So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
本と雑貨とそれから雑記 ブログトップ
前の20件 | -

データ容量が超過しました・・・なんて! [本と雑貨とそれから雑記]

今月11月は更新頑張るぞ、宣言をしたものの
あれ~どうしたのだろうか。

実はですね、PCを新調したのです。
2010年1月から使ってきたVAIOくん
壊れたわけではないのですが、来年10歳を迎えるので少々心配になりまして・・・。
で、新しくやってきたのはLAVIEさん。
それでですね、
10年近くたつと登録やらインストールやらがみんなネットになっておりました。
世の中はネットが大切なんだなと・・・関心していたのもつかの間、
Wi-Fiの受信機に「データ容量が超過しました」のメッセージが浮かび上がり
ネットの反応が遅~くなって(それはまるでかつて電話線から直接線を引いていた「パソコン通信」時代のようです)通信制限がかかってしまったのでした。

かろうじてメールの送信だけはできるのですが、そのほかニュースやHP、お友達のブログの閲覧や、添付付きメールの送受信など、ちょっと重たいものは時間がかかるうえ、最後はデータが中断するのでなにもできません(涙)。通信制限は今月末まで。


ちなみにこれじゃあこれから先、ブログはもちろんお仕事にも支障がでるので、
来月からデータ使い放題コースに変更しました
だから12月からは大丈夫、なはず。

このブログ更新をするのも入力画面をがでてくるのに10分以上、

そして更新ししてアップするのにまた10分以上かかっておりますのよ!

そういうわけで、今月いっぱいこのブログは冬眠します。
つづきは12月1日から再開しますので、12月になったらぜひ再訪おねがいします!!

9月の花巻報告続きやら、サルナシやソーメンカボチャのお料理の話や
来年の予定やらいろいろ更新していきたいと思います。


一つだけご報告!
「まきまき花巻」で連載中の
「宮沢賢治の花巻レストラン」は第3回アップしました。

「五穀豊穣のよろこび」宮沢賢治×花巻のお米と雑穀のお話です。

 ご一読いただけると幸いです。



しばしの冬眠・・・おやすみなさい。



コメント(0) 
共通テーマ:blog

日日是好日 [本と雑貨とそれから雑記]

電車に乗って遠出する時の「何か読むもの・旅の本」。
ここしばらく岩手に出かけるときは、より道する仙台でその1冊をみつけて、
花巻までの移動中に読書するのがひそやかな楽しみでした。

9月の花巻にでかけたときの「旅の本」は、
『日日是好日 ~「お茶」が教えてくれた15のしあわせ~』
 森下典子 新潮文庫
32.jpg
「にちにちこれこうじつ」と読みます。
ずっと「ひび・・・」と勘違いしていたので、ひとつ賢くなった。
ちょうど樹木希林さん逝去のニュースをみていたので
この帯の写真が目にとびこんできたのでした。

初版の単行本の発行が平成14年 文庫版になったのが平成20年
今回手にしたのは平成30年で24刷。ロングセラーの作品です。

そしてこの10月に映画化されたということでの帯の写真です。

茶道で感じた作者のことばのひとつひとつを、よく味わっていたい本でした。
それで一気読みしないように気をつけて(笑)、ゆっくり読みました。

茶道のこと・・・私も毎週土曜日習っていた時期があるんです。
近くの幼稚園で。小学校から中学校まで。
なので、こどもだった私と、この本のお茶の世界はちがうのだけど、
主人公が土曜日のおけいこの日になるとときどき「でかけたくないな~」と
もじもじなやんでいることや、
でかけると必ず「来てよかった」と心から思っているところなど、
そうそう、同じ!と、ものすごくうれしくなったのです。
そしてなんといってもでてくるお菓子に「おいしい」と思うところ。いいです♪

主人公は、先生のことばや、まなんでいく所作、
そして茶道というものぜんたいから、(人生の)いろんなことに気付いていくのですが、
それはどうぞ実際に読んでみてくださいね。

欲を言えば、帯の写真のパワーがつよすぎて、
登場人物のお二人の顔が、この映画のお二人になってしまったのですが
(それはそれで、私の印象にあっていたのでよかったのだけれど)、
であったことのない作者「森下さん」の印象でも読んでもみたかったな。

だけど人の出会いと同じく、本との出会いも一期一会。
今回の旅でであうべくして出会った1冊でした。

ちなみに7月の旅の本は森見登美彦さんの『ペンギンハイウェイ』でした。
旅の本は映画の原作になることが多い・・・ような、このごろ。

コメント(2) 
共通テーマ:blog

ためらわずに・・・ [本と雑貨とそれから雑記]

暑いですね~が、あいさつになってしまうほど、暑いですね~~~
お元気ですか?半月ほどブログの更新が滞ってしまいました。

連日猛暑、酷暑。そんな中、私がいつもじーっと見入ってしまうのは、
NHK天気予報の熱中症情報です。私の町は連日「危険」予報です。

危険の一歩手前「厳重注意」で描かれているのは、赤いバックに大汗かいている人。
そして「危険」は、ヘトヘトぐたったりの人が紫のバックで描かれています。
あの紫色でぐったりの絵は、本当に危険な感じです。ああ~大変。

そして注意の呼びかけの中に「エアコンはためらわらずにつけましょう」の
「ためらわず」の響きが気になる今夏です。
これまでこんなに「ためらわず」を見たり聞いたりする機会ってあったかしら。

それがここ連日テレビから聞こえてきます。
すると「もうためらっている場合ではないのよ」と、「ためらわず」が迫ってきます。
そんな「ためらわず」に私は「ためらって」おります。

でも7月に3日連続、頭痛で朝を迎えた私は
ためらいながらもエアコンを使っている今夏です。

先週、岩手・花巻~福島・いわきに出かけてきました。
花巻の朝晩はエアコンなしで23度くらい。頭痛にもならず、おかげさまでした。
いつもなら窓を開けると暑い空気が入ってくるのに、涼しい空気が入ってくるのが不思議です。
本来はあたり前なことかもしれない、と思うと、それにまた「ためらった」りして!?

木陰の賢治さん@いわき 涼しげな1枚をどうぞ。
1.jpg
報告はこの次に。

まだしばらく暑さは続くようです。くれぐれもみなさまご自愛のほどを。



コメント(4) 
共通テーマ:blog

Machicoco マチココ 8号 [本と雑貨とそれから雑記]

花巻まち散歩マガジン Machicoco マチココ8のご紹介です
 前号7号の紹介記事はこちら
  → https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-04-28

1.jpg
花巻スターブランドさんから届きました。いつもの洒落た封筒です。

6月20日発行 魚すくいの表紙が涼やかです。
特集は「夏のまち遊び」
ちょっと昔、子どもの頃のまち遊びの記憶から
今の花巻の夏の市日(いちび)や宵宮の風景が語られています。
「今の」といっても、花巻のレトロな町の風景が
昔の記憶を呼び起こしてくれるような、そんな感じです。

花巻の宵宮は、この季節に花巻市内の神社で行われる夏祭りのこと。
週末ごとにどこかの神社で夕方にぽっと提灯が灯りだす
しずかでにぎやかな地域のお祭りです。

そういえば2年前に花巻神社にでかけたことがありました
(記事では夜宮と書いてます)
https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2016-08-08

今年はこの宵宮にあわせて7月の毎週末を中心に4回
「浴衣散歩DAY in 花巻宵宮2018」が開催されるそうです。
7月  1日(日)駅前大通り(藤木神社)
7月10日(火)吹張町(金毘羅神社)
7月21日(土)上町(光徳寺)
7月28日(土)鍛冶町(如来堂)

宵宮を浴衣でおさんぽは、地域の方はもちろん、
この時期、花巻を訪ねる方は宵宮さんぽおすすめです。

そのほか前号からはじまった新連載「サワジンのあったった」には
今回語られているピザトーストと喫茶店マップに「今ではない」かつての花巻にしみじみされられました。
そして市内にある喫茶店(カフェではなくて)の多さ! 
花巻駅からマルカンビルにいくまでに、こんなにあったらきっと私はマルカン大食堂へ行き着かなかったと思います。だけど今は喫茶店自体は数が減ったけれど、カフェやケーキ屋さんなど新しいお店が増えてきましたね。寄り道するところ増えてきました。

裏表紙の高村光太郎のお料理紹介「光太郎レシピ」も夏の爽やかレシピ

今、この記事を書いている間、外は大雨なのですが
8号を読みながら、夏のからっとしたおひさまと、花巻の夕方から吹く涼しい風を思い出しています。
2.jpg
花巻まち散歩マガジン「Machikoko(マチココ)」
定価   500円(税込)

発行 合同会社Office風屋
   花巻市内とWEBで手に入ります。
 冊子についての詳細はこちら→★(マチココFB) 
 と、こちら
 → http://iwate-starbrand.com/?pid=116386901

次回の9号は8月20日→10日発行予定とのこと。
夏まっさかりに届く特集は「まつり」。楽しみにしています。


コメント(2) 
共通テーマ:blog

『おいしいロシア』 [本と雑貨とそれから雑記]

ロシアで開催されているサッカーワールドカップでここ数日世間は大にぎわいですね。
24日(25日?)の日本×セネガル戦楽しみですね。

そこでロシアが舞台の最近読んだ本
『おいしいロシア』シベリカ子・著 イースト・プレス 2016年9月発行 
http://www.eastpress.co.jp/shosai.php?serial=2636
10.jpg
岩手・盛岡のさわや書店でみつけて、帯に魅かれ購入しました。
日本人の作者の方が、ロシア人のご主人と一緒にでかけたロシアの地。そこで味わったロシア料理を中心に、ロシアの人々の日常のくらしを描いたコミックエッセイです。
シベリカ子さんと白熊さんみたいなご主人P氏とのやりとりや、
日常のくらしがほのぼのとして、楽しいです。
ロシア料理のレシピつきです。
冷やしボルシチやブリヌイたべたい~~
そしてロシアのマヨネーズと、乳製品のスメタナやトヴァロークは、
私のあこがれの食べ物コレクションの堂々上位にノミネートです。
表紙はおいしいものだらけ。
11.jpg
シベリカ子さん、このあとのロシアでの暮らしはどうなったのかな?
続きは出ないのかな?読んでみたいです。

ロシアには酸味の少ないマイルドなマヨネーズがたくさんあることと、
ロシアの人はマヨネーズ好きなんだということを教えてもらえたことは
とってもうれしいことでした。
・・・・というのも、
この本を買ったひとつの理由は目次に「ロシアのサラダ」が載っていたからなのでした。
宮沢賢治の作品の中のたべものに関心のある私は
賢治作品の「注文の多い料理店」が好きな作品のひとつ。
そこに登場する二人の紳士がフライかサラダになっていく過程を
「料理的に」ながめていくととてもゆかいになるのですが、
その味付けがまさに「ロシア風」の調理をされているのでは?と感じていて、
ではロシアのサラダってどんなもの? ということがずっと気になっていたのでした。

だったらロシアに行け、といわれそうだけど、なかなかそういうわけにはいかず(涙)
けれども身近でできることとして
ロシア料理店にでかけたり、ロシアの料理本をながめてきたものの
「ああこれ!」という出会いはありませんでした。
そんな中、今回この本から「マヨネーズ」というキーワードをひとつもらえたことはとっても大きかったです。

「注文の多い料理店」の舞台は
「立派な一軒の西洋造りの家」であるレストラン山猫軒。
この建物を森の奥でみつけた二人の若い紳士は「これはロシア式だ」とささやいています。
そして二人が山猫軒の扉をあけるたび店からの注文に応じていくわけですが、
そのなかで、酢のようなにおいのする「香水」をふりかけたり
牛乳のような「クリーム」を体中に塗ったり。
そして山猫が「それともサラド(サラダ)はお嫌ひですか。そんならこれから火を起こしてフライにしてあげませうか。」というセリフが出てくるので、まさにこの二人はサラダかフライになるため
その「下準備」のために扉を開けながら進んできたことがわかります。

ね、ロシアがなんとなく気になってくるでしょう!?
ではこの山猫軒の一皿を「ロシア風」だと仮定すると
それは一体どんな風なのか?それがわからなかったのです。
でもそこに「マヨネーズ」というキーワードをはめこむと、なんだかいい感じ。
マヨネーズっぽく味付けされた二人の若い紳士!? うぐぐ。

もちろん本当のところは賢治さんにおたずねしないとわかりません。
だけど正解は見つからなくても「読者の楽しみとして」物語を味わうための材料を
今回ひとつもらえた気持ちなのです。
シベリカ子さま ありがとうございました!

今、私の頭には山猫軒風サラダがぼんやりと浮かんでいます。
もちろん紳士たちは入っていません・・・念のため。

みなさまなら、この山猫軒のサラダはどんなものを思い浮かべますか?
気になったらぜひぜひ宮沢賢治の「注文の多い料理店」も読んでみてくださいね♪

コメント(4) 
共通テーマ:blog

揺れましたが おかげさまで大丈夫です [本と雑貨とそれから雑記]

2018年6月18日

朝、もうすぐ8時だなとテレビの画面を観ていたら
ずん、ときて、空気がびりびりと音を立てているような感覚でたてに揺れ、
続いてよこに揺れて、本当にびっくりしました。
こんな揺れ方は1995年の阪神淡路大震災以来でした。

我が町は震度4という記録でしたが、
本棚のすきまに横に置いていた本たちや(本棚崩壊せずによかった)、
身の回りの小さな置物などがごろんと落ちて、
扉のない飾り棚に置いていた食器が少し割れて、
ガスがとまりました(自動制御で元が止まるみたいで、すぐ復旧)。
なので震度5くらい?だったのではと思います。

近くの国道からは、お昼過ぎまで大阪方面に向かう
パトカーや救急車のサイレンの音やアナウンスがよく聞こえていました。
のぼりもくだりも、夕方までずっと渋滞していました。
歩道は、いつもみかけないサラリーマン風の男の人、女の人が多く歩いていました。
おそらく途中で電車を降りて、会社か家に向かっていたのだと思います。
ほとんどの関西のJR、私鉄ともに1日ずっと運休していました。

神戸、大阪方面の親戚や友人知人とも
夕方までには大丈夫と連絡を取り合えてほっとしました。

けれども高槻市(たかつきし)、茨木市(いばらきし)方面では
家の中の家具がみんな倒れたり、ライフラインも大変なようです。
これ以上、被害が大きくならないように祈るばかりです。

大きな地震は関西にまたいつか来る、と思ってはいたけれど
やっぱり びっくり、どきどき、そしてあたふたした1日でした。
余震にも気をつけないといけませんね。

皆様のところは大丈夫でしたか
どうぞお気を付け下さいね。
そして1日も早く落ち着きますように。




コメント(4) 
共通テーマ:blog

シャンシャン1歳おめでとう~♪ [本と雑貨とそれから雑記]

上野動物園のジャイアントパンダ シャンシャンは今日で1歳です。
関西人の私としては、本来なら
「パンダなら白浜アドベンチャーワールドにたくさんおるよ~」「待ち時間もなく観られるんよ」
【追記・神戸にも!】
「神戸の王子動物園にもタンタンさんというパンダが1頭いるんだよ~」
といいたいところですが、

昨年末の記事に書いた通り、
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-12-31

何の証拠もないけれど(ネット募集だったので)、
5161人の名付け人のひとりになれたのでした♪
それに私たち同じふたご座でございます。
そうなると勝手に親近感がわきまして・・・
この1年、半月に1回更新される上野動物園の
ジャイアントパンダ情報サイトで 
http://www.ueno-panda.jp/
シャンシャンの成長記録は、ほぼ欠かさず観てまいりました。


今朝のNHK0655で流れたリクエストソング「上野動物園準備中」
シャンシャンの成長記録バージョンでした♪
パンダさん恐るべし。やっぱりね、かわいいですよね。

上野動物園のHPをみれば
今日は動物園内の食堂でも本日のみ期間限定で
パンダバージョンのお料理やデザートがあるそうです。嗚呼、食べてみたい!

上野動物園にでかけられないので
我が家のパンダ料理
1.jpg
うしろすがたがキュートでしょ!?
たわらの形におにぎりに海苔をまき
半月形に切った海苔を耳のあたりにちょん。それだけ。パンダのしっぽは白いのです。
簡単なのでぜひおためしを。

シャンシャンおたんじょうびおめでとう これからも元気にすくすく育ってね。


そうして今日は米朝首脳会談の話題が大きい1日ですが
こちらも難しいことはいっぱいあるけど
ことばや想いが明るい方向にすくすく育ってほしいですね。
2.jpg

コメント(4) 
共通テーマ:blog

わたしはロボットではありません [本と雑貨とそれから雑記]

おともだちのみみずくルンルンさんがブログを閉じてしまわれました。
https://ameblo.jp/baba-a0358/page-2.html

みみずくルンルンさんの甘辛!?コラムをたのしみにしていたので残念・・・。
閉じた理由がブログ作成のログイン時に毎回「わたしはロボットではありません」という
認証がでてきて、ちゃんとやってもログインできなくなってしまったからだとか。

それでこれからはお店の方のブログ一本にされるとのことで、つまり移行とのことで
みみずくさんの声がこれからも「読める」のはうれしいのですが、
たしかに「わたしはロボットではありません」は、めんどくさかったことと思います。
大変でしたね。
私もこれまで認証が必要なHPのときに何度か出会っています。
でも相手の会社がセキュリティがんばっているんだとおもって、なんとかやりすごしてきましたが、
認証の写真がわかりにくくで1度ですんなりとはなかなかいきません。

しかしそれよりも気になっているのは
この「わたしはロボットではありません」という日本語です。
これって英語か何かどこかの言語を直訳してしまったんじゃないのかな~。
素直に「機械操作ではない認証をさせてください」でいいのになー。


そしてロボットが好きな一人としては、この言い方じゃあ
なんだかロボットが悪者みたいで、こりゃこりゃ!って思っているんです。

なにしろ今、世の中はAIが世界に拡がって行っていて
人間とロボットは力をあわせて仲良くやっていこうとしているのに
「わたしはロボットではありません」ではヘンでしょ!?

ヘッチャラくんみたいなかわいいロボットだって本の世界にいるしね

こんにちは.jpg
そして、これはむかしつくったボビンロボットくん(人形ですが~もう8年前!TOKOさんお元気でしょうか)
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2010-03-30


もうすこしセンスある日本語に置き換えられないものでしょうかね。
みなさんならどう言い換えますか??
みんなでしあわせ.jpg

コメント(4) 
共通テーマ:blog

丹波とその周辺の昔ばなし集『ふしぎな黒大豆』 [本と雑貨とそれから雑記]

丹波は、兵庫県の中東部から京都のあたり。
兵庫県側では篠山市(ささやまし)と丹波市のある地域です。
私にとっては、岩手や賢治や絵本や篠山アートフェスティバルなどを通して
友人・知人のご縁をずっといただいているところです。
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-09-16

そんな丹波は昔ばなしがたくさん語り伝えられてきたところ。
そのひとつひとつのおはなしをまとめた本を送っていただきました
(中西さんありがとうございました!)。

丹波昔ばなし大学再話研究会のみなさんが
古い文献から探したり、
数少なくなった語り手の方から聞かせていただいたおはなしを時間をかけて再話した、
篠山の昔ばなし7話、丹波周辺の昔ばなし20話が載っています。

『ふしぎな黒大豆 丹波とその周辺の昔ばなし集』
 発行・丹波昔ばなし大学再話研究会
 印刷・株式会社丹波新聞社  2018年3月
1.jpg
篠山と言えば「黒豆」が大変有名ですが、本のタイトルにもなっている「ふしぎな黒大豆」は
その黒豆がどうしてこの地域で育てられているのか、ユニークな発想で語られています。
そしてどのおはなしにも、どこかゆっくりした世界の中にクスッと笑えたり、ほほーと感心したり、
たくさんの智慧がつまっているなあと思いました。

巻頭言は、
小澤昔ばなし研究所所長で筑波大学名誉教授の
小澤俊夫さんが書かれているのですが、
その中の一節
 「・・・次の世代にきれいな空気や水、森、山などを残すことは、
  今を生きている私たちの最低限の責任です。
  先祖が残してくれた昔話も、なるべく壊さないで次の世代に渡すことが、
  私たちの責任だと思います。・・・」
とありました。
その通りだなあと思いました。

私たちの体を作ってくれている食べものたちと同様に
ことばも、その地域で生まれ育まれ、またそこで生きる人たちを育み、智慧や想いを伝えてくれるものだと思います・・・とこの本の昔ばなしを読みながら強く強く感じたのでした。

本を読み終わって、読後感に浸っている時、
宮沢賢治の童話集『注文の多い料理店』の序文を思い出しました。

 「これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、
  虹や月あかりからもらってきたのです。
  ・・・中略・・・
  けれども、わたくしは、これらのちひさなものがたりの幾きれかが、
  おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、
  どんなにねがうかわかりません。」

ことばもごちそう。
心地よいことば、どっしりとしたことば、小さくてもひかっていることば
ブルーなものをはねとばしてしまうことば・・・などなど
昔から語り伝えられてきたことばや物語には、私たちが生きていく上で欠かせない栄養がたっぷり入っているんです、きっと。
篠山からおいしいものありがとうございました!


コメント(2) 
共通テーマ:blog

Machicoco マチココ 7号 [本と雑貨とそれから雑記]

あ~間にあった、といっていた前号6号の紹介からあっという間
花巻まち散歩マガジン Machicoco マチココ7のご紹介です
 前号6号の紹介記事はこちら
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-04-15

2018年4月20日発行 今号から8ページ増え24ページ構成です。
手に取ってみても少し分厚くなっている。
ページは増えても、オールカラーでちょっと分厚い紙で、広告のなしのまま。
いばっていなくて、花巻のゆるゆるした感じ、どこか懐かしい感じもそのまま。
リニューアルとはいっても作り手のみなさんのこだわりはそのままのところに、
花巻ファンとしてうれしくなりました。
Machicoco7.jpg
特集は「夜のまち」 うす暗い花巻の夜にぽっと灯る赤ちょうちん。
花巻の夜は静かだけど、とくにマルカンの裏のほうなど、
夜になるとネオンがいくつも灯っていますよね。
(最近は大沢自炊部でじーっとしている事が多いので、
 そろそろ早池峰のお刺身や酒の肴がちょっと恋しくなってきました・・・)

今号からはじまった新連載「サワジンのあったった」にわっはっはでした。
第1回は「誠山房」
私が花巻にでかけはじめたころ、このお店は賢治関連の本、とくに花巻・岩手に来ないとない地元本などがそろっていたので大切な本屋さんでした。
私にとっては賢治世界への、花巻・岩手・東北への窓口でした(本文まねたフレーズで言ってみた)。
昨年取り壊しになって残念に思っていたのですが、本文を読んで記憶がもどってきました。ありがとうございます。第2回はどこかな~~楽しみにしています。


そしてこの7号では
「花巻まにあ」のページに「花巻と賢治ファンの料理研究家」として登場させていただきました。
どうもありがとうございました!
花巻にはじめてでかけたときのこと、花巻のおいしいもののことなど書かせていただきました。
見かけたら是非読んでくださいね♪

裏表紙の高村光太郎のお料理紹介「光太郎レシピ」も連載が続いていてよかった!
今回の紹介されている光太郎さんの日記の描写も随所におしゃれなヨーロッパの香り。
ハイカラなメニューがテーブルに並んでいます。

花巻まち散歩マガジン「Machikoko(マチココ)」
定価   500円(税込)

発行 合同会社Office風屋
   花巻市内とWEBで手に入ります。
 冊子についての詳細はこちら→★(マチココFB) 
 と、こちら
 → http://iwate-starbrand.com/?pid=116386901

そして次の8号は6月20日発行予定とのこと
わ、またあっという間に来てしまいそうだなあ。
これからも楽しみにしています。


コメント(6) 
共通テーマ:blog

『酒場 学校の日々』 [本と雑貨とそれから雑記]

今日は少し前に読んだ本のご紹介
『酒場学校の日々』金井真紀 皓星社 2015年12月
  https://ja-jp.facebook.com/koseisha/posts/1286340548058526

詩人の草野心平さんが晩年、新宿ゴールデン街で開いた「酒場(バー)学校」。
この本は、心平さんが亡くなった後のお店での日々。
著者の金井さんがここで働きながら出会った人たちを綴っています。
12.jpg
心平さんは登場しないけれど、
個性的で心根のあたたかい(時に(とっても)熱い)人たちが集う
このお店じたいに心平さんの気配が宿っているなあと思いました。

心平さんを抜きにしても(失礼!)
著者の金井さんがこのお店で働くようになったきっかけや
そして2013年にお店が「閉校」になるまでのエピソードの数々は、
NHKのドラマ(かつての「銀河テレビ小説」「ドラマ人間模様」みたいな・・・みなさまご存知?)
を観ているような、なつかしいあの日の風景が行間から浮かんできました。
ちょっとわくわく、ちょっとほろりとさせらる本でした。

私にとっては
草野心平さんの食べ物に関する本はこのブログでも時折紹介してきましたが、
 『火の車板前帖』http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-06
 『口福無限』http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-06-09

この『酒場学校の日々』も、心平さんをとりまく人とたべものを知るこのとのできた1冊でした。
そして「あ~酒場学校に一度でかけてみたかった!」と思った読後感。


金井真紀さんの記事が2018年1月14日の毎日新聞・くらしナビのページにでていました
(今はもう4月・・・あいかわらずの更新の遅さでスミマセン)。
ご著書『パリの素敵なおじさん』(柏書房)の紹介とバー「酒場学校」について語っておられる内容。
13.jpg


バー「酒場学校」の看板は、現在は福島県の
いわき市立草野心平記念文学館 http://www.k-shimpei.jp/index.html
常設展示室にお店の外観を模した形で展示されています。
今度あの看板を観た時には、その向こうの人間模様が見えてくるかな。

いわき市立草野心平記念文学館
2018年度のスケジュールを拝見すると
http://www.k-shimpei.jp/pdf/2018.pdf
  7/7-8/26「宮沢賢治 -賢治の宇宙、心平の天ー」展
  9/1-9/30「賢治と心平の手紙」展示 
  10/7   「渡辺えりさん講演会」
  来年の1月以降は
      「草野天平」展(心平さんの弟が天平さん)      
       居酒屋「火の車」展 が開催予定

      どれも・・・気になります。全部参加したいけれど、むむうっ。悩みます。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

やったー1000番目! これからもよろしくおねがいします [本と雑貨とそれから雑記]

いつもこのブログを見ていただきましてありがとうございます。
このブログの左上にある記事数を見てみれば、この記事が1000番目でした。
わー、我ながらびっくり。そしてやっぱりうれしいです。

一番最初の記事を書いたのが2007年10月2日
「はじめまして」
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2007-10-02

それから10年と6カ月 
更新が「長期休暇」のこともしばしばあったはずなのに、
おおよそ3~4日に1本更新してきた計算になります。
閲覧数の累計(2018.4.26.17時現在)は1654866です。

訪問いただいたみなさまに感謝です。
本当にありがとうございます!!
みたよー、読んだよーが続ける力になっています。
とはいえ更新は呑気なスピードなので2000番目はいつになるかな?
あせらずぼちぼちとやっていきますね。

「はじめまして」でかいたこと・・・

ブログでは、身の回りで出会ったおいしいもの、
絵本や童話、おはなし世界でみつけたおいしそうなもの、
宮沢賢治の作品と出会ったことで知った東北のおいしいものたち、
などを中心に紹介していきたいと思います。
たべものばかりではなく、
光や風や、なにかほっとできるものも、
私にとっては「おいしいもの」なのです。
どうぞよろしくお願いいたします。


10年後の今も気持ちは同じです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


コメント(4) 
共通テーマ:blog

昨日はたのしいひな祭り [本と雑貨とそれから雑記]

昨日2018年4月18日は旧暦3月3日。
旧暦おひなさま。それで我が家の夕餉はちらしすしでした。

神戸は桜はすっかり葉桜だし、目に青葉・・・な新緑の季節ですが、
東北は今が桜の季節ですね。岩手では今週末頃が見頃でしょうか??
桃や梅も色んな春の花が一斉に咲きだすころ。

東北では旧暦のお雛様の方が合うなあと思います。

3月に花巻・茶寮かだんさん
 http://www.kanko-hanamaki.ne.jp/spot/article.php?p=379
 
で飾ってあった須美子さんの貝雛
写真写りわるくてごめんなさい~
以前の、花巻文化村での記事 こちらには貝雛一杯写っていますので見てね
 ↓
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-01-20

夕方のかだんさんの和室は薄明るくて、
そこで貝のお雛様たちぽっと周りを明るくしていました。
61.jpg
そういえば、かだんさんでは女子4人で「甘酒」をいただいたのでした。
今思えば、まるでひなまつり♪
62.jpg
お庭にある賢治さんゆかりの花壇はまだ冬の気配でしたが
63.jpg
今はもう春の花壇になっていることでしょうね。

我が家の貝雛は今朝かたずけました。
・・・決して3月に片付け忘れたから
   「じゃ旧暦に」というわけではありません(ふふ)!?


コメント(2) 
共通テーマ:blog

Machicoco マチココ 6号 [本と雑貨とそれから雑記]

花巻まち散歩マガジン Machicoco マチココ6号のご紹介です

2017年4月創刊で隔月発行です。
 前号5号の紹介記事はこちら
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28

10.jpg
6号のご紹介が今頃になってしまったっ!
2018年2月発行で今回もIWATE STAR ブランドさんのお洒落なパッケージに入って届きました。
今回の特集は「賢治の足跡 光太郎の足跡」です。
宮沢賢治と高村光太郎それぞれゆかりの場所を紹介しています。
表紙、そして表紙をめくると、賢治とも光太郎ともゆかりある
佐藤隆房花巻病院長宅が映っています(普段は非公開。一般の人は見学不可)。

賢治と光太郎、花巻でゆかりの場所はたくさんあれど
今回紹介されているところは花巻駅から歩いていける場所も多いので
この冊子をもって「あ、ここだ」と見つけて歩くの楽しそうです。

そういえば3月に花巻に出かけた時
茶寮かだんさん (記事は11月の)
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-12-09
ファームプラスさんでも
 http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-04-11
Machicocoコーナーありました。

次号7号は4月20日発売予定
(それまでにブログアップできてよかった~でも本当にぎりぎり、反省)
次号から2年目になるマチココさん、編集後記には「内容充実リニューアルの予定」とありました。
どんな感じになるのでしょうか次号も楽しみにしています。


花巻まち散歩マガジン「Machikoko(マチココ)」
発行 合同会社Office風屋
花巻市内とWEBでしか手に入れられない冊子です。
 冊子についての詳細はこちら→★(マチココFB) 
 と、こちら
 → http://iwate-starbrand.com/?pid=116386901

コメント(5) 
共通テーマ:blog

あれから7年 [本と雑貨とそれから雑記]

2018年3月11日
東日本大震災から7年

7年前なにをしていたかついふりかえってしまいますが
変わらないところと、変わったところと
止まってるところと、進んだところと
なくなってしまったものと、うまれたものと
2.jpg
この日はどうしても
23年前の阪神淡路大震災のこともともに思いだすのですが
あっというまといいつつも
昨日のこととおもいながらも
やはりいろんなことあってずっと緊張していたなあ。
もちろんいまも続いているしんどいことはあるんですが
私は、もうむかしにはもどりたくないなあ。

だけど普段は忘れていてもいいけど
何かの折には思い出すこと
覚えていること、伝えることは

どんな小さな力であれ、できることを続けていきたいですね。

生きているからこそできることですからね。
3.jpg
写真は先週開催された芦屋市中央公園の「梅まつり」で。
この日はぽかぽか陽気で梅は6分咲きくらい。
今週くらい満開かな?

23年前のこと、そして7年前の今日を想うと
こうして咲いた花をみられる日常にいることがありがたいです。
東北は梅の季節まだもう少し先、これからですね。1.jpg
メール会員になっている
岩手復興応援団からのメールニュース134号
トピックス欄に本日の岩手の催しがでていたので、ご紹介させていただきます。
*******************
H30.3.9 第134号 

◎黙とう
東日本大震災発生時刻、3月11日14時46分に黙とうをお願いします。

◎東日本大震災7周年行事「復興への誓い」追悼式
東日本大震災で亡くなられた方々を追悼し、復興への誓いを新たにするため、追悼式を開催します。
○日程 3月11日(日)14時30分~15時 
○会場 岩手県公会堂 大ホール(盛岡市内丸11-2)
○くわしくはこちら↓↓
http://www.city.morioka.iwate.jp/kurashi/shinsai/shinsaiinfo/1022189.html
 
◎東日本大震災7周年行事「 祈りの灯火 2018-あなたに届けたい-」
東日本大震災で亡くなられた方々を追悼するとともに、復興へ向けた願いを込めて、灯籠に火を灯します。
復興ステージや復興屋台が予定されており、16時50分に灯籠点灯式が行われます。
○日程 3月11日(日)13時~19時
○会場 盛岡城跡公園他
○くわしくはこちら↓↓
http://www.city.morioka.iwate.jp/kurashi/shinsai/shinsaiinfo/1018707.html

◎3.11 未来へのつどい Peace On Earth
日比谷公園に東日本大震災の追悼ドームが設けられます。
○日程 3月11日(日)11時~18時
○会場 日比谷公園芝生広場・噴水広場周辺 
○くわしくはこちら↓↓
http://peaceonearth.jp/
****************************



コメント(2) 
共通テーマ:blog

冬は体を休め心を遊ばせる季節 [本と雑貨とそれから雑記]

立春をすぎたとはいえ寒い日が続きますね。
季節はまだまだ冬です。
そんななかで今回のタイトル
「冬は体を休め心を遊ばせる季節」は
すこし前の記事「シコクビエの脱穀」で
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-01-22
ご紹介した雑穀の本2冊を読み返していて見つけました。

『雑穀の書』大谷ゆみこ 木楽舎
の中でみつけた一節で、そうだなあと思いました。
10.jpg
冬は静かです。
お漬物や乾物など冬に備えての保存食、
根菜などの冬野菜や雑穀などを料理して
体を温めるたべものをいただけば、
ほこほこぬくぬく ほっとひといきできる。

ほっとできるからこそ心は明るくなって、
読書や、創作、思索に心を飛ばすことができる。

冬の寒さは厳しいけれど、
だからこそ正反対のやわらかいものを教えてくれる季節かもしれないなあ。
だって 冬~ふゆ~
そういえば「ふ」も「ゆ」も、そのことばのひびきはやわらかいなあ。

まだまだ寒いけれど、雪も今年は特別多いけれど
そんなこと思っているうちだんだん季節は春に向かって
ゆっくりすすんでいるのです。

もう1冊の
『そだててあそぼうアワ・ヒエ・キビの絵本』農文協
11.jpg
こちらは雑穀の育て方を中心にわかりやすい1冊で、
裏表紙には昔の脱穀風景が描かれていて
まさにそれは「シコクビエの脱穀」風景と重なるのでした。

日々の生活は季節を問わずいそがしくあわただしいことばかりだけど、
ああ早く暖かくならないかな、なんて考えながら
ほこほこと冬の読書。

コメント(4) 
共通テーマ:blog

立春大吉 2018 [本と雑貨とそれから雑記]

昨日2月3日は節分 豆まきして、恵方巻もいただきました。
そして本日2月4日は立春 旧暦ではこれから春。
お正月、立春、そして旧暦のお正月(今年は2月16日)
心あらたにできるチャンスは3回もある。ピカピカね。

みなさまに今年もいいこといっぱいありますように
余寒お見舞い申し上げます

日の暮れる時間がだんだん遅くなってきましたね。
おひさまも2月になって明るくなってきたように思います。
けれども今年は寒さはますます本格的になるようで
関西では今週また雪の予報もでています。

余寒お見舞いに「犬っこ」
犬っこ.jpg
2月第2土曜日とその翌日に開催される
秋田県湯沢市の民俗行事「犬っこまつり」の小さな犬っこです。
 →犬っこまつり★
犬っこまつり、一度でかけてみたいなあ。
今年は戌年ですのできっと例年以上ににぎわうでしょうね!?
昨年おみやげにいただいたのですが、1年遅れてブログに登場
(その節はありがとうございました)。
後ろ姿もラブリー♡
犬っこ2.jpg
米粉でできた手のひらにのるサイズです。
約400年前の江戸時代に湯沢の殿様が盗賊を退治し、
その後、悪い人たちがこないようにこの犬っこを玄関先に置いたのがはじまりなのだそうです。
玄関で盗難よけのお仕事をするたのもしい「番犬」さんです。

丁度、昨年の今頃、私は風邪ひいていたのですが
今年はなんとか乗り切っています。
おたがい体に気をつけながらこの寒さ元気に乗り切りましょう。おーっ

コメント(0) 
共通テーマ:blog

給食「ナン」ですと! [本と雑貨とそれから雑記]

ひとつ前の記事「だし」の授業の日
 →http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-02-01

川西市立北陵小学校の5年生の教室で給食をいただきました。
机がぐるっと輪になって、みんなの顔が見られます。
今日はパン給食の日です、と伺っていたのですが・・・・
本日の献立は
ナン、大豆入りキーマカレー、ジャーマンポテト、ヨーグルト、牛乳
・・・なんとなんと(とおやじギャグ)パンというのは「ナン」でした。
10.jpg

わ~はじめてです。給食でナン 
それも「学校給食用・兵庫県産地粉使用」ナンです。
11.jpg
その袋には、「兵庫県産地粉を使用し、本場インドと同じ製法(直接手伸ばし・高温・短時間)一枚ずつ丁寧に焼き上げました。この商品は、生地を発酵させ一枚ずつ手で成形し、焼成しますので形、長さ、大きさが一枚ずつ異なります」と書いてあり、塩はシママース、油はなたね油を使用しているのです。
テンションがあがってしまった。

こんな私とは反対に5年生のみなさんは、慣れた風にナンを味わっています。
そもそも私、「ナン」をはじめてたべたのは高校生のときだったかな???
20代になって大阪・梅田にナンがおいしいインドカレーやさんがあり、
しばらく昼食にそのお店ばかり通っていた時期がありました。
小学校の給食ででてきたことはありませんでした。時代の変遷を感じるなあ。
14.jpg
キーマカレーもやさしい辛さ(甘さ)でナンにつけながらいただきました。
ヨーグルトは、なんと(しつこい)白ばら牛乳で有名な鳥取・大山乳業の白ばらヨーグルト。
インド風ランチな、メニュー構成に感激。
13.jpg
隣の席の男子が読書家でした。今読んでいる本のことたずねたら
バックから3冊でてきました。同時並行してい読んでいるのだと。
写真撮らせてとお願いしたら、この2冊はおすすめということで2冊。
15.jpg
ほかにも東野圭吾と池井戸潤の作品がおすすめと教えてくれました。
5年生でこの読書量、すごいなあ。読書楽しいよね、私もがんばります。

そうして給食いただきながら思い出したのがこの1さつ
『手で食べる?』森枝卓士 文・写真 福音館書店
http://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=960
写真の本はたくさんのふしぎ1998年5月号ですが現在は単行本で出ています。
13.jpg
子どもたちがいろいろなたべものをいろいろなたべかたで味わってみて
その理由を考えてている絵本です。
この本の中でインド料理を手でたべてみるページに
ほんのちょっとですがナンがでてきます。それがまたおいしそうなナンなのです。

今回の献立は「給食から世界か見える」でした。
インドやアジアの食文化のこと、食べ方のこと、スパイスのこと(味やブレンド、歴史など)も
このメニューからなら考えることができそう。そんな授業ができたらきっと楽しいね。
12.jpg
ごちそうさまでした。
5年生のみなさんどうもありがとうございました!



コメント(2) 
共通テーマ:blog

「だし」の授業 [本と雑貨とそれから雑記]

昨年12月に賢治と岩手の授業で訪問させていただいた
川西市立北陵小学校
http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-12-14


2018年1月31日に5年生を対象に開催された「だし」の授業を見学させていただきました。
実は一昨年は予定が合わず、昨年は雪ででかけられず・・・今年実現!感謝。

講師は日本料理アカデミー会員、Arai foodプランニング・荒井康士さん
1.jpg

荒井先生のおはなしは、
生徒のみなさんが今朝たべてきた朝ごはん、昨夜の晩ごはんの話題からはじまり
和食がどうして2013年にユネスコの無形文化遺産に選ばれたのか
そして和食の「だし」とは・・・だんだんと和食の奥深い世界に分け入っていきます。
2.jpg

荒井先生が実際に生徒のみなさんの目の前で「だし」をひきます。
教室中がいい香り。
5.jpg
使用する昆布とかつおは京都の料亭で使われているレベル(それ以上かも)の高級食材です。
昆布だけ、かつお節が加わり、塩としょうゆが少し加わり・・・それぞれ味見をしながら
味の変わっていく様子を、一人ひとりがじっさいに確認しました。

後半は実習。だしをひいて、おすましをつくります。
7.jpg
野菜は荒井先生が畑で作った京野菜。これもまた贅沢。

みんな真剣。黄金だしできたよ。
3.jpg


気分は板前さん!?
4.jpg
和食、「だし」って私たち日本の食生活になくてはならないもの、のはずなのに
正直なところ、それはもう当たり前ではありません。
日々の食卓の中で、大人も子どもも「だし」の味を「きちんと」味わっている人は少ないのが現状です。
食を知るには食べることだけど、そんな意味では「食べる力」が乏しくなってしまった昨今。それはどうして?和食に限ったことではないかもしれませんが。

だからこそ小学生の内に「だし」を知り、味わい、気付く体験は、これから先の一人ひとりの「食べる力」になっていくのではないかなと、「食べる力」は「生きる力」だぞ、と。
そんなことを思いながら見学させていただいた「だし」の授業でした。
6.jpg
荒井先生、林先生 どうもありがとうございました。

授業の様子は北陵小学校のHPでも紹介されています
こちら→★


コメント(0) 
共通テーマ:blog

赤銅色のブルームーン見られるかな? [本と雑貨とそれから雑記]

2017年1月31日
1月ラスト、お正月はついこの前だったはずなのに・・・。

今夜は今年2度目の満月

1度目は1月2日で今年最大の満月スーパームーンだったの覚えていますか?
ひと月に2度満月があるとき、2度目の満月は「ブルームーン」といいます。
ブルーっていうのは青いわけではなくて
英語の言い回しの「珍しい」という意味からきているそうです。
  で、今夜はそのブルームーンの満月です。
  で、今年2番目に大きな満月です。
  で、皆既月食。夜9時前からかけ始め10時過ぎには赤い月。
    この赤い月、ブラッドムーンともいうそう。
    でも私は赤銅色という日本語の表現が好きです。

日本列島曇り空の予報ですが、我が家からはうっすら雲の間から銀色の満月見えてます。
これから雲が厚くなりそう・・・見られるといいですね。

こんな今日のおつきさまのこといろいろおしえてもらったのは
『月のこよみ 2018』誠文堂新光社
12.jpg
ブルームーン、皆既月食、1月のこよみ・・・今日はコラムの頁が多くて楽しい。
2013年から読み始め、すっかり愛読書(今年もありがとうございました)。

2018年度版も私の同じ名前(漢字は違うけど)の方がデザインされていて喜ぶ。
一昨年の記事→http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2016-02-07

(あ、昨年は記事にしていなかった~~でもちゃんと読んでいましたよ)



コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の20件 | - 本と雑貨とそれから雑記 ブログトップ