So-net無料ブログ作成
検索選択

草野心平さんの口福弁当おしながき [散歩と旅と]

2017年5月21日に福島県の
いわき市立草野心平記念文学館 http://k-shimpei.jp/
で開催した「心平さんの胃袋探訪」 
講座についてはこちら
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-05-27


試食でお出しした「心平さんの口福弁当」おしながきのご報告です。
7.jpg
写真左上から時計回りに「五月」「丸と角」「牛タン」「ラプチョン」「松前漬」「美人の胴」
右下「筍のフレンチドレッシング和え」「菊花ごはん」「対話する馬鈴薯と玉葱」
「大根の半日漬け」

お弁当の内容は、
(1)企画展「草野心平の詩 料理編」の展示内容を楽しめるもの
(2)そして「お花」が目玉のメニュー
(3)メニューの組み立てを3部構成にして楽しんでいただけるようにしました。
   1 居酒屋「火の車」の味
   2 『わが酒菜の味』を中心に、心平さん料理本の味
   3 心平さんの愛とことばの味
4.jpg

今回のおはなしと試食のメニューを考えるのに参考にしたのは
主に次の本です。
25.jpg

その中でも、展示されている『わが酒菜のうた』全文が掲載されている
『口福無限』 (昭和56年 講談社)を主なテキストにしました。
26.jpg
・・・だから「口福弁当」なのです。そうして心平さんのレシピから
17種類を再現、あるいはアレンジさせていただきました。

レシピつきレジメをつくりました。
今回参加できなかったみなさまや、心平ファンの皆さま
ぜひお家でも作ってみて、心平さんの世界を楽しんでみて下さいね。

記念館でこんな素敵な表紙をつけてテキストにしてくださいました。
後ろにあるのは、企画展のパンフレットです。
27.jpg
ありがとうございます♪

口福弁当 ~おしながき~
24.jpg
  【注意とお願いなど】   
   心平さんのエッセーに材料は載っていても分量はほとんど掲載されていません。

   それであくまでも「試作」という形で作りました。
   掲載しているのは2人分、または、4人分で考えたオリジナルレシピです。
   材料もエッセーに載っているもの+アルファ(あるいはマイナス)で使用しています。
   ご了承ください!

①火の車の味
         昭和27年から約4年間、
         東京小石川で開店していた居酒屋「火の車」のメニューから3品。
                火の車では心平さんが名づけた数々の酒の肴が出されていました。 

         詳しくは『火の車板前帳』や心平さんのエッセーをご一読下さい

★「五月」  まぜ合わせたもの。胡瓜、ウド、玉葱、インド製カレー粉、砂糖、酢、その他
 ・・・というお料理です。カレーのスパイスが5月の爽やかさを
   あらわしているのかもしれません。
【材料】(約4人分)
    胡瓜 1本、ウド 1本、玉葱 1/4個、
    A-カレー粉 小さじ1/3、砂糖 小さじ1、酢 大さじ3、レモン汁 大さじ1、塩 適宜
【作り方】
(1)きゅうりと玉ねぎは薄切り。それぞれに塩少々でもんで、しばらくおき、ギュッと絞る。
  ウドは皮をむいて薄切りにし酢(分量外)を少々入れた水にさらして、水気を切る。
(2)Aをあわせたボールに(1)を入れて和える。冷蔵庫で30分から1時間程度味をなじませてからいただく。

 

★「丸と角」 チーズとカルパス
 ・・20代に中国で勉学に励んでいた心平さんの「食」は、
  中国料理の影響も大きいような気がします。
  カルパスと中国の食材「ラプチョン」という中国ソーセージは
  ちょっと似ているなあと思うのです。
【材料】
   チーズ、カルパス 各適量
【作り方】
(1)チーズは角切り、カルパスは輪切りにする。
  口福弁当では楊枝に刺してお出ししました。


★「美人の胴」 上等なかまぼこにわさび
 『火の車板前帳』によると「いたわさ、ちゃちなものはつかっていない」という1品。
ちょっとなまめかしい印象もありますね。
今回はいわきの台所「やっちゃば」で見つけたちょっと高級な鯛のかまぼこを使いました。
【材料】
  かまぼこ、わさび 各適量
【作り方】
(1)かまぼこは好きな大きさに切り、切れ目を入れて、わさびをはさむ。




②「わが酒菜の歌」を中心に、心平さん料理本の味11品

★「対話する馬鈴薯と玉葱」
「アンチョビ」「馬鈴薯と玉葱の対話」
それぞれのエッセーから食材をもらいました。 
心平さんのように馬鈴薯を生で食べるのは大変なのでポテトサラダ風にアレンジです。
今回じゃがいもは皮をむいてゆでましたが、
心平さんなら皮つきのままのじゃがいもを使うかな!?
23.jpg   
【材料】
 じゃがいも 2~3個、玉葱 1/4個、アンチョビ 1~2枚、マヨネーズ 大さじ2、塩 少々、
 A- オリーブオイル+アンチョビの残り油 大さじ3、にんにくみじんぎり 1/2片、
【作り方】
(1)じゃがいもは皮をむいて一口大に切る。
  玉ねぎは薄切りにして、塩少々でも見、しばらく置いてぎゅっとしぼる。
  アンチョビは包丁でたたいてペースト状にする(油も置いておく)。
(2) 鍋にじゃがいもと、水を入れ火にかける。
   じゃがいもが柔らかくなったら水を捨てて弱火で粉ふきにし、粗くつぶす。
(3 )フライパンにAを入れ、弱火でにんにくの香りが出たら、アンチョビを加え炒める。
(4)(2)と玉ねぎをマヨネーズで和えて器に盛り、(3)をたっぷりかける。


★「ラプチョン」
ラプチョンという中国のソーセージみたいなものがあるが、これを蒸すなり、また油をひかずにフライパンで温っためるなりしてそれを薄く輪切りにして日本葱か玉葱を薄く切ったのと一緒にやると、これも日本酒に合う。
(「わが酒菜のうた」より)

神戸・南京町で購入しました。フライパンで焼いて提供しました。
3.jpg
南京町こんなところです。
http://www.nankinmachi.or.jp/
横浜にあるのは中華街、神戸にあるのは南京町なんです。


★「腐乳(ふういゆ)」
これは豆腐が材料だけれども、いわば中国産のカマンベールみたなもので、洋酒にも会う。
(「わが酒菜のうた」より)

神戸・南京町で購入しました。しょっぱいチーズ風なお豆腐といったらいいでしょうか。
発酵食品です。唐辛子の辛みをつけたものもありますが、今回はプレーン味。
心平粥と一緒に味わっていただきました。 



★「するめ・松前漬」
するめをふきんできれいに拭き、長さ二センチくらいの短冊切りにする。
生人参を、やはり二センチ位の長さに細く切る。醤油と酒と味醂をまぜたものを丼に
入れ、その中にするめと生人参を入れる。一日くらいたてばもう食べ始められるけれ
ど、二、三日してからのほうが余計うまい。
(「わが酒菜のうた」より)

するめ+昆布の松前漬けの素 岩手で購入しました。
2.jpg

【材料】
 するめ 昆布 人参 しょう油 煮切りみりん 各適量
【作り方】
(1)するめ、昆布はさっと水洗い。人参は千切りにしてさっとゆがく。
(2)するめが浸る程度の水、しょう油、煮切りみりんを加え1日程度漬け置きにする。


★「海老の尻っぽ」
以前から私はてんぷらの海老では尻っぽが一番旨いと思っていたから。
あの尻っぽのパリパリした香ばしい味わいはなんともいえないものだ。
(「わが酒菜のうた」より)
 
心平さんのエッセーには「えびは尻尾が一番うまい」という内容のものが
ときどきでてきます。
今回は神戸・南京町でみつけたえびスナックをお出ししました。
3.jpg
180-190℃の油で揚げるとむくむくふくらむ おおきな海老せんべいです。
10.jpg
パリパリといただきました。



★「たけのこのフレンチドレッシング和え」
根まがりだけの細い筍を高野豆腐と甘辛く煮るのもいいが、塩ゆでしてフレンチドレッシングなんかをかけたのもいただける。
(「わが酒菜のうた」より)
・・・と記載があるのですが、今回は孟宗竹を使いました。

【材料】
ゆでたけのこ 150g、塩 少々
A-(作りやすい量)
  酢 大さじ2、オリーブオイル 100ml、
  塩、マスタード(今回は粒マスタードを使いました) 各小さじ1、
  こしょう 少々、
【作り方】
(1)ゆでたけのこは、塩ゆでして一口大に切る。
  Aをあわせてフレンチドレッシングを作る。
(2)Aの適量と(1)を和える。
  冷蔵庫で1時間以上置くと味がなじんでおいしくなります。
  


★「とり皮」
ひなどりの皮を蒸してそれを縦切りにして、椎茸と晒し葱と一緒にオリーブオイルで
さっと炒める。味は塩味にする。
(「わが酒菜のうた」より)

・・・以上をアレンジして、皮つきの鶏のもも肉、椎茸、ねぎをオリーブオイルで炒めました。
11.jpg


★「牛タン」
近頃はすっかり怠けものになってしまったけれど、以前はよく所沢まで買い出しに行ったものだ。
(中略)
いわゆる肉は買ったことはまずなかったが、舌(タン)だけはいつも買うのを忘れたことはなかった。
(「味の風土記」より)

牛タンの加工品を仙台で購入しました。

28.jpg



★「花のサンドイッチ」
「わが酒菜のうた」をはじめ、心平さんの食のエッセイの中には花を食べたことがよく書かれています。
ざっと取りあげても、すずらん、あやめ、れんげ、つつじ、野バラ、ぼたん、クチナシ、ジャスミンなど・・・。
中には現在では毒性があると言われるものもあるので、全てのまねはできませんが、
それでも花を食すことで愛でる心平さんは詩人だなあと、そんなところが私は大好きです。
9.jpg
心平さんは花を主にサンドウイッチにはさんだり、オープンサンドにして乗せたり、
さっとゆがいて二杯酢で食べています。
今回は1973年9月号の「きょうの料理」テキストで心平さんが自慢料理として書いているレシピから
ヒントをもらい、食用花を使ったサンドウイッチをつくりました。
「きょうのりょうり」ではトーストパンを使用したオープンサンドを紹介していますが、
今回はいわきの「ラ・パン」さんの食パンを焼かないでサンドウイッチにしました(耳までおいしかった)
ジャムはママレードとバラのジャムを用意しました。
8.jpg
【材料】
  パン、バター、マーマレード、バラジャム、食用花 各適量
【作り方】
  パンを四角く四つに切って、バター、ママレードなどを塗り、花びらをはさむ。
 

★「大根の半日づけ」
 こちらも上記の「きょうの料理」に書かれていたレシピです。分量がなかったので試作しました。
 ちょっと甘辛い即席お漬物です
【材料】
大根1本、 しょう油、酒、みりん 各1/2カップ
【作り方】
(1)大根は5cm厚さの輪切りにし、皮をむき、縦に薄切りにする。
  葉も細かく刻む。
(2)酒、みりんは煮切る。
  ボールにしょう油、煮切った酒、みりんをあわせ(1)の大根を1時間半以上漬ける。


★「菊花ごはん」 心平さんレシピにはありませんが、「花」つながりで。
 岩手の干し菊を使ったごはんです。
 4.jpg
使用した米は青森のブランド米「青天の霹靂」でした。
個人的に食べてみたかったお米だったのでまさに口福(ラッキー)でした!?

【材料】
  米 2合、昆布 5センチ角1枚、酒 大さじ1、塩 小さじ1、干し菊
【作り方】
 (1)米はといでざるに上げる。昆布と酒、分量の水を入れて炊飯器で炊く。
 (2)干し菊は沸騰した湯にちぎって入れてさっとゆがく。  
 (3)炊けたごはんに(2)を盛りつける。



③心平さんの愛とことばの味:
心平さんの作品に「料理について」というものがあります


    料理について
              ゼイタクで。
              且つ。
              ケチたるべし。
              そして。
              伝統。
              さうして。
              元来が。
              愛による。
              発明。


★「心平がゆ」
壇一雄さんが名づけた心平さん考案のお粥です。
上記の「きょうの料理」ほかエッセーにもいくつか登場しています。
21.jpg
心平さんのレシピでは米とごま油が同量とか、水が5、油が2という表記があるの
ですが、現代では少々こってりなので、今回はごま油控えめで作りました。
ただし心平さんが言う通り、煮ているうちにギトギトした感じはなくなり、香ばしいお粥になります。
ゴマ油を使ったお粥は、心平さんが中国料理の影響を受けているのかもしれないなあと思うのです。
20.jpg
【材料】(2人分)
 米 1/2合、水 400ml、ごま油 大さじ1、梅干し、バラの花びら 各適宜
【作り方】
(1)米をとぎ、分量の水、ごま油を加えて炊飯器「お粥モード」で炊く。
  または鍋に入れて煮立ったら弱火にして1時間半程度煮る(水分注意)。
(2)器に盛り、梅干し、バラの花びらを散らす。


★「コーヒー葛湯」
『草野心平全集9巻』(初出は『わが青春の記』)の「母の舌」に登場する
心平さんが病気のお母さんに作り大感動させた妙ちきりんな飲みもの。
「おいしいわ」といってたべた心平さんのお母さんは心平さんの妹たちにも自慢げに報告していたといいます。
しかし、その後、お母さんがコーヒー葛湯を作ってと言ったかどうかは・・・・

ややお砂糖多めにしたほうが個人的には美味しいような気がします。
とろんとして不思議な口当たりのコーヒーです。
片栗粉ではなく、葛粉でぜひ作ってみて下さい!

【材料】コーヒー 200ml 、葛粉 大さじ1、砂糖 適量、
【作り方】(1人分)
     材料をよく溶かし、煮立つまで混ぜつづける。
     とろみがついたらできあがり。
     


★「ジャスミン茶」
いま私の庭には他の秋草の花々の中にまじってサイプレスヴァインとジャスミンの白い花が咲いている。そこで私の考えたのはジャスミンスープである。器は白の皿であること(金の線でふちどられていてもいい)スープはコンソメであること。
テーブルに出すとき、ジャスミンの花を浮かす。
(「私の空想料理」より)

ジャスミンスープに想いを馳せてジャスミン茶を用意しました。
1.jpg
これも神戸・南京町で購入。プーアール茶も。


以上が今回の口福弁当メニューです。
準備は朝からおおいそがし!
22.jpg
お手伝いいただいた関係者の皆さま
そして召し上がって下さったみなさまありがとうございました!


当日の様子は
いわきの「日々の新聞 第342号」でもとりあげてくださいました。
http://www.hibinoshinbun.com/files/342/342_tobira.html
ありがとうございました!

心平さんのレシピ これらはまだまだほんの一部です。
ぜひ心平さんの本から色んなおいしいものを見つけてみて下さい。

私もこれからも心平さんレシピいろいろ調べていきたいなあと思っています。

コメント(2) 
共通テーマ:blog

心平さんの胃袋探訪 ご参加ありがとうございました [本と雑貨とそれから雑記]

更新が遅れております。反省・・・

このひとつ前の記事でご案内させていただいた
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-05-02

いわき市立草野心平記念文学館での
2017年度春の企画展「草野心平の詩 料理編」にあわせて
5月21日「心平さんの胃袋探訪 ~創作料理の試食と解説~」を開催しました。
spring.jpg
ご参加の皆さまありがとうございました。
14年ぶりにお会いする方もいてとてもありがたかったです。

準備もあって開催2日前にいわき入りしました。
いわきいいところです。これはまた後日の記事で。
3日間晴天に恵まれ、21日当日の福島の天気予報は気温35度
いわきでも32度くらいありました。
関西より暑い、でも湿度が低いのか、さらりときもちのいい空気でした。

会場の草野心平記念文学館です。
高台にある記念館は、敷地がひろすぎて画面に収まりきれません。
こちら入口
1.jpg
こちら玄関付近
2.jpg
4年ぶりの来訪です。
→4年前 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-06
おはなしさせていただくのは14年ぶり!
→14年前 企画展「火の車展」にあわせておはなしさせていただきました。
       2003年1月「草野心平と宮澤賢治のメニュー」


14年前との違いは、その間、調理師学校で調理師の免許をもらったことをはじめ、
少しお料理に詳しくなっていわきに帰ってこられたこと、でしょうか!?
3.jpg


それで今回は「試食」に力を入れることができたかなと思っています。
5.jpg
前半は企画展の展示に合わせて

(1)心平さんのお店探訪(焼鳥屋「いわき」、居酒屋「火の車」、酒場(バア)「学校」)と、

(2)心平さんが著した食べ物・料理に関する本のなかから「わが酒菜の歌」のこと、
(3)そして今回のチラシにも大きく書かれている心平さんの「食愛による発明」のことなど。
・・・いつも思いますが、お話しすること、伝えることは難しいですね。
  説明不足多々。反省。

後半は「試食」です。
「心平さんの口福弁当」と言うテーマで

上記3つのテーマからそれぞれ心平さんが残しているレシピを基に
少々アレンジを含めたものを入れて17品つくりました。
7.jpg
もちろん私一人では作れません。
記念館の渡邊さん、松本さん、小野さん、かつさん、市川さん、スピカさん
事前の準備や、早朝からのお手伝い本当にありがとうございました。
そして召し上がって下さった参加者の皆さまありがとうございました。

試食タイム!
6.jpg
今回作ったのは、心平さんの残したレシピのほんの一部です。
心平レシピの数は膨大で、料理名も材料、調理法もユニークなものがいっぱいです。

しかし酒の肴や、ご本人が好きだった「生」のものが多いので、
お弁当にするおかずを選ぶのには少し悩みました。
まだまだ作りたいものはたくさんあります。心平さんレシピ、これはこれからの楽しい課題です。

参加者のみなさんと味わった心平さんメニュー

4.jpg

えびの尻っぽをアレンジして中国のえびせんべい
10.jpg

とり皮をアレンジして、鶏もも肉とシイタケとねぎを炒めたもの
11.jpg

花のサンドウイッチ   心平さんは色んな花を愛で、食べてもいるんですよ。
8.jpg

★当日の様子は福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNetでも
取材いただきました。
「詩人・草野心平の『美味』食す 再現料理、独特な食世界を堪能」

お料理それぞれの詳しい説明は次の記事で
・・・つづく・・・

コメント(0) 
共通テーマ:blog

5/21 心平さんの胃袋探訪@福島県いわき市 [本と雑貨とそれから雑記]

新緑の5月、我が家の周りではツツジが咲き始めました。
久々にブログを更新しようと思ったら編集記事の画面がリニューアルされている
慣れないので記事を書くのに時間がかかります~


さてさて・・・・催しもののおしらせをさせていただきます
福島県いわき市は、詩人の草野心平さんのふるさとです。
そのいわきで心平さんの作品世界を料理と言う視点でながめる企画展が
草野心平記念文学館 http://k-shimpei.jp/ で
2017年4月15日から6月18日まで開催されます。
宮澤賢治とのつながりもある心平さんは、食にも大変こだわりのある人でした。

★5月3日付の朝日新聞でも紹介されました
 「草野心平の足跡 料理から知る企画展6月まで」
 → http://www.asahi.com/articles/ASK4X5195K4XUGTB00L.html

いわき市立草野心平記念文学館春の企画展
「草野心平の詩 料理編」
2017年4月15日ー6月18日(日)まで 
spring.jpg
心平の作品世界を料理という視点で展観し、料理にちなんだ詩、随筆をはじめ、彼が選んだ食材、独特の料理法などを紹介します。「元来が。/愛による。/発明。」という詩人の料理への思いをとおして、等身大の魅力にふれます。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

この企画展の期間中の5月21日(日)に「心平さんの胃袋探訪」と称して、
お料理とおはなしをさせていただくことになりました。
心平さんが居酒屋「火の車」をしていたときの居酒屋メニューや、 著書の中で紹介した
心平さん考案の「心平レシピ」を再現し その試食をしながらお話をする会です。
spring-r-1.jpg
心平さんのレシピってネーミングもさることながら「早い、うまい、安い」のユニークで工夫をこらしたものが多いのです。
そんなユニークでたのしいところを中心に再現したりお話しする予定です。
メニューは只今、学芸員の方と相談中です。がんばってつくりますよ!
「おもしろいなあ、おいしいなあ」って参加者みんなで心平メニューに舌鼓を打ちたいと思います。

いわきの方、この時期いわきにいらっしゃる方、旅をされている方
心平ファンのみなみなさま、ぜひご参加ください。

【要申し込み】です。ご参加お待ちしています!
「心平さんの胃袋探訪 〜創作料理の試食と解説〜」
日 時  2017年5月21日(日)11時〜13時
講 師  料理研究家 中野由貴
会 場  文学館小講堂
定 員  先着50名 参加 
参加料  500円 
申し込み方法 いわき市立草野心平記念文学館まで
         電話0246(83)0005
         FAX 0246(83)2939
         E-mail info@k-shimpei.jpのいずれかで、「胃袋探訪係」まで。
         お名前、電話番号をお知らせください。


そのほか会期中には様々な催しも企画されています。
★詳細は 草野心平記念文学館のHP→ http://k-shimpei.jp/

いわき市立草野心平記念文学館 
  〒979−3122 福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
  TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939  E-mail info@k-shimpei.jp


コメント(2) 
共通テーマ:blog

賢治ファンにはうれしいここ数日 [宮沢賢治]

宮沢賢治関連の番組や出版物のおしらせがとどいたので
 (・・・いつも情報ありがとうございます)
こちらのブログでもご案内させていただきます

(1)テレビ番組
人生に役立つ知恵がキーワードになっている番組です。
賢治さんからどんな知恵が導き出されるのか楽しみです。

2017年4月11日(火)午後10時~10時45分、
NHK Eテレ「知恵泉」
宮沢賢治 “好き”こそ苦しみと生きる道
番組HP http://www4.nhk.or.jp/chieizu/


(2)コミック「賢治の食卓」
少年画報社から3月27日発売 680円+税
書籍のHP http://www.shonengahosha.co.jp/event.php?id=5614

読みました。
賢治さんがいっぱいわらって、いろんなものをおいしそうに食べている。
私の好きな賢治さんでした。
3.jpg
おおっ!
表紙を飾っているサイダー瓶は
いつもは花巻の「やぶ屋」さんのショーウインドーにあるものです
(ワルの仲間・泉沢さん作の)。

参考文献のところ、私の本2冊参考文献に使っていただいていました。
ありがとうございます。
ただし「・・・おかしな国」ではなくて「・・・お菓子な国」なんですけどね。
こんなところでつっこみをいれてスミマセン。

このコミック本の最後には、
「史実に基づいたフィクションです」とちゃんと書いてある通り、
内容は、史実 < フィクション なので、
すべて真実と読んでしまってはだめなのですが、
不快さは感じず、ベートベーンのエピソードも含め(これは史実寄り)
お茶目な賢治さんが登場していました。


(3)上記の「宮沢賢治の食卓」がドラマ化されます。
ドラマ「宮沢賢治の食卓」
wowwowで6月から毎週土曜日夜10時から連続ドラマ化。
第1話だけは無料(WOWWOWに加入していなくても
衛星放送が観られるなら試聴できる)らしいです。

賢治さん役は鈴木亮平さん。
イケメン賢治さん!
トシさんは誰が演じるのだろう。楽しみです。

こちらもおそらく 史実 < フィクション の部分が大きいのだと思いますが、
賢治さんや賢治さんの作品に対して
ヘンな(ということばがいいとは思いませんが)
勘違いや、思いこみをされない内容でありますように、
とひそかに思っています。 
コミックのドラマ化だからきっと大丈夫ですよね。
番組HP http://www.wowow.co.jp/dramaw/kenji/


生誕120年の「翌年」である今年になってからのほうが
宮沢賢治やその作品世界をとりあげる番組や本が増えてきましたね。
賢治ファンとして、それはやっぱりうれしいなあと思うのです。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

真「がんづき」時代到来!? [岩手のおいしいもの]

このブログでもなんども紹介してきた岩手の「がんづき」
 こんなたべものです~これまでの記事はこちら
SBSH0625.JPG
私にとって
岩手の大好きなたべものベスト3に入る、
「岩手のおかあさんの味」
「家でつくる小昼(こびる~小腹が空いた時)のたべもの」

そんながんづきが
「今年に入って『なぜか?』
「がんづき」が、企業さんから新しいお菓子として世に出てきています(^o^)」
と、ますみさんが教えてくれました(いつもありがとう)。

ますみさんがおしえてくれたがんづきの広告
私もマシェリ3月17日号で見ました。
 こちらの2ページにでています
  ↓
 http://www.e-macherie.com/backnumber/macherie1037.pdf

「がんづき」は仙台あたりでは和菓子屋さんで売られていますが
(でも岩手とは様子が違うがんづき)
岩手では道の駅などでは売られていても、その作り手にお母さんの顔が浮かぶような
家庭の匂いのする作り感満載のたべもの。
それがいよいよ和菓子屋さんデビューの時代を迎えたようなのです。

そんなニュータイプ「がんづき」。
3月17日にリニューアルオープンした盛岡駅前フェザンの新店舗、
回進堂さんでゲットできました。ちろん全種類!

ところで
回進堂さんといえば「岩谷堂羊羹」が有名です。
43.jpg
中でも私はこの秋限定の「栗」が大好き。
これからは羊羹も「がんづき」も楽しめますね。

じゃ~~~ん、回進堂さんの「がんづき」
42.jpg
蒸しがんづき3種(黒糖、味噌、ごま)と
焼きがんづき1種(りんご)
本当はあと一つ黒糖のや焼きがんづきがあるそうですが
生産がおいつかず、しばらくはりんごだけだそうです。

フェザン店で先行販売ということです。
夕方までにほぼ完売してしまうようですので、
全種類食べたい方は、午前中に出かけるのがおすすめです。

きっちりパッケージのおしゃれがんづき。
45.jpg
材料表示には、しょうゆ、味噌、ごま、お酢、はちみつなど
それぞれのがんづきに合う材料を使われています。

大沢温泉でマユミさん、N夫妻と集まって食べたのは
りんごがんづき
パウンドケーキみたいだけど
ふんわりもさっとした感じと、「和」テイストの甘い香りは
やっぱりちゃんとがんづきでした。
  ・・・一緒に小皿に並ぶのはトロイカのチーズケーキです。
44.jpg

ますみさん情報によれば一関のお菓子屋さんのがんづき広告もあるそう。
こちらもいつかみつけていただいてみたいです。

それから
秋田の方でもりんごやフルーツの入ったカラフルな
がんづきもあるようです(ブドリ兄さん情報、写真も多謝でした)。

お家で作るがんづきと、買ってたべるがんづきが
共存する時代がやってきました。
かつて、「水やお茶を買うなんて」と言っていた時代。
それが今や、コンビニなどで買ったペットボトルで飲む時代・・・。
同じようなことが「がんづき」にもやってくるのでしょうか。

フィギュアスケートじゃないけれど、
がんづきにも「真」時代がやってきました。
どこへ行く「がんづき」~今後の行方が楽しみです。

ここまで書いて
「はっ、紹介していなかった・・・。」
昨年2016年6月12日の毎日新聞「おかん飯」の欄で
がんづきのことを投稿したら、とりあげてくださいました。
西原さん、枝元さん、構成の中川さん どうもありがとうございました。
甘いものが苦手、
と ときおりこの欄でつぶやいておられる西原さんが、
召し上がって下さり、喜びました。今ごろすみません~
★よかったらこちらの「がんづき」も見てくださいね
 →http://mainichi.jp/articles/20160612/ddm/014/070/034000c

 


コメント(2) 
共通テーマ:blog

マルカンで復活 [岩手のおいしいもの]

4月です。今日から新年度。
しかし報告は3月の花巻のこと
行ってきました~マルカン大食堂。
1.jpg
外観は何もかわっていませんが
「マルカンデパート展望台食堂」より「マルカン大食堂」に名称が変わり
2017年2月20日に復活。

1階は白を基調したナチュラルテイストな雑貨店とカフェになっていました。
2.jpg
珈琲のいい香りでみたされている空間に
お洒落な衣類や雑貨、東北のおみやげや地元の野菜、
マルカン応援グッズなど・・・誘惑でいっぱい。
大食堂にむかうエレベーターまで、なかなかゆきつけません。

6階の大食堂のオープンは午前11時。
平日にもかかわらず10時半過ぎにいったら、すでに長い行列ができていました。
列は下の階に向かって伸びていて、私は5階の踊り場付近。
列には地元の方がたくさん、そして私のような県外からの人もちらほら。
前に並んでいたお二人の方は仙台からお越しでした。
  ・・・土日にでかけた友人などは3階まで並んだそうです。

踊り場にはマルカン復活までの応援横断幕や、
かつての店内の写真や、絵がおしゃれな装いで飾られていました。
長い行列も、きょろきょろして飽きません。
3.jpg
オープンは11時です。
食品サンプルの並ぶショーウインドーーも、食券のレジもそのまま。
メニューは少し減っていました。
よく食べていたオムライスやオムハヤシはなくなっていて、残念。
ソフトクリームのほかは、50~150円くらい値上がりしています。
でもボリュームと質を思えばやっぱり安いマルカンメニュー。

復活後の初注文はナポリカツとソフトクリーム
30.jpg
テーブルの上の箸入れやナフキン立て、しょう油瓶もそのまま。
でもお茶のポットとコップはなくなり、
ボタンを押して入れるお茶コーナーまでとりに行くシステムになっていました。

ホールの方のメイド制服も形はそのまま新調されていて、きりっとした感じ。
ざわざわとした全体のにぎわいもそのまま。
運よく、窓際の席に座ることができました。
これまで通り
高い場所から花巻の町をながめながらいただくのは至福の時間です。
ナポリカツ!
31.jpg
あまりのうれしさに手が震え(たのかな?)、
ナポリタンに突き刺したフォークを床に落っことしてしまった!

ソフトクリームはすこしかたむき「ピサの斜塔」状態。
32.jpg
こちらも味もボリュームもそのまま。
マルカンがなくなってしまったそわそわから
気持ちも食欲もみごとに復活。

しみじみしていたら
たべるのに1時間かかってしまったけれど、
もちろんどちらも完食です。
食事の最後の方ではN夫妻と再会でき
おしゃべりもできてうれしかったです。
N夫妻はマルカンラーメンとチーズハンバーグ。
どちらもおいしそう、次回注文してみようかな。

1階で販売していた祝・復活ビール
1.jpg
N夫妻におしえてもらい、おみやげに買って帰りました。
地ビールテイストで美味です。

2.jpg
花巻の大好きな場所が戻って来て本当にうれしい。
またでかけるぞー!


コメント(2) 
共通テーマ:blog

5/19 みのおてならいコンサート@大阪・箕面 [散歩と旅と]

フェリシモしあわせの学校スタッフの方たちが有志で集い、生まれた
「みのおてならい」
 昨年4月には、私は賢治の講座をさせていただいたきましたが、
  →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2016-04-18
暮らしが楽しくなるヒントをくれる様々な講座を、箕面で毎月開催されています。
その「みのおてならい」さんからコンサートのおしらせがとどきました。

みのおてならい事務局のHさんを中心とするスタッフのみなさんが
ジストニアという病のため右手だけで活躍するピアニストに出会い、
その演奏に感動して私たち皆で応援したいとの思いから
チラシから広報、当日の運営すべて手作り・ボランティアで開催するということです。

【要申し込み】の催しです。
詳細・お申し込みは「みのおてならい」のHPをご覧ください
 → 
https://minohjuku.jimdo.com/

★みのおてならいコンサート  
 右手のピアニスト 樋上眞生 演奏会
image.jpg

脳の病ジストニアによって突然失われた左指の自由。失意の底から立ち上がり、昨年から「右手のピアニスト」として活動を再スタート。いつ治るともわからない病にあっても、失われることのない音楽への思い。樋上さんは、右手用の楽譜をご自身で編曲され、その奏法の開発に人知れず努力と工夫を重ねて、再び舞台に立たれました。その音色は、悲しみ、喜び、怒り、迷い……あらゆる想いにふるえるようで、たましいをゆさぶられます。樋上さんの挑戦ははじまったばかり。あらたなる音のクリエイションは、私たちの暮らしと人生に多くの感動と希望を伝えてくれます。

日 時:2017年5月19日(金)10:30~12:00(10:00受付開始)
会 場:箕面市立メイプルホール・小ホール/箕面市箕面5-11-23
参加費:無料
定 員:100名(先着順 )ただし、ご来場には招待状が必ず必要です。

主 催:みのおてらならい
     詳細・お申し込みはこちらから→ https://minohjuku.jimdo.com/

※招待状は最下部にある「演奏会のお申し込み」欄からお申し込みください。
※同伴者がある場合は、必ず「メッセージ」欄に、同伴者のおなまえ、
  ご連絡先(住所もしくはE-mail)を明記ください。
※4月中に招待状が届かない場合は、先着順もれとなります。あしからずご了承ください。

【プロフィール】樋上眞生
京都市立芸術大学卒。2005年ザルツブルグ夏期国際アカデミーP.ギリロフ氏のクラス受講。同年9月ロシア国立モスクワ音楽院大ホールにて開催された「日本の心」フェスティバルオープニングコンサート出演。2007年ウィーン留学、 S.アーノルド氏に師事。。2008年ウィーンマスターコースS.メラー氏のクラスを受講。優秀者に贈られるロザリオ・マルチアーノ賞受賞。S.メラー氏の推薦を受け2009年5月自身初のソロリサイタルをウィーンで開催し好評を博す。第20回宝塚ベガ音楽コンクール第2位、同会場審査員特別賞を受賞。第8回堺国際ピアノコンクール第1位。第13回日本ピアノコンクール銀賞。2013年度日本芸術センター年間最優秀ピアニスト。同年春、ジストニアを発症し、左手の自由を失う。

★ポットラックパーティー開催
演奏会のあと、感動を分かち合う懇親会を開催します。
 日 時:2017 年 5 月 19 日(金)12:30 ~ 13:30
 会 場 :箕面市中央生涯学習センター(メイプルホール)3F「講座室」
 定 員 :50 名(先着順)

※ 着席ではありません。
※参加は無料です。懇親会に参加希望の方は、ご自分用のコップ、飲み物、
   市販のおつまみやおにぎりなどをご用意して会場へお越しください。
 お車でお越しの方、20 歳未満の方は、飲酒は厳禁です。

★ボランティアスタッフを募集
このコンサートは、カルチャー倶楽部「みのおてならい」に集う 7人の仲間たちで企画運営しています。オペラや歌舞伎、能楽などに興じてきた仲間たちと積み上げてきた数々の「感動」を、今度は贈る側となって大いに「遊び」たいと思います。今回の演奏会当日の、受付や会場誘導のお手伝いボランティアスタッフを募集します。私たちといっしょに「遊び」ませんか。

 ポットラックパーティ、ボランティアスタッフの
 詳細・申し込みもこちらからどうぞ→ https://minohjuku.jimdo.com/


コメント(0) 
共通テーマ:blog

外臺で夢をみてきました [宮沢賢治]

この前の記事でおしらせさせていただいた
2017年3月25日26日に岩手県花巻市で開催の
宮沢賢治学会イーハトーブセンタ―主催の春季セミナー「外臺(とだい)の夢」
参加してきましたので、備忘録的ご報告など。
  プログラムなど詳細はこちら ↓
  http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-03-07


3月の花巻はまだ寒い~けれど日向の雪は解けてひざしはまぶしく春っぽい。
★第1日 3月25日(土)は
 「―外臺の夢― 其の一」ということで講演会です。
 宮沢賢治学会イーハトーブセンター代表理事・富山英俊さんからの開会挨拶ののち、      

講演1 
 大島丈志さん (立教大学准教授)
  「銀毛ウサギの秘密――養兎(ようと)と言う農業」
講演2
 板垣 寛さん (石鳥谷町 学会員)
  「宮沢賢治から指導を受けた石鳥谷の農民たち」
講演3
 栗原 敦さん (実践女子大学教授・前代表理事)
   「羅須地人協会の時代―労働農民党のことなど―」  

大島さんのおはなしからは賢治作品に「兎」は結構登場しているのだなと気付かされ、
養兎(兎を商業的に育成すること)をキーワードに
当時(賢治の羅須地人協会時代)、農業の状況や、
それゆえ試みられていたことなどを教えてもらいました。
農家の「副業」というキーワードも私には大変関心が沸きました。
ワルトラワラで現在追求中の「菊芋の富錦」にもつながるし、
現在では「6次産業」と言われる世界にもつながっていくように思ったのでした。

板垣さんのお父様は、、
石鳥谷に肥料設計のために出張所を構えた賢治を知るお一人で、
父からきいた賢治から教えたもらったことなどをおはなしされました。
そして当時、賢治さんが推奨していたお米の「陸羽132号」についての説明は、
とてもおもしろかった。
板垣さんは、陸羽132号、ひとめぼれ、銀河のしずく、それぞれの稲の長さ、穂の長さが比較できる
模型を持参しての説明で、東北でのお米作りにどれほどの時間と尽力があったのだろうかと
想いを馳せ、お米を身近に感じることのできる内容でした。
ところでこの3種のお米は明日、お弁当で試食できるのです。ますます楽しみになりました。

栗原さんからのおはなしは、大正10年代以降の賢治をめぐる人物相関図をながめながら
当時という時代の全体を総括的に眺めることができるキーワードを伝えて下さいました。
ある面ではひそやかに、そしてある面ではエネルギッシュに
ぞわぞわと複雑な事柄がひしめき合い、
ざわざわと人がうごめき、歴史が作られていった時代だったのだなあと
そんな中で、賢治さんは羅須地人協会時代を生きていたのか、と。

3人の方からの講演は、私にとっては
羅須地人協会時代の賢治のことを考えるための指針になるものでした。


講演会終了後は宮沢賢治記念館前のレストラン「山猫軒」で交流会。
私にとって今年初物となる、ばっけ(ふきのとう)を天ぷらや、ピザでいただくことができました。
そして久々に会う方々とおしゃべりという楽しい時間となりました。

1日目は全く写真なし!すみません。

2日目は
朝から時折雪がちらちら、少し寒い朝でした。
1.jpg
★第2日 3月26日(日)は
  ―外臺の夢― 其の二 エクスカーションです。
   桜町4丁目公民館・詩碑広場(羅須地人協会跡)・「下ノ畑」周辺(外臺)を巡ります。
2.jpg   
公民館では 伊藤 孝さん(羅須地人協会員伊藤清氏ご子息)のおはなしをききました。
お父様は羅須地人協会のメンバーでした。
そのお父様からきいた羅須地人協会時代の賢治さんのエピソードや
お父様とお母様の結婚祝いに賢治さんからもらった蓄音器をみせていただきました。
3.jpg
まるで、車座になって耳を傾ける参加者一同もまた羅須地人協会メンバーみたいです。

公民館から羅須地人協会のあった、今では「賢治詩碑」広場と呼ばれる高台まで歩きます。
6.jpg

春の陽気に「春」を読む(でもこれは5月の作品)
4.jpg

5.jpg
ここから賢治が耕していた下の畑方面をながめると・・・
なんとまあ、いつもはいちめん田んぼが広がる外臺の場所がすっかり掘り起こされています。
7.jpg
実は5月まで田んぼの区画と水路の整備のための工事中。
この工事のお話を中心に豊沢川土地改良区の方から「外台地区の基盤整備事業について」というおはなしをききました。

そのあとは賢治の「下の畑」をめぐります。
「下」と言っても真下にあるわけではありません。結構な距離。
18.jpg

移動風景
ぞろぞろと歩く。
8.jpg

まわりをよくみれば、ネコヤナギ(ベムベロ)・・・かな!?
17.jpg

オオイヌノフグリも満開。
16.jpg
たしかに春は、やって来ています。

「下の畑」では伊藤さんもお越しになって、区画整理が行われた下の畑のことを
お話して下さいました。
9.jpg
ひざしはポカポカとあたたかく、みんなで畑をながめ、当時の賢治に想いを馳せることができました。

また徒歩で羅須地人協会跡の場所に戻り、
岩手県農林水産部県産米戦略室の吉田正博さんから
昨年デビューした岩手のブランド米「銀河のしずく」のおはなしをうかがいました。
10.jpg
このお米が生まれた経緯や、込められた思いなどを聞くうちに
丁度昨日、板垣さんから聞いた「陸羽132号」のおはなしもおもいだしながら、
改めて東北のお米作りに「冷害」「収量、そして「おいしさ」というキーワードは
永年の課題なのだなと思いました。
銀河のしずくを温かい状態でも試食して下さいと、
参加者へ試食パックとエコバッグのおみやげもありがとうございました。

東北という場所で、冷害に強く終了も見込める品種改良を重ねて生まれた当時の最新のお米「陸羽132号」。今はそこからまた改良を重ね生まれた「こしひかり」「ひとめぼれ」「あきたこまち」などのお米が食卓にあがっています。そうして最新の「銀河のしずく」。
お米に想いを馳せたところで11時。
早弁タイム。
「イーハトーブのオリザ食べ比べ弁当」が登場しました。
11.jpg
ちょっと寒い日ではありましたが、賢治さんがかつていた場所で、
賢治さんゆかりの陸羽132号や、岩手の最新のブランド米・銀河のしずく
花巻産のひとめぼれの3種をたべくらべたり、
花巻の春をたのしめるおかずを
「賢治さんが大好きな」みんなでいただけたことは
やはり「めったにない」おいしいごちそうでした。

ごちそうさまでした。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

3/25 26 宮沢賢治学会の春季セミナー@花巻 [宮沢賢治]

今月のブログはお知らせコーナーつづき
 ・・・よろしくお付き合いくださいませ!

3月に花巻で宮沢賢治の羅須地人協会(らしちじんきょうかい)時代をひもとくセミナーがあります。
現地だからこそ、の内容ではとおもいます。
賢治ゆかりのお米と現在の岩手ブランド米の食べ比べお弁当も登場します。
3月下旬の花巻は、まだちょっと寒い季節ですが、
早春の花巻もいいですよ~ということでおしらせです。

宮沢賢治学会 宮沢賢治イーハトーブセンター
2017年春季セミナー
羅須地人協会とその時代  
―外臺(とだい)の夢―

羅須地人協会の建物のあった場所(桜町)には、現在、詩碑が建立されその前が広場となっています。四方が木立に囲まれた広場で9月には賢治祭も行われますのでどなたもご存じでしょう。当時、賢治が不在にしていた時には、入口の黒板に「下ノ畑ニ居リマス」などと書かれ、来客への心配りが忍ばれます。さて、実際に「下ノ畑」まで行こうとすると、川沿いまでには案外の距離があることを知ります。現在、この周辺は大規模な農地改良の工事中で往時の気配はなくなっています。
 詩人・童話作家である宮沢賢治は、農業の実践者としても知られます。しかし、賢治が農学校教師職を振って身を投げた農業実践の日々は自身の予告のとおり「暗くけはしいみち」(詩「告別」)を歩み、羅須地人協会の時代は二年半ほどのものでした。
 賢治の活躍した時代から、あるいはその後の「賢治研究」の時を経て時代や農業は大きく変わりました。共通であった常識も徐々に新しいものに置き換えられます。われわれはその軌跡を幾分でも正しく把握することは出来るでしょうか。「羅須地人協会の時代」は様々な要素が複雑にからみあって不明な部分も少なくありません。これを、一つ一つほぐし、研究者、愛好者のみならず広く一般向けにも提示出来ればと思います。
 賢治活躍の舞台は、下の畑のあった「外臺」という北上川べりの広大な原です。これらの場所を背景として作品が生まれる必然を見いだし、副題に「―外臺の夢―」と添えました。
(企画委員会)
                  
期 日  2017年3月25日(土)・26日(日)
会 場  宮沢賢治イーハトーブ館ホール 他
定 員  200名
受講料  無料(会員以外の方は資料代として300円)
主 催  宮沢賢治学会イーハトーブセンター
      http://www.kenji.gr.jp/index.html    
    
【プログラム】
 ★第1日 3月25日(土) 13:30~
 ―外臺の夢― 其の一  講演(会場:宮沢賢治イーハトーブセンター)
    開会挨拶  富山英俊(宮沢賢治学会イーハトーブセンター代表理事)
  講演         
    1  板垣 寛 (石鳥谷町)
       「宮沢賢治から指導を受けた石鳥谷の農民たち」

    2  大島丈志 (立教大学准教授)
       「銀毛ウサギの秘密――養兎(ようと)と言う農業」

    3  栗原 敦 (実践女子大学教授・前代表理事)
       「羅須地人協会の時代―労働農民党のことなど―」  

  懇親会  17:15~18:45 山猫軒 1,500円
    

 ★第2日 3月26日(日)
  ―外臺の夢― 其の二 エクスカーション
   桜町4丁目公民館・詩碑広場(羅須地人協会跡)・「下ノ畑」周辺(外臺)を巡ります。
   
   8:40集合(花巻駅前広場) 9:00出発 
  12:00解散(花巻駅・新花巻駅) 
  
  お話   
    1  伊藤 孝(羅須地人協会員伊藤清氏ご子息)
  
    2  豊沢川土地改良区(予定)
  
    3  岩手県農林水産部県産米戦略室(予定)
   
  昼食  「イーハトーブのオリザ食べ比べ弁当 」 【要予約】
      「陸羽132号」、岩手県産ブランド米「銀河のしずく」他
      (※お弁当は冷えた状態で提供されます。)
   
  交通費及び食費 バス代1,000円+昼食の弁当代1,000円 合計2,000円
 
★詳細とお申し込みは宮沢賢治学会HPを
  こちら→ 
http://www.kenji.gr.jp/news2.html

2.jpg
2月のイーハトーブ館 
右側の水面は氷が張り、雪がつもって、小さな雪野原でした。
3月は雪とけているかな。
(マルカンも待ってるぞー)


コメント(2) 
共通テーマ:blog

まだまだ寒いけれど 3月スタート [岩手のおいしいもの]

今日から3月 卒業式、年度末、梅も咲いて
そしてもうすぐひなまつり

まだまだ寒いけれど、朝日が昇る時間が早くなってきたり
夕方日が沈むのはゆっくりになってきたり、
なによりおひさまの光が明るくなってきましたね。

大好きな花巻の大沢温泉がNHKで紹介されるそうです。
うれしいけれど、またお客様が増える=予約がとれなくなる!?
いやそんな心配はしなくていいか!?

そういえば先日宿泊した時に
館内をカメラとライトをもった人たちがうろうろしてました。
あの人たちが作った番組かも、楽しみです。

番組HPより・・・
  “温泉”そのものを愛し、味わいつくす番組「ぜんぶ、温泉。」
  今回旅するのは宮沢賢治のふるさと 岩手県 花巻温泉郷
  ヘッドフォン推奨! 目で、耳で、心で、たっぷりお楽しみください

2017年3月4日(土) 午後8時30分(30分)
「ぜんぶ温泉。岩手・花巻を浴びる」
NHK BSプレミアム
くわしくはこちら

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3738/2225474/index.html


【追記】かわはらさん、教えて下さってありがとう~
・・・そして、この番組のあとは、チャンネルはそのままで
夜9時からは遠野を舞台にした番組があります

BSプレミアム
2017年3月4日(土) 午後9:00~午後10:00(60分)

発見!体感!にっぽん雪紀行
「遠野 不思議なる冬の物語」

番組HPより・・・
かっぱ伝説や「遠野物語」の不思議な世界で知られる岩手県・遠野市。
冬、白鳥舞う里で独特の伝統や風習を守りながら、
たくましく生きる人々を女優の羽田美智子さんが訪ねる。

詳しくはこちら

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-03-04&ch=10&eid=26155&f=2651


私が2月にでかけたときの大沢温泉…雪まみれ
でも屋根や木々それぞれに雪の積もり方が違って、ながめていると楽しい。
大沢温泉 画像処理済.jpg
ブドリ様より「白いものは白く」と写真添削(補正)を
送って下さいましたので、それと差し替えます。多謝。

軒先のつららはにょきにょき、こちらはガラスアートみたいに光っていました。
つらら.jpg


コメント(4) 
共通テーマ:blog