So-net無料ブログ作成

宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン 開催しました4・ディナー篇  [宮沢賢治]

2019年2月15日-21日開催の
宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン
この記事はディナー篇
 前の記事の続きです



ディナーにでかけた金曜日の夜の小岩井フレミナールは満席で、店内のあちらこちらから笑い声が聞こえたりして
とても楽しい雰囲気でした。

ディナーのメニューはアラカルトとコース料理
どれも花巻と小岩井の旬の食材で描く不思議で楽しい賢治の物語世界

★アラカルト・オードブルとサラダ
ディナーアラカルト.jpg

黄いろのトマトで何かこしらえたもの
30.jpg
花巻産 黄色いトマトのムース
「銀河鉄道の夜」の主人公ジョバンニと母のために姉さんがこしらえたトマト料理に思いを寄せて。
・・・ふんわりムースで、甘酸っぱい黄いろのトマトの味がよく味わえました。

藁のオムレツ
33.jpg
小岩井農場のナチュラルチーズ・ハロウミ入りプレーンオムレツ
本来は「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」に登場するフーフィーボー博士ほかに誰も決して食べてはならない立派なオムレツなのです。

半分に切ると・・・
34.jpg
ハロウミチーズが藁みたいに現れました。食感も「藁っぽく!?」もさもさしていました。

この雑穀サラダ食べてもいいかあ~いいぞお。
31.jpg
花巻産の雑穀と八幡平サーモンのサラダ仕立て 小岩井ヨーグルトドレッシングで
雑穀畑の登場する「狼森と笊森、盗森」では人と森が「いいかあ」「いいぞお」と楽しいやりとりをしています。
・・・中にはスモークサーモンがたっぷり入っているごちそうサラダでした。

早くいらっしゃいのサラダ
32.jpg
白金豚のベーコンとホウレン草の温かいサラダ
「注文の多い料理店」の山猫軒では白いお皿に菜っ葉を置いてお待ちしています。
・・・こんなお皿だったかな??と想像していただくのが楽しかったです。

★アラカルト・メインディッシュ
ディナーアラカルト2.jpg

イーハトーブお肉大祭
35.jpg
「ベジタリアン大祭」ではなくて、こちらはお肉が主役です
小岩井農場産牛、花巻黒ぶだう牛、白金豚 岩手県産ブランド肉の3種盛り
36.jpg
・・・みんなそれぞれに旨味があって贅沢でした。
   お皿は1枚ずつ手作り。小岩井農場のクルミの樹で作ったそうです。
   (そんなお話を伺うとつい欲しくなってしまう)

ぎんがきがの野原
37.jpg
花巻の雑穀の焼きリゾット 小岩井農場たまご添え
「鹿踊りのはじまり」の嘉十は雑穀を育てています
たまごは、すすきの野原で鹿たちが見上げた夕日に見立てて。
38.jpg
・・・たまごがとろ~りで、雑穀もとろ~りのおいしいリゾットでした。

そのほかランチメニューと同じお料理は

こちらをご覧ください
ランチ篇→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27

★コース料理は
「銀河鉄道の夜」沿線紀行
オードブルからはじまり最後のデザートまで「銀河鉄道の夜」の物語に沿ってお料理を味わうコースです。
もちろんどれも花巻と小岩井の旬の食材を使ったお料理。
ディナーコース.jpg

★ドリンクメニューも
花巻のおいしいものいろいろ。
ドリンク.jpg
エーデルワイン「早池峰神楽」をいただきました。
どのお料理にもデザートにも合うワインでした。
(ありがとうございました。ごちそうさまでした!)


30年来の友人たちと、みんなで一緒に食べました、たべました(笑)!
美味しいお料理と楽しいおしゃべりで口腹幸福・・・
せいこちゃん、れいこちゃん、ただみくん どうもありがとう!!
39.jpg
=★=★=★=★=★=
宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストランはおかげさまで21日に無事終了しました。
お越しくださったみなさま、応援いただいたみなさまありがとうございました。
そして関係者の皆様本当にお疲れさまでした!
私もとても楽しい機会をいただいて感謝でいっぱいです。

加藤シェフの腕を振るわれたお料理、そしてサービスの方たちのさりげないおもてなし、すべてに「ごちそうさまでした」でした。

「まきまき花巻」を通して取材にでかけた花巻の農の風景の中で育った野菜や果物、お肉をレストランでみなさんが笑顔で召し上がっている様子をみているとあらためて花巻のおいしいもののもつ力を再発見、再確認、そんな気持ちになりました。

花巻の食材、小岩井の食材と賢治のおはなし世界のコラボは岩手だからこそ、の味や雰囲気、世界観だったのではないかな、などと思っています。

お料理や食材を通して岩手県、花巻へ旅をしたり、宮沢賢治の作品を読んだりそんなきっかけにもなっていますように。

感想などありましたらこちらのブログのコメント欄か
または主催先の花巻市のHP経由で農政課あてにご連絡くださると幸いです。
https://www.city.hanamaki.iwate.jp/shisei/soshiki/honcho/1003414.html

今ではもう幻のレストラン・・・また扉が開くといいな!
40.jpg



コメント(2) 
共通テーマ:blog

宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン 開催しました3・カフェタイム篇  [宮沢賢治]

2019年2月15日-21日開催の
宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン
この記事はカフェタイム篇
 前の記事の続きです

 1・ランチ篇→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27
 2・トークイベント篇→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-28

ランチのあとの昼下がりのカフェタイム
花巻と小岩井の食材が味わえる
冬が舞台の賢治童話をテーマにしたいろんなスウィーツが登場しました。
カフェ.jpg

キックキックトントン雪あそび
20.jpg
小岩井牛乳のパンナコッタ きび団子を添えて
「雪渡り」のどこまでのひろい雪野原。狐の幻燈会のおもてなしは、きび団子
・・・こうやってちょっと斜めから「雪野原」を楽しんでからいただきました。
   「たろし滝」みたいな!? 氷柱だってあります。これは飴でできていました。
   きび団子はもちもちでした。

雪童子(ゆきわらす)のおやつ
23.jpg
花巻産 雪の下にんじんのカタラーナ
 トークイベントでも登場したカタラーナ
 →https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-28


ベイクドアラスカ
22.jpg
アイスクリームとメレンゲで氷山のようなデザート
「氷河鼠の毛皮」のベーリング行き急行列車は北極近くまで走ります
・・・スプーンですくうと、もっちりどっしりなのに、口に含むとふわふわのメレンゲ「氷山」。
   中から小岩井のアイスがでてくるんです。発掘しているみたいで楽しかった。
   「白金豚の紅茶煮」と、この氷山で、気分はベーリング行き急行列車の食堂車内です。

牧場のミルクソルベ
21.jpg
小岩井農場の生乳を使ったソルベ 
・・・久々に再会できた広島の寧子さん、どうもありがとう!
   彼女セレクトのソルベ。まんまるで雪玉みたい。ほんと、ミルクの味が豊かでした。


デザートプレート「冬の巨きな菓子の塔」
24.jpg
花巻の早池峰山(はやちねさん)を巨きな菓子の塔にみたてた宮沢賢治
花巻レストランでは雪の世界を4種のデザート(雪童子のおやつ、小岩井チーズケーキ「こがね色の草穂」、小岩井カスタードバニラ、牧場のミルクソルベ)で。
・・・これは私はディナータイムに友人たちと味わったのですが、それぞれ食感の異なる冷たいデザート4種味わえ大満足。早池峰山の雪もこんなふうに美味しいかも、と想像がふくらむのでした。


おや、ふりかえると食べていないのは小岩井ソフトクリームだけ。
どれもおいしくて楽しかったです ♪ ごちそうさまでした。
25.jpg
・・・・ところであれから半月ほどたつけれど、体重が元に戻りません~~

コメント(0) 
共通テーマ:blog

宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン 開催しました2・トークイベント篇  [宮沢賢治]

前の記事の続きです
 1・ランチ篇→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27

2017年2月16日に
トークイベント「宮沢賢治の花巻レストラン」を開催しました。
チラシ裏.jpg
おかげさまで会場は満員御礼。ありがとうございました!
・・・これは会場準備中の風景

10.jpg

賢治の作品世界×花巻の農の風景と食を紹介する
小冊子「宮沢賢治の花巻レストラン」もこの日に合わせてできあがりました。
この冊子、今後も花巻市内外の農産物を紹介する場面で活躍しますように!

12.jpg
トークイベントは
元フリーアナウンサーの中嶋美年子さんの朗読
童話集『注文の多い料理店』序から始まりました。

私は、まきまき花巻での取材風景などをお見せしながら
賢治の育った花巻の農の風景と、賢治の物語世界を紹介させていただきました。

取材当時を思い出しながらしゃべっていると
今も花巻の農の風景の中には、賢治さんの物語の世界がたくさんあるなあということ
あらためて感じました。
そしてそれって豊かだなあと。そんな感じが伝わっているといいのですが
最初に話そうと思っていたことの半分くらいすっとばしてしまった(笑)

会場のいっぱいの人がありがたく
その中には友人、知人、親戚の顔もあって、うれしいけれど冷や汗もの(笑)。
でも聞き手の中嶋さんが一緒で心強かった。

13.jpg
後半は中嶋さんの朗読で「水仙月の四日」から後半部分。
会場に雪嵐の風景がひろがります。

そのあとはうれしいお茶っこタイム!
今回の催しのカフェタイムに提供されるデザートのなかから
「雪童子(わらす)のおやつ」花巻産・雪の下にんじんを使ったカタラーナ

15.jpg
雪の下で元気に育つ雪の下にんじんで「水仙月の四日」の世界を表現しています。
カリメラに見立てたカリカリ食感も楽しめます。
・・・にんじんの風味がいい感じ。そして少し凍ってシャリッとしているところもまるで雪の世界でした(あくまでも私の感想です)

雪の下にんじん 淡いオレンジ色がきれいです
11.jpg

中嶋さんと加藤シェフ

14.jpg

見て聞いて味わって…いわての冬、そして花巻の農と食
そして賢治さんの作品世界いっぱいのひとときになりました。
私もとっても楽しかったです!
ご参加の皆様、関係者の皆様 ありがとうございました。

=♪=♪=♪=
当日の様子を紹介してくださっています。ありがとうございます!

♪ 川浦良枝さん公式サイト「しばわんこのおうち」の
ブログ「日々の楽しみ」より「雪童子(わらす)のおやつ」→こちら

♪ 加倉井厚夫さん「賢治の事務所」
 「緑いろの通信2月号」2月16日のところ
 →http://www.bekkoame.ne.jp/~kakurai/kenji/news/news201902.htm
 また、記事に載せている★の写真は加倉井厚夫さんよりいただいたものを使わせていただきました。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン 開催しました1・ランチ篇 [宮沢賢治]

2月はなかなか更新できず月末になってしまいました!

さて、この一つ前の記事で連絡させていただいた
 こちら→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-01-30

宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン
東京の小岩井フレミナールで
2019年2月15日から21日の日程で開催しました。
主催 花巻市 小岩井ファームダイニング
チラシ表.jpg
期間中、お越しいただいた皆様、応援してくださった皆様
本当にありがとうございました。

・・・以下、私自身の備忘録も兼ねてご報告です。

宮沢賢治の童話世界を味わえる特別な1週間
小岩井フレミナールの入り口では看板がお出迎え。
4.jpg
私は初日15日のオープン時間にお店に伺いました。
そのあとはランチ、カフェ、ディナーそれぞれ

久しぶりに再会できた友人、知人と一緒にいただくことができました。
それもまたありがたく、しあわせな時間でした!

銀河鉄道のイラストに沿ってお店の奥へ
3.jpg
突き当りの窓の向こうには東京駅が正面にみえる素敵なレストランなんですよ。

そして店内の壁には
今回のテーマ「いわての冬」にあわせて
花巻の冬の風景写真が一面に飾られています。
1.jpg
キックキックトントン・・・「雪渡り」のフレーズも。

席に着くと
メニュー表と三つ折りパンフレットが渡されます。
5.jpg
「26のメニューに16のおはなしが隠れています」
うう~む、どれをいただこうか迷います!

三つ折りパンフレットには
お料理やデザートの中にかくれている賢治作品の紹介と
花巻の食材の案内です。

今回とりあげた作品それぞれの絵本や単行本のコーナーも。
(実は私のコレクションたちです)皆さん手に取ってくださったかな?
2.jpg
どのお皿も花巻や小岩の食材で作られた美しいお料理で
それぞれが賢治さんの作品世界が味わえるものでした。

ランチ、カフェ、ディナーそれぞれシェフとお料理と食材の相談をして、メニューが決まると、
私はお料理名を考え、解説も書かせていただきました。
メニュー表は小岩井ファームダイニングのイラストレーターの方が書いてくださって絵本風でかわいい!

お料理はどれも盛り付けもきれいでおいしかったです。
制覇はできなかったけれど、味わったものどれも大変印象に残っています。

ランチメニュー
ランチ.jpg
私がいただいたのものを中心にこの記事ではランチメニューをご紹介しますね。

★注文の多いイーハトーブランチメニューは6品
 +ランチセットではオードブル盛り合わせとドリンク
 もちろんオードブルも賢治作品が楽しめる特別メニュー。

ベーリング行き急行列車の特別料理
8.jpg
白金豚肩ロースの紅茶煮
・・・・「氷河鼠の毛皮」の急行列車内では銀のお盆で紅茶が運ばれてきます
お肉はやわらかく、紅茶煮のスープがとってもおいしかった

ケンタウル祭のごちそう
9.jpg
八幡平サーモンのムニエル 花巻産蜂蜜のハニーマスタードソース
・・・「銀河鉄道の夜」の銀河のお祭りの夜に出発した銀河鉄道。銀河には鮭や鱒が泳いでいました。
ハニーマスタードソースの甘酸っぱさがサーモンととてもあっていました

ばけもの
6.jpg
雛鶏の悪魔風 花巻野菜を添えて
・・・「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」のもにゃもにゃッと切ってむにゃむにゃっと食べる不思議なごちそう
花巻の雪の下にんじんを枕に、大きな雛鳥がドーンとお皿に乗っていました。

しあわせな第一流の紳士
7.jpg
白金豚ロースのソテー 花巻シードルソース
・・・「フランドン農学校の豚」では、白金と同じといわれた豚が「さあ第一流の紳士だもの」とすっかり幸福を感じます。
花巻シードルを使ったソースと、お肉の上には宇津宮果樹園のジョナゴールド。豚肉とりんごって相性がいいですね ♪

このほか「六寸ぐらいのビフテキ」(オツベルと象)、「イーハトーブお肉大祭」(花巻のお肉3種盛り)も。
ああ~どれもまた食べたいな(笑)!

・・・トークイベントとカフェタイムにつづく・・・




コメント(0) 
共通テーマ:blog

2/15-21 宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン@東京 [宮沢賢治]

賢治と食のイベントのご案内です
2019年2月15日から21日の1週間(但し2/18はお休み)
東京・丸の内にある小岩井農場直営のレストラン
「小岩井フレミナール」を丸ごと宮沢賢治童話と花巻がジャック!?します。
冬ならでは、花巻だから、小岩井だからの食材で賢治の世界が楽しめる貴重な1週間です。

宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン
日時 2019年2月15日(金)~21日(木) 但し2/18はお休み
場所 東京・丸ビル5階 小岩井フレミナール 
   https://www.koiwai.co.jp/restaurant/freminar/index.html
主催 花巻市 小岩井ファームダイニング
チラシ表.jpg
ランチ、カフェ、ディナー1週間まるごと賢治のレストランです。
どなたもどうかお入りください 決してご遠慮はありません


詳細は以下の花巻市HPご覧ください
チラシも以下からとりだせます



★=★=★
★トークイベント開催します ~賢治作品が楽しめるデザート付き
【追記:201902.10】 おかげさまで満席となりました。ありがとうございます
            当日の様子は後日このブログでも報告させていただきます
トークイベント「宮沢賢治の花巻レストラン」
   日 時 2月16日(土)14:30-15:45(受付は14:20から)
   会 場 小岩井フレミナール(丸ビル5階)
   話し手 中野由貴
   聞き手 中嶋美年子
   参加費 1500円(税込み)特別企画メニューデザートつき
   定 員 30名 先着順

詳細・お申し込みは以下の花巻市HPご覧ください
チラシも以下からとりだせます

今回の催しに私は賢治童話からのアプローチでメニュー提案やアドバイスなどお手伝いさせていただいています。そんなご縁で賢治童話と花巻の農の風景についてお話させていただく予定です。
中嶋さんとどんなおはなしになるのか・・・お楽しみです。
★=★=★

チラシ裏.jpg
期間限定のメニューは・・・
 トマトでなにかこしらえたもの
 オツベルが食べた”雑巾(ぞうきん)ほどあるオムレツ”
 ぎんがぎがの野原
  ・・・などもりだくさん 
     くわしいことはチラシをご覧ください。
     (後日、詳細ご案内予定です)

おとなの人はもちろん、
子どものみなさんも「レストラン」という、いつもとちょっと違う日常で
心地よい緊張感を味わってもらえるといいな!宮沢賢治さんのおはなし世界と一緒に。

なんとも楽しい機会に加えていただき私も頑張りたいと思います。
お料理の中にくりひろげられる賢治童話の世界を「味わいに」お越しください!
どうぞよろしくお願いいたします。

★★★それから
まきまき花巻の「宮沢賢治の花巻レストラン」第5回アップしています
最終回です。ご覧ください~~
 →http://makimaki-hanamaki.com/2925

コメント(4) 
共通テーマ:blog

貝雛をお茶っこしながら手作りしました [岩手のおいしいもの]

12月にこのブログでもおしらせさせていただいた
みのおてならい主催の貝雛の講座に参加してきました。
 こちら→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01


実は、講座前々日から花巻空港はお天気が悪くて欠航もでていたのでひやひやどきどき。
講師のNaokoさんの予定の飛行機もあわや強風で欠航になるかも?だったのですが
無事来阪。そして講座当日は朝から晴れてあたたかい。幸先の良いスタートで私もうきうきと出かけてきました!
今回このような貝雛を作ります
3.JPG

各席にそれぞれひとつづNaokoさんがあらかじめ用意してくださった貝雛キット
参加者が作りやすいように、貝や布にあらかじめとても丁寧な下準備がしてあるので
作りやすく、楽しく作業を進めることができました。
4.JPG
本日使用する貝は「万寿貝」というおめでたい名前です。
41.jpg
Naokoさんに教わりながら、対の貝がそれぞれ男雛と女雛になっていきます。
5.JPG
会場全体が集中してもくもくと作っています。
6.JPG

途中でほっとひといき岩手のお菓子でお茶っこ時間
2.jpg
紅白のかもめの卵 この時期だけの期間限定のお菓子です。(写真はみのおてならFBよりお借りしました)

そうして感激のできあがり! 
着物柄はキットにより異なるので、何になるかお楽しみだったのですが
私のは松竹梅の男雛と桜柄の女雛になりました。着物の柄合わせが楽しかったです。
40.jpg
家で飾るのが楽しみ♪

参加者全員で記念撮影
1.jpg
(写真はみのおてならいFBよりお借りしました)

会場には新作の貝雛と
43.JPG

Naokoさんのお父様の書とお母様の貝雛作りの様子など
ファミリーで紡がれる貝雛の世界が写真で紹介されています。
8.JPG

参加者へ一人ずつプレゼント
花巻からお父様の書の書かれたメッセージカードとお母様が作った貝の飾り
10.JPG

我が家にある貝雛も持って行ったのです(わんこ3匹はお留守番・笑)
 こんなのね→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-02-27

13.JPG

花巻から届いた春の便り。本当に楽しい1日でした。
Naokoさん、みのおてならいのみなさま ありがとうございました。
12.JPG
★みのおてならい https://minohjuku.jimdo.com/
★みのおてならいのFBにも当日の様子がでています
    https://www.facebook.com/minohtenarai/

 

コメント(2) 
共通テーマ:blog

『はるの のやま』 [絵本]

今日 2019年1月17日は阪神淡路大震災から24年目。
こうしてPCの前にいること日常の中にいることがありがたいです。
ついこの前のようであり・・・いろんなことがあっという間です。

・・・ ・・・ ・・・

寒い日に出かけた図書館で見つけた本です。
『はるののやま』
 赤木昭夫 作 村田通紀 絵 岩波書店 1982年10月発行

33.JPG
37年前に出版された「ぼくのさんすう・わたしのりか」シリーズの1冊です。
小学校低~中学年向き。

まさえさんと、けんじくんの春の自然観察日記を
先生が読んでコメントしていきます。
面白いと思うことを記録していくこと、観測データの積み重ねって大切、ということを教えてくれる内容です。

着物姿のおばあちゃんや
先生は男性で背広姿なところに時代を感じます。
今はもうすこしラフな服装の先生が多いですよね。

裏表紙は舞台の紹介です。
よく見ると・・・舞台は岩手県水沢市でした。
北上川も緯度観測所もありますよ。
34.JPG
そしてお話の最後の解説のページには
この観測データの積み重ねの重要性を伝えるのに
水沢緯度観測所のZ項の発見の歴史が語られていました。

・・・明治35年にZ項が木村栄(きむらひさし)によって発見されました。
・・・昭和45年、Z項は地球内部の流体核の動きによることが若生康二郎(わこうやすじろう)によって明らかにされたのです。

という感じで。

水沢緯度観測所は宮沢賢治の「風野又三郎」に登場します。
(「風の」ではなくて「風野」のほうです)
だから主人公の男の子は「けんじくん」なのかな?

実際は、現代と80年代では自然の様子も少し違ってきていると思いますが、
でもはるか遠くに見える山の様子や
雪解けの様子、芽吹いていく様子は「いいなあ岩手」な風景でした。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

おぜんざい と とんど焼き [お菓子の誘惑]

昨日1月15日は小正月
そして関西では鏡開き。
町からすっかりお正月飾りは片付いて、本格的に2019年がはじまるぞーという気持ちになります。

関東や東北では7日までが松の内で11日に鏡開きをするようですが、
関西では1月15日までが松の内、そして鏡開きです(20日が鏡開きというところもあるようです)。
でも関西でもこのごろでは関東と同じくお正月のお飾りを7日、11日あたりに片づけるところも増えてきたような気がします。

この日、神社では、とんど焼き(関東では「どんど焼き」ですね)。
昨日は外を歩いていると一日なんとなく煙たい香りが漂っている気配。
そして魔除け厄除けのためにおうちやお店の周りにとんど焼の灰が播いてありました。

今日のおやつは鏡開きのお餅でおぜんざい
小豆もね、お豆から煮たのですよ。
31.JPG
関東ではこれは「おしるこ」なんですよね。
関西のおしるこは、さらし餡で小豆の粒つぶが入っていないのが「おしるこ」なのです。
岩手はどうなのだろう?そういえば確かめたことありません・・・。

空に還ってゆく年神様、また来年!

コメント(4) 
共通テーマ:blog

山猫軒でひとやすみ [岩手のおいしいもの]

あったかシリーズ第3弾は
花巻市の宮沢賢治記念館前の山猫軒さん 昨年9月にでかけました。
 https://www.yamanekoken.jp/wildcat-house-%E5%B1%B1%E7%8C%AB%E8%BB%92/
 
ちなみに第2弾はこちら「花巻のポットパイ」
 →https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-01-09

山猫軒さん
今回お店の写真を撮り忘れたのでこの写真は過去記事からです。
 こちら→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-08-08
30.jpg

いただいたのは
白金豚のカツカレー 
22.JPG
花巻のブランドポーク・白金豚
揚げたてのカツはサクッ
香ばしいカレーを自分でかけていただきます。

でくのぼう お餅料理です。
名前は「雨ニモマケズ」の一文からだと思います。
23.JPG
あずきあん、なます、ごまあん、花巻のおつけもの金婚漬けがついていました。

やわらかいお餅は、こうやって稲穂を交差して切ります。
食べやすい大きさにしたお餅に餡をつけていただきます。
24.JPG

もうひとつ
山猫軒さんで楽しかったのは
メニューと一緒にあったファイルでした。
20.JPG
お料理を注文してから読むようにと「注文」つきのファイルです(笑)。
中には賢治さんの作品を楽しむクイズ
花巻の方言
山猫軒さんの近所の観光地ご紹介・・・など賢治さんの作品と花巻をたのしむ内容もりだくさん。
お店のスタッフの方の手作りです。

特に方言はしらないことばだらけで見入ってしまいました。
 「おこ(ご)こ」は漬物  「いだましねえ」は惜しい、もったいない
などなど(写真撮らせていただいたけれど、ブログには載せないでおきますね)
はい、最後のページまでしっかり見ましたよ!
21.JPG
ごちそうさまでした!



コメント(2) 
共通テーマ:blog

1/12-3/24【企画展】草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎@福島県いわき市 [宮沢賢治]

福島県いわき市にあるいわき市立草野心平記念文学館で
1月12日より
企画展「草野心平の居酒屋『火の車」もゆる夢の炎」がはじまりました。

この展示Ⅳのところのお手伝いを少しさせていただきました。
そして企画展開催中の3月10日(日)「火の車」を楽しめるお料理とお話に出かけます。
心平さんの居酒屋「火の車」のメニューを中心に
心平、賢治、光太郎の食にまつわるエピソードが楽しめる内容です。
要申し込みで、2月10日より参加者受付開始です。
ぜひお越しください~。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 

没後30年記念 冬の企画展
「草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」
会 期 2019年1月12日(土)〜3月24日(日)
会 場 いわき市立草野心平記念文学館 http://www.k-shimpei.jp/    
休館日 毎週月曜日、1月15日、2月12日(1月14日、2月11日は開館)

草野心平は、天性の詩人でしたが、自身と家族のために行った職業は13を数えます。それは何一つ詩人の副業でありませんでした。その一つ、居酒屋「火の車」は、昭和27年(1952)3月に東京都文京区田町に開店しました。同店は昭和30年4月に新宿区角筈に移転し翌31年12月に閉店しますが、この約5年間、ここには「文学仲間との怒号の議論、客との喧嘩、連日の宿酔、そして執筆」と独特のエネルギーが渦巻いていました。
本展では、「火の車」時代の心平を、①火の車開店まで、②火の車開店以後、③火の車常連客、さらに④草野心平・宮沢賢治・高村光太郎の食のエピソードの4つにわけて紹介します。
火の車展.jfif

【催し】居酒屋「火の車」一日開店  
    草野心平が開いていた居酒屋「火の車」で、
    心平が命名したお品書きにちなんだ料理を試食します。

期   日 2019年 3月10日(日)

プログラム 
 〇寸劇「火の車時代」 11 時30 分~11 時50 分  常設展示室
 〇「火の車」ランチタイム【ランチタイムは要申込です】
    料理人 中野由貴、文学館ボランティアの会会員 12 時~12 時30 分 小講堂
 〇食卓トーク「心平・賢治・光太郎 ある日の食事」
    講 師 中野由貴(宮沢賢治学会会員・料理研究家) 13 時~14 時 小講堂
 
 お申し込み方法
   電話、往復はがき、FAX、E-mail のいずれか
   定 員 先着50 名(2 月10 日より受付開始)
   参加料  500 円(所定の観覧料も必要です)

★詳細・お申し込みは
  いわき市立草野心平記念文学館 まで 
   (チラシも以下からみられます)

★ご参考までに
  2017年5月21日同文学館でお料理とお話させていただきました
  「心平さんの胃袋探訪~口福弁当おしながき」
  https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-06-09

居酒屋火の車については
ちくま文庫から出ている『火の車板前帖』おすすめの1冊です!
  https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-06

私も企画展、そして3/10がとても楽しみです。とにかくがんばりますー!どうぞよろしくお願いします。


コメント(0) 
共通テーマ:blog