So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

おしらせ いろいろ

2/15-21 【食イベント】「宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン」
@東京・丸の内 小岩井フレミナール ※但し丸ビル全館休店日の18日を除く
 詳細こちら→http://www.city.hanamaki.iwate.jp/event/1606/p009720.html
2/16 【お話します】宮沢賢治の花巻レストラン@小岩井フレミナール
 (特製デザート付き)
 詳細こちら→http://www.city.hanamaki.iwate.jp/event/1606/p009720.html

3/10「居酒屋『火の車』一日開店&心平・賢治・高太郎 ある日の食事
 詳細こちら→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-01-12
1/12-3/24【企画展】 居酒屋「火の車」もゆる夢の炎@福島県いわき市
 詳細こちら→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-01-12

「まきまき花巻」岩手県花巻市の魅力を発信するWEBマガジンにて
 宮沢賢治×花巻の農の風景を紹介する「宮沢賢治の花巻レストラン」連載中
 ご一読ください♪ →http://makimaki-hanamaki.com/author-list/yuki_nakano

★ブックショートアワード http://bookshorts.jp/ 
 第4期優秀作品に選んでもらいました。誤字脱字ご勘弁(恥)
 「プラネタリウムの空」全文は→こちらから

※コメント入力時の認証コードは英数半角で入力下さい。 
 お手数おかけしますが宜しくお願いします。
前の10件 | -

貝雛をお茶っこしながら手作りしました [岩手のおいしいもの]

12月にこのブログでもおしらせさせていただいた
みのおてならい主催の貝雛の講座に参加してきました。
 こちら→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01


実は、講座前々日から花巻空港はお天気が悪くて欠航もでていたのでひやひやどきどき。
講師のNaokoさんの予定の飛行機もあわや強風で欠航になるかも?だったのですが
無事来阪。そして講座当日は朝から晴れてあたたかい。幸先の良いスタートで私もうきうきと出かけてきました!
今回このような貝雛を作ります
3.JPG

各席にそれぞれひとつづNaokoさんがあらかじめ用意してくださった貝雛キット
参加者が作りやすいように、貝や布にあらかじめとても丁寧な下準備がしてあるので
作りやすく、楽しく作業を進めることができました。
4.JPG
本日使用する貝は「万寿貝」というおめでたい名前です。
41.jpg
Naokoさんに教わりながら、対の貝がそれぞれ男雛と女雛になっていきます。
5.JPG
会場全体が集中してもくもくと作っています。
6.JPG

途中でほっとひといき岩手のお菓子でお茶っこ時間
2.jpg
紅白のかもめの卵 この時期だけの期間限定のお菓子です。(写真はみのおてならFBよりお借りしました)

そうして感激のできあがり! 
着物柄はキットにより異なるので、何になるかお楽しみだったのですが
私のは松竹梅の男雛と桜柄の女雛になりました。着物の柄合わせが楽しかったです。
40.jpg
家で飾るのが楽しみ♪

参加者全員で記念撮影
1.jpg
(写真はみのおてならいFBよりお借りしました)

会場には新作の貝雛と
43.JPG

Naokoさんのお父様の書とお母様の貝雛作りの様子など
ファミリーで紡がれる貝雛の世界が写真で紹介されています。
8.JPG

参加者へ一人ずつプレゼント
花巻からお父様の書の書かれたメッセージカードとお母様が作った貝の飾り
10.JPG

我が家にある貝雛も持って行ったのです(わんこ3匹はお留守番・笑)
 こんなのね→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-02-27

13.JPG

花巻から届いた春の便り。本当に楽しい1日でした。
Naokoさん、みのおてならいのみなさま ありがとうございました。
12.JPG
★みのおてならい https://minohjuku.jimdo.com/
★みのおてならいのFBにも当日の様子がでています
    https://www.facebook.com/minohtenarai/

 

コメント(0) 
共通テーマ:blog

『はるの のやま』 [絵本]

今日 2019年1月17日は阪神淡路大震災から24年目。
こうしてPCの前にいること日常の中にいることがありがたいです。
ついこの前のようであり・・・いろんなことがあっという間です。

・・・ ・・・ ・・・

寒い日に出かけた図書館で見つけた本です。
『はるののやま』
 赤木昭夫 作 村田通紀 絵 岩波書店 1982年10月発行

33.JPG
37年前に出版された「ぼくのさんすう・わたしのりか」シリーズの1冊です。
小学校低~中学年向き。

まさえさんと、けんじくんの春の自然観察日記を
先生が読んでコメントしていきます。
面白いと思うことを記録していくこと、観測データの積み重ねって大切、ということを教えてくれる内容です。

着物姿のおばあちゃんや
先生は男性で背広姿なところに時代を感じます。
今はもうすこしラフな服装の先生が多いですよね。

裏表紙は舞台の紹介です。
よく見ると・・・舞台は岩手県水沢市でした。
北上川も緯度観測所もありますよ。
34.JPG
そしてお話の最後の解説のページには
この観測データの積み重ねの重要性を伝えるのに
水沢緯度観測所のZ項の発見の歴史が語られていました。

・・・明治35年にZ項が木村栄(きむらひさし)によって発見されました。
・・・昭和45年、Z項は地球内部の流体核の動きによることが若生康二郎(わこうやすじろう)によって明らかにされたのです。

という感じで。

水沢緯度観測所は宮沢賢治の「風野又三郎」に登場します。
(「風の」ではなくて「風野」のほうです)
だから主人公の男の子は「けんじくん」なのかな?

実際は、現代と80年代では自然の様子も少し違ってきていると思いますが、
でもはるか遠くに見える山の様子や
雪解けの様子、芽吹いていく様子は「いいなあ岩手」な風景でした。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

おぜんざい と とんど焼き [お菓子の誘惑]

昨日1月15日は小正月
そして関西では鏡開き。
町からすっかりお正月飾りは片付いて、本格的に2019年がはじまるぞーという気持ちになります。

関東や東北では7日までが松の内で11日に鏡開きをするようですが、
関西では1月15日までが松の内、そして鏡開きです(20日が鏡開きというところもあるようです)。
でも関西でもこのごろでは関東と同じくお正月のお飾りを7日、11日あたりに片づけるところも増えてきたような気がします。

この日、神社では、とんど焼き(関東では「どんど焼き」ですね)。
昨日は外を歩いていると一日なんとなく煙たい香りが漂っている気配。
そして魔除け厄除けのためにおうちやお店の周りにとんど焼の灰が播いてありました。

今日のおやつは鏡開きのお餅でおぜんざい
小豆もね、お豆から煮たのですよ。
31.JPG
関東ではこれは「おしるこ」なんですよね。
関西のおしるこは、さらし餡で小豆の粒つぶが入っていないのが「おしるこ」なのです。
岩手はどうなのだろう?そういえば確かめたことありません・・・。

空に還ってゆく年神様、また来年!

コメント(4) 
共通テーマ:blog

山猫軒でひとやすみ [岩手のおいしいもの]

あったかシリーズ第3弾は
花巻市の宮沢賢治記念館前の山猫軒さん 昨年9月にでかけました。
 https://www.yamanekoken.jp/wildcat-house-%E5%B1%B1%E7%8C%AB%E8%BB%92/
 
ちなみに第2弾はこちら「花巻のポットパイ」
 →https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-01-09

山猫軒さん
今回お店の写真を撮り忘れたのでこの写真は過去記事からです。
 こちら→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-08-08
30.jpg

いただいたのは
白金豚のカツカレー 
22.JPG
花巻のブランドポーク・白金豚
揚げたてのカツはサクッ
香ばしいカレーを自分でかけていただきます。

でくのぼう お餅料理です。
名前は「雨ニモマケズ」の一文からだと思います。
23.JPG
あずきあん、なます、ごまあん、花巻のおつけもの金婚漬けがついていました。

やわらかいお餅は、こうやって稲穂を交差して切ります。
食べやすい大きさにしたお餅に餡をつけていただきます。
24.JPG

もうひとつ
山猫軒さんで楽しかったのは
メニューと一緒にあったファイルでした。
20.JPG
お料理を注文してから読むようにと「注文」つきのファイルです(笑)。
中には賢治さんの作品を楽しむクイズ
花巻の方言
山猫軒さんの近所の観光地ご紹介・・・など賢治さんの作品と花巻をたのしむ内容もりだくさん。
お店のスタッフの方の手作りです。

特に方言はしらないことばだらけで見入ってしまいました。
 「おこ(ご)こ」は漬物  「いだましねえ」は惜しい、もったいない
などなど(写真撮らせていただいたけれど、ブログには載せないでおきますね)
はい、最後のページまでしっかり見ましたよ!
21.JPG
ごちそうさまでした!



コメント(2) 
共通テーマ:blog

1/12-3/24【企画展】草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎@福島県いわき市 [宮沢賢治]

福島県いわき市にあるいわき市立草野心平記念文学館で
1月12日より
企画展「草野心平の居酒屋『火の車」もゆる夢の炎」がはじまりました。

この展示Ⅳのところのお手伝いを少しさせていただきました。
そして企画展開催中の3月10日(日)「火の車」を楽しめるお料理とお話に出かけます。
心平さんの居酒屋「火の車」のメニューを中心に
心平、賢治、光太郎の食にまつわるエピソードが楽しめる内容です。
要申し込みで、2月10日より参加者受付開始です。
ぜひお越しください~。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 

没後30年記念 冬の企画展
「草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」
会 期 2019年1月12日(土)〜3月24日(日)
会 場 いわき市立草野心平記念文学館 http://www.k-shimpei.jp/    
休館日 毎週月曜日、1月15日、2月12日(1月14日、2月11日は開館)

草野心平は、天性の詩人でしたが、自身と家族のために行った職業は13を数えます。それは何一つ詩人の副業でありませんでした。その一つ、居酒屋「火の車」は、昭和27年(1952)3月に東京都文京区田町に開店しました。同店は昭和30年4月に新宿区角筈に移転し翌31年12月に閉店しますが、この約5年間、ここには「文学仲間との怒号の議論、客との喧嘩、連日の宿酔、そして執筆」と独特のエネルギーが渦巻いていました。
本展では、「火の車」時代の心平を、①火の車開店まで、②火の車開店以後、③火の車常連客、さらに④草野心平・宮沢賢治・高村光太郎の食のエピソードの4つにわけて紹介します。
火の車展.jfif

【催し】居酒屋「火の車」一日開店  
    草野心平が開いていた居酒屋「火の車」で、
    心平が命名したお品書きにちなんだ料理を試食します。

期   日 2019年 3月10日(日)

プログラム 
 〇寸劇「火の車時代」 11 時30 分~11 時50 分  常設展示室
 〇「火の車」ランチタイム【ランチタイムは要申込です】
    料理人 中野由貴、文学館ボランティアの会会員 12 時~12 時30 分 小講堂
 〇食卓トーク「心平・賢治・光太郎 ある日の食事」
    講 師 中野由貴(宮沢賢治学会会員・料理研究家) 13 時~14 時 小講堂
 
 お申し込み方法
   電話、往復はがき、FAX、E-mail のいずれか
   定 員 先着50 名(2 月10 日より受付開始)
   参加料  500 円(所定の観覧料も必要です)

★詳細・お申し込みは
  いわき市立草野心平記念文学館 まで 
   (チラシも以下からみられます)

★ご参考までに
  2017年5月21日同文学館でお料理とお話させていただきました
  「心平さんの胃袋探訪~口福弁当おしながき」
  https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-06-09

居酒屋火の車については
ちくま文庫から出ている『火の車板前帖』おすすめの1冊です!
  https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-06

私も企画展、そして3/10がとても楽しみです。とにかくがんばりますー!どうぞよろしくお願いします。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

大沢温泉 切り絵の幻燈会 [岩手のおいしいもの]

久しぶりに切り絵作家さんから連絡をいただきました。
ありがとうございました!
昨年、大沢温泉湯治屋さんの廊下で見かけた切り絵作品
 →https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-04-13
 こちらも→
  https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-06-15
夜の廊下にぽっと浮かび上がる様子はまるで幻燈会なのです。

この冬は規模が拡大しましたとのおしらせでした。
送っていただいた写真を拝見すると・・・本当だ!
切り絵2.jpeg
(少しまぶしかったので補正調整させていただきました)
切り絵.jpeg
1階の「やはぎ」前から露店風呂にむかう廊下に沿ったお部屋の一連ですよね?
絵巻物みたいできれいですね。
切り絵作家さんの滞在中に日々変化していく作品です。滞在中だけ飾られている(はず?です)ので、出会われた方はラッキーですよ。
湯治屋さんのどこか懐かしい空間とコラボした素敵な切り絵作品です。

実は私、作家さんとお会いしたことがありません。

いつかお会いできる日を楽しみにしています!

大沢温泉湯治屋さん
 →https://www.oosawaonsen.com/touji/


コメント(2) 
共通テーマ:blog

花巻のポットパイ [岩手のおいしいもの]

あったかいたべものシリーズ第2弾
 →第1弾は岩手磯ラーメン★こちら
引き続き昨年9月にでかけた花巻からの報告です(遅い報告だなあ)

JR花巻駅前から徒歩5分くらいのところにある
JOE'S LOUNGE ジョーズラウンジさん
 https://tabelog.com/iwate/A0302/A030201/3008868/

マルカンを復活させた花巻家守舎さんがリノベーションをてがけたお店です。
古いビルの外観も新しい感覚の内装もNYの下町みたいな(行ったことないけど!?)かっこいいお店です。
2015年開店ということなので、そうか~私、3年目にしてやっとこさのおでかけ(笑)。

ランチタイムに注文したのは
ポットパイ 
  サラダ、スープ、パン、デザートのヨーグルトつき 
  プラス料金でドリンク:トマトジュースにしました。
10.JPG
ほかにもハンバーグやパスタもあってどれもおいしそうで、迷いはしたのですよ。
でもパイ好きにははずせませんでした。大きなポットパイでした♪

お料理の右手にあるのは
お店ができるまでを記した小冊子。各テーブルにおいてあります。
「花巻をもっといい街に」
というコンセプトではじまったお店作りのいきさつがしたためられています。
がんばっているあなというのが伝わってきます。
これからもこういうお店や場所が広がっていく予感。花巻、楽しみです。

パイの中身は日によって変わるみたいですが
この日はビーフシチュー。
11.JPG
ポットパイって、お皿のふちについたパイをはがして食べるのもまた楽しいのです。
めりめりっと帯状にとれてくるときもあるし、かぱっとかたまって(やってみるとよくわかるはず)輪になってはずれるときもあり。そしてふちからきれいに取れたときは、とてもうれしい。

食後にはエスプレッソをいただきました。
花巻でエスプレッソが飲めるお店、ここ初めてかも?
お砂糖をたっぷりいれて飲むのが好きです。

ごちそうさまでした。
寒い日は、ほこほこあたたかいお料理とお茶が恋しいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

平成最後の平成最初の日 [本と雑貨とそれから雑記]

6日は部分日食・・・見えました!
7日は七草で小寒・・・これからますます寒くなります。

そして本日8日は、平成が始まった日なのだそう。

今朝のニュースが教えてくれました。
平成は1989年1月8日から始まったのでした。

小渕さんが「平成」っていう文字を掲げたのは30年前の今日だったのか。
「今日から”平成”だって。昭和じゃないなんてなんか変だなあー」と思ってからもう30年。

そういえば
当時はNHKも深夜放送はやっていなくて
11月くらいからだったかしら???12時ごろになって番組終了合図の日の丸の映像が出る前に
毎晩必ず、夜の皇居のお堀の映像をバックに「天皇陛下のご容態」というおしらせがありました。
見ていた人多かったのではないでしょうか。

昭和の時とは違い
平成から次の元号に変わるタイミングは今からすでにわかっているけれど
やっぱりなんかへんだなーと思うのだろうな。

ところで6日の日食は
朝から曇っておひさまがぜんぜんみえなかったのですが
10時半ごろから30分ほど雲が切れて見ることができました。
・・・年賀状に日食めがねをつけてくれたサワダさんありがとうございました。

今年はもう一度12月26日に見られる部分日食。
日食で始まり日食でおわる2019年というわけですね。

日食の写真を撮らなかったので代わりの1枚
9月の大沢温泉 中秋の名月
2018年の中秋の名月.JPG
ブレブレで画面が揺れているうえ、
どうして縦の写真を読み込むと横向きになるのだろう???
新しいPCにしてからこの調子です・・・ご勘弁を。

今年は日常のこと世の中の事いろいろ想いを巡らすことが多そうですが、
ほっこりにっこり行きたいと思います。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

東北の味 岩手磯ラーメン [岩手のおいしいもの]

寒い日が続きますね。
今日はあたたかい食べものの話題など。
・・・といっても9月の岩手で食べたもの報告ですけどね。

東北の味 岩手磯ラーメン 
パッケージに岩手のゆるキャラ「わんこきょうだい」さんたち勢ぞろい。10.JPG
テーブルマークさんからでている即席めん
大沢温泉湯治屋さんの売店にあって、即購入。夜食にいただきました!

磯ラーメンというだけあってスープの塩味が効いています。
わかめがたっぷり。あっさりラーメン。
11.JPG

テーブルマークさんといえば冷凍食品のイメージがあったのですが
即席めんも作っておられるのですね。
 https://www.tablemark.co.jp/products/normal_temp/instant_noodle/index.html
HPを拝見したら東北シリーズの仙台と米沢の即席めんがでていました。

でも、岩手磯ラーメンが載ってない。
販売終了だったら、むむっ残念・・・再販してほしいなあ。
なので見つけたらきっとラッキーです♪

コメント(0) 
共通テーマ:blog

豊洲市場を見学 [散歩と旅と]

昨年の11月のことなのですが
東京へ出かける用事があって空き時間に豊洲市場を見学してきました。
東京駅から約50分かかりました。新橋でゆりかもめに乗り換えて「市場駅」まで。
改札を出ると、新聞やテレビでよく見た建物が目の前に。
1.JPG

でかけたのは10月の開場から約1か月というころ。見学する人でかなりにぎわっていました。半数が外国からのお客様という感じ。でも建物がどれもとっても大きいので多少の人の多さは気になりません(それほど大きいのです)。

水産棟を目指して歩きます。2棟ありどちらへいくのも結構長い道のり。
2.JPG

各所にある展示ブースを見て回りました。
3.JPG

おさかな紹介コーナー
季節ごとの旬の魚のをめくると、お料理がかくれています。どれもおいしそう。
5.JPG

ターレーはかっこいいですよね!
2台展示されていました。記念写真を撮る人で大賑わい。
4.JPG

クロマグロも
7.JPG

市場の妖精さんもお仕事忙しそうでした。
6.JPG

早朝にはせりでにぎやかなんでしょうね
9.JPG


仲見世通りというところには専門店が並んでいました。
野菜、海苔、乾物、玉子焼き、チーズなどお店や、包丁、包装容器など
普段なかなか手に取れないものたくさんです。お店の方とおはなししたいけれど、ただのにぎやかしだと怒られるかな、失礼だしなと今回はちょっと遠巻きにぐるっと1周。

飲食店街は思っていたより広くなくて、11時台というのにどこも長い行列です。
お寿司や海鮮丼のお店をはじめ、うなぎやとんかつ、洋食グリル、ラーメン、喫茶店、サンドウイッチのお店など
もあります。本来は業者さんやプロの方たちのためのお店なのでしょうか。どこもおいしそうで迷います。
そんな中で、たまたま目の前でさっと席が空いたカレー屋さんに入ることができました。
8.JPG
印度カレーの中栄さん http://www.nakaei.com/
大正時代から築地にあったカレー屋さん
インドカレーとビーフカレーのあいがけにしました。
キャベツの千切りもたくさん食べられて満足まんぞく。

水産棟の上に屋上庭園
ここもとにかく広い!一面芝生でほかになんにもないので空も広い。
開放的な空間のむこうに東京のビル風景。
10.JPG

市場で働く方たちや魚たちはガラスの向こうで
人の声や食が発する匂いや気配が感じられず
人工的、近未来的な感じがしたけれど、
まだ新しいからこれからいろんなことが整っていくのかな、
それともこれがこれからの未来の食の市場なのかな?
いろんな意味でこれからがまだまだ気になる豊洲市場でした。

青果棟のほうは時間ぎれで出かけられなかったし、
飲食店や仲見世通りで気になるお店がいろいろあったので
また来られる機会があるといいなあと思っています。

豊洲市場 初セリは明日5日ですね。

豊洲市場のHP
 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/

【追記】2019.1.5
初セリの一番マグロ3億3360万円。競り落としたのはすしざんまいさん。
1キロ120万円。バブルの時代よりバブリーです。すごいな~びっくりしました。




コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -