
ブックトークと朗読で「スープ」がテーマの絵本を一緒に楽しみました。
絵本たちもスタンバイ.jpg

講座中撮影ができなかったので会場の写真など・・・
こんな会場でした.jpg

絵本をたのしんだそのあとは
神戸校の中村シェフ特製の野菜とお豆のポタージュに舌鼓。
春のスープ.jpg
グリーンピース、ひよこ豆、菜の花・・・そのほか春の野菜たっぷりで
それぞれの野菜の味がたのしめるおいしいスープ。
野菜とお豆たっぷり.jpg

おいしいスープで笑顔になったそのあとは
スマイルプロジェクトみゆうさんにバトンタッチして
参加者みんなでスマイルな絵を描きました。
いっぱいのスマイル。
笑顔がいっぱい.jpg
集まった絵は、スマイルプロジェクトから後日ブログ発信され、
そののち時が来たら展示をして被災地に届ける予定をしているそうです。
東日本大震災の被災地へ長期の応援をしていく
神戸のママから発信のスマイルプロジェクト。
これからもみんなで笑顔を届けていきたいですね!

***
東日本大震災復興支援のためのチャリティマルシェの会場も
東北に届けるメッセージを書くコーナーや、
クッキーにスマイルな絵を描いて日本地図に張り付けていくコーナー
クッキーのお花いっぱい.jpg パンがいっぱい.jpg
チョコレートでできたオブジェが飾られてあるコーナーなどがあり
チョコレートノオブジェ.jpg にわとりチョコレト.jpg
会場中が甘い香りで一杯です。
ル・コルドン・ブルー神戸校は本校がフランスにあるだけに
そに一歩入るとまるでそこはフランスな空間です。
しばし会場をうろうろ楽しませていただきました。
***

ご参加のみなさまありがとうございました。

そしていつか講座一緒にできるといいねえといっていた
みゆうさんとこのようにコラボできたことに感謝!
おいしいスープを作ってくださった中村シェフ
会場でお世話になったボランティアスタッフの方、
そして最初に声をかけてくださったHさん
ル・コルドン・ブルー神戸校のみなさまにも大変お世話になりました。
ありがとうございました!

お天気にも恵まれた神戸のこどもの日
スマイル!な1日でした。

当日のレポートは、ル・コルドンブルー神戸校のHPにも掲載されています
あわせてご覧ください
→ こちらと☆ こちらと★ こちらと☆ こちら★


nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:blog