So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「春と修羅」と「シン・ゴジラ」 [宮沢賢治]

8月5日(土)6日(日) 岩手県花巻市
宮沢賢治学会イーハトーブセンター主催の
http://www.kenji.gr.jp/
2017年夏季特設セミナーに参加しました。
20.jpg
昨年から始まったシリーズ「心象スケッチを知っていますか?」の
第2回
「まことのことば」を求めて 「春と修羅」から『春と修羅』へ
18.jpg
【1日目】 会場はイーハトーブ館
講演 『シン・ゴジラ』と『春と修羅』
講師 安 智史(やす・さとし)さん 愛知大学短大部教授

トーク 今、『春と修羅』を読む
講師 吉田文憲(よしだ・ふみのり)さん 詩人
    小池昌代(こいけ・まさよ)さん 詩人・小説家

あくまでも個人的な感想ですが、
「破壊と再生」「善悪を超越したエネルギー」などのキーワードが印象に残り、
賢治と今を考えるヒントをもらうことができました。

講座終了後は山猫軒で交流会がありました。
https://www.yamanekoken.jp/
1日目をふりかえられるメニュー作りに関わらせてもらったのですが、
私は「注文の多い」提案担当、調理は山猫軒さんが腕をふるって下さいました。
どうもありがとうございました。
2.jpg
メニューは<「春と修羅」と「シン・ゴジラ」をたべる>
ゴジラのイメージカラーの「黒」と「赤」
そして「春と修羅」の「土」のイメージで3品。

・ゴジラカレー 
 山猫軒の手作りカレールー+竹炭パウダーでつくったブラックカレー、
 鶏のから揚げで「ごつごつ」した感じを出しています。
4.jpg

・赤くて辛いピザ
 シン=辛とみたててトッピングに糸トウガラシ
     岩手産のソーセージ(ハーブ入り)も一緒に。
5.jpg

・土のプリン
「春と修羅」の
「まことのことばはここになく 修羅のなみだはつちにふる」のイメージです。
山猫軒の手作りプリンの上にはオレオクッキーを砕いた「土」。ハーブといちごで「畑」になりました。
3.jpg
・そのほか、生蕎麦、ロール寿司、生パスタなど
 岩手県産の食材を使ったお料理をだしていただきました。



【2日目】エクスカーション 

「花巻電鉄沿線を行く 心象スケッチの舞台を訪ねて」
案内 菅原唯夫(すがわら・ただお)さん

バスと徒歩でまわります
6.jpg

昭和40年まで花巻市内から花巻温泉、花巻南温泉郷までの間を小さな電車が走っていました。
その沿線は賢治の作品の舞台でもあるのです。
9.jpg
馬づら電車とも呼ばれた車両は、現在1両のみが市内の材木町公園に残されています。
この建物のとなりに
7.jpg

菅原さんから電車の歴史など伺いました
8.jpg

今回特別に車内に入れさせていただき、
参加者一同その「狭さ」を体験しました。ひざとひざがぶつかりそう。
21.jpg 
気持ちはごとごと電車にゆらている。
22.jpg
フジノさん写真ありがとうございました!

10.jpg

そのあと路線跡を歩きました。
11.jpg

ふりむくと電車がやってくるのではという気持ちになります。
12.jpg

駅舎跡もめぐります。

13.jpg


小さな畑の中に、かつての瀬川駅のプラットとフォームがありました。
14.jpg
「停留所にてスヰトンを喫す」の場所です。
15.jpg
遠くからながめたところ。

花巻の電気発祥地、大正元年に供給をはじめた松原ダム跡。
16.jpg
いつも大沢温泉へ行くのに乗っているバス道沿いにありました。知らなかった・・・。

今では看板のみで、木々の向こうに川面が光っているだけです。
17.jpg
電車を動かす動力でもあった電気、そして電車・・・花巻にかつてあった時代の最先端のキラキラしたもの」たち。
これから賢治作品を読んでいくのに大切な感覚を教えてもらえた思いでした。
暑い1日でしたが、やはり自分の足で説明を聞きながら「その場所」を歩いてみるのは大切ですね。

夏季セミナー終了!
お昼ごはんは、イーハトーブ館で
「プリプリえびのトマトソースパスタ」とコーヒー
19.jpg
食後はチョコレートのジェラート♪ ごちそうさまでした

イーハトーブ館で企画展「アザリア展」は9月30日まで開催中。
後ほど報告します♪
20.jpg



コメント(6) 
共通テーマ:blog

コメント 6

まるたろう

鉄道好きの自分としたら、昔の車両が保存されているのは
興味がありますね。自分が現地に行く時の一つのきっかけに
なるかもしれませんし。
by まるたろう (2017-08-16 23:40) 

ゆきねこ

まるたろうさま ありがとうございます
今回見学した車両は、床板や窓枠が木製で、網棚は縄を編んだものでまさに「網」、一昔前の車両はどこか懐かしくて、今の車両にはない温かみがありました。これからもずっといい状態で保存していただきたいあなと思いました。
by ゆきねこ (2017-08-17 09:04) 

佐々木伸行

 花巻電鉄・・沿線、懐かしい、写真です。
豊沢に住んでいた頃、当初は鉛線(保存の電車)は花巻の町へ出る、ただ一つの交通機関でした。後にバスと並列になりました。その後は電車は廃線バス路線のみとなりました。電車だけで1時間半ぐらいかかっていたと思います。(鉛駅までは徒歩で1時間以上)秋には、リンゴ畑をすれすれに通り、窓のすぐ外に色付いたリンゴの実が有りました。YouTube「遠い日の中山街道」と言う動画有り、が電車が運行していた頃の沿線の雰囲気が偲ばれます。
https://www.youtube.com/watch?v=5ehrbui0UHM



by 佐々木伸行 (2017-08-17 20:39) 

ゆきねこ

佐々木伸行さま ありがとうございます
無沙汰しています。
教えていただいたユーチューブの「遠い日の中山海道」観ました。
街道沿い、かつては学校も多く、子どもたちの声や、電車の音など山間に響き、聞こえていたのでしょうね。
リンゴ畑すれすれに通っていた電車・・・乗ってみたかったです。

by ゆきねこ (2017-08-18 08:49) 

佐々木伸行

 ふと、以前にも、同じ様なコメントを書いたことを思い出しました。探してみました。浜垣誠司さんのブログ「宮沢賢治詩の世界」2014・8・31「線路脇の豆畑」でした。
http://www.ihatov.cc/blog/archives/2014/08/post_811.htm
色々教えてもらいました。
 在京花巻人会のメルマガ「熊タイムス」が昨日きました。「なめとこ山」の記事が載っています。ご希望がございましたら転送しますが?
 東京ではいつも、進君のお嬢さんとお孫さんに合います。
by 佐々木伸行 (2017-08-18 20:20) 

ゆきねこ

佐々木伸行さま ふたたびありがとうございます
浜垣さんのブログと佐々木さんのコメントも拝見しました。
日常の中での沿線の風景や、馬ずら電車の記憶や感覚は、
大切なものであり、貴重な記録ですね。

それにしてもひとつまえにコメントいただいた
リンゴ畑と馬ずら電車のエピソードは、いいですね。
実りの季節はもとより、りんごの花の季節も!

熊タイムス、お手数でなければ転送いただけるとありがたいです。
いつもありがとうございます。

by ゆきねこ (2017-08-19 09:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント